めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

両俣小屋~左俣大滝~北岳~間ノ岳~熊ノ平―南アルプス全山縦走 2日目

2014年8月19日(火)

北沢峠~仙丈ヶ岳~野呂川越~両俣小屋―南アルプス全山縦走 1日目の続きです。

この日は両俣小屋のおばちゃんにダメと言われた両俣小屋~左俣大滝~北岳のルートにレッツゴー!です。

P1250802_l.jpg



6時15分、両俣小屋を出発。

P1250707_l.jpg

両俣小屋からすぐに野呂川を渡りましたが、右岸の道が倒木多いのでまだ渡る必要はありませんでした。

P1250709_l.jpg

実際には左俣沢が合流する辺りで渡ればいいでしょう。それまでは野呂川越へ向かう左岸の道を歩きます。

P1250711_l.jpg

奥に見えるお社辺りから降りて渡渉すればOKです。

P1250715_l.jpg

左俣沢に入ってからは赤マーク多く、見失うこともないと思います。

P1250717_l.jpg

左俣大滝が現れるまでは沢を詰めます。倒木が多いですが、基本道は残っています。濡れてもいい靴があれば、沢靴は不要かと思います。ここで混乱して上手く進めないような人は引き返した方が無難かと思います。

P1250718_l.jpg

基本的には右岸の道を行き、ときどき左岸に渡ってすぐ右岸に戻ります。

P1250720_l.jpg

確かヤマレコに変なところを登った結果迷って時間消費みたいな記録があったと思いますが、実際右岸の変な斜面を登った形跡が何箇所かありました。

P1250722_l.jpg

左俣大滝が現れるまではせっせと沢を詰めましょう。左俣大滝は簡単には先には進めないほど大きな滝ですので、他と見間違うことはありません。

P1250723_l.jpg

分かりやすすぎる渡渉点w

P1250725_l.jpg

こんな感じで倒木が道を塞いでいる箇所が多いです。

P1250728_l.jpg

この辺は登山靴を濡らさずにはキツいです。

P1250729_l.jpg

7時38分、左俣大滝に到着。落差40mはある立派な滝です。ここまでは迷うことなく沢を詰めましょう。

P1250747_l.jpg

左俣大滝のところにある標識はぶっ倒れていました。

P1250754_ls.jpg

左俣大滝の少し手前に明瞭な登り口があります。

P1250757_ls.jpg

8時15分、しっかりとしたトラバース道です。ここから登ります。

P1250759_ls.jpg

歩いていると廃道(入らぬよう)という標識が落ちていました。山と高原地図(2014年版)のルートは基本的に廃道に沿って書かれているので注意が必要です。割と頻繁に思うのですが、山と高原地図は毎年更新されるから毎年買えみたいなこと言ってきますが、殆どの山域担当の方は毎年全ルート歩かれてるわけじゃないのに何を言っているのでしょうか?僕は担当者がその年ちゃんと歩いていないルートは青線で書くことなどを提案しますw

P1250766_ls.jpg

ベニテング祭り。

P1250770_ls.jpg

山と高原地図の延々トラバース表記とは異なり実際には標高差150mも上がらないうちに尾根に入ります。

P1250773_l.jpg

9時25分、標高2600mテラスに到着。ここで山と高原地図の廃道ルートと合流。実際に細い廃道がありました。ここで30分ほど休憩を取りました。

P1250785_l.jpg

心地よい森。とても登りやすい。左俣沢と打って変わって全く倒木はなく、この登山道に入ろうとするレベルの方なら迷う心配はないと思います。

P1250789_l.jpg

最後は枯れ沢のガレの登り。

P1250793_l.jpg

10時38分、中白峰沢ノ頭到着。ここで40分ほど昼食休憩を取りました。
中白峰山はここから見るのが一番映えるような気がします。でもこの日は頭が見えない。

P1250796_l.jpg

11時20分、中白峰沢ノ頭を出発して北岳へ向かいます。

P1250802_l.jpg

12時21分、1時間ほどで北岳に無事到着。1ヶ月ぶり4度目の登頂でした。

P1250816_ls.jpg

北岳山頂で再び40分ほどの休憩の後、13時9分に北岳出発。その後北岳山荘で1時間も話し込んでしまい、間ノ岳到着は15時47分となってしまいました。ガスガスで風もまぁまぁ。

間ノ岳からは熊ノ平へ向かいます。ガスは三峰岳をちょっと過ぎた辺りで晴れました。間ノ岳大きいです。

P1250844_l.jpg

そして農鳥岳が勇ましい。この姿推しメン過ぎる!僕的には百名山ですねw

P1250848_l.jpg

翌日歩く尾根を眺めながら熊ノ平へ向かう。

P1250850_l.jpg

17時38分、熊ノ平小屋に到着。去年の話を少し出したら覚えてくれていて、消灯まで酒を飲みながら語り合いました。主人「また話聞かせてよ。」

熊ノ平小屋でのヒアリング結果はこちら。
「縦走路はつまんないよ。俺もそこの沢とかいってみてえんだけど中々。」
「ここらへんが混むのは海の日とお盆くらいだね。他は基本は登山者って感じの人が来る。」
「まぁでも百名山とか目指してここに来てる人も増えててそれで助かってる面もあるから何とも言えないんだけどね。でも地図くらいは持ってきてよw」
「小河内、高山裏、赤石山頂が面白い。話聞いてみなよ。」
「(南アルプス・深南部について)何その本w 俺も欲しいなw」
「(池ノ沢の現管理者を名乗っている人について)そんな奴はいねえな。そいつが勝手に言ってるだけだわ。確実に。」
「間ノ岳より南は元あった作業道を利用しているとこが多いからそういう意味で特殊。」
「自分で地図みて自分の力で登るからこそ面白い。地図見てると発見も多いしね。」
「農鳥親父は爺さんの跡継ぎ。この辺は一番詳しいと思う。」

続きは熊ノ平~塩見岳~三伏峠―南アルプス全山縦走 3日目にて。

コースタイム

6:15両俣小屋-7:38左俣大滝8:15-9:25標高2600m9:56-10:38中白峰沢の頭11:20-12:08両俣分岐-12:21北岳13:09-13:38北岳山荘14:43-15:47間ノ岳16:00-16:25三峰岳16:48-17:38熊の平小屋
歩行時間 7時間4分、行動時間 11時間23分
標準コースタイム 10時間25分

関連記事

| 旅日記 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2673-9d878275

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT