めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

野口五郎岳~水晶岳~赤牛岳~読売新道―北アルプス 裏銀座・読売新道周回 2日目

2016年8月12日(金)

ブナ立尾根~烏帽子岳―北アルプス 裏銀座・読売新道周回 1日目の続きです。

この日はテントを背負って烏帽子小屋から野口五郎岳、水晶岳、赤牛岳を経由して読売新道を下り、奥黒部ヒュッテまで行くというかなりロングな計画。

DSC01683_l.jpg



3時44分、夜明け前から歩き出す。

DSC01598_l.jpg

4時45分、三ッ岳で日の出。

DSC01629_l.jpg

モルゲンロートの野口五郎岳・槍ヶ岳。

DSC01636_l.jpg

モルゲンロートの赤牛岳。

DSC01643_l.jpg

ライチョウさんもおはようございます。

DSC01651_l.jpg

辛うじて生き残っていたコケモモとツガザクラ。

DSC01658_ls.jpg

野口五郎岳へ。

DSC01663_l.jpg

6時22分、野口五郎小屋到着。

DSC01663_l.jpg

6時45分、野口五郎小屋からは10分ほどで野口五郎岳山頂です。遠目に見てても白っぽい色の関係か割と目立つ山。

DSC01673_l.jpg

DSC01697_l.jpg

野口五郎岳から表銀座稜線。

DSC01674_l_2017050809284156d.jpg

野口五郎岳からの槍ヶ岳北鎌尾根と硫黄尾根は見応えがあります。

DSC01676_l.jpg

野口五郎岳からの裏銀座稜線を経て槍ヶ岳。

DSC01679_l.jpg

野口五郎岳から水晶岳。

DSC01683_l.jpg

野口五郎岳から薬師岳と赤牛岳。

DSC01684_l.jpg

野口五郎岳から立山と後立山連峰。

DSC01689_l.jpg

さて、水晶岳へと贅沢な稜線に歩を進めます。

DSC01700_l.jpg

東沢谷とオアシス感のある五郎池、そこ越しに赤牛岳と立山を見ながらの縦走。

DSC01707_l.jpg

鷲羽岳とワリモ岳。

DSC01716_l.jpg

イブキジャコウソウ。

DSC01719_ls.jpg

コバノコゴメグサ。

DSC01721_ls.jpg

イワギキョウ。

DSC01723_ls.jpg

ミヤマホツツジ。

DSC01729_ls.jpg

トウヤクリンドウ。

DSC01734_ls_2017050809293183d.jpg

東沢谷も趣を変えていく。

DSC01731_l.jpg

水晶小屋へ崩壊気味の稜線を登る。

DSC01736_l.jpg

水晶岳から赤牛岳まで遠いです。

DSC01737_l_20170508092945e6e.jpg

オンタデの雄花。

DSC01741_ls.jpg

オンタデの雌花。

DSC01742_ls_20170508092953abd.jpg

イワオウギ。

DSC01743_ls.jpg

タカネシオガマ。

DSC01750_ls.jpg

9時33分、水晶小屋に到着。

DSC01753_l.jpg

力汁で補給する。

DSC01756_ls.jpg

東沢谷を取り囲む裏銀座の山並み。

DSC01757_l.jpg

黒部源流の山並み、黒部五郎岳と北ノ俣岳。

DSC01758_l.jpg

鷲羽岳と三俣蓮華岳、背後には笠ヶ岳。

DSC01759_l.jpg

10時21分、水晶小屋を出発して水晶岳へ向かう。

DSC01760_l.jpg

同行者はややバテ気味で心配。

DSC01762_l.jpg

山頂へ岩場を上がっていきます。

DSC01765_l_20170508093015594.jpg

10時57分、水晶岳に登頂。2度目の水晶岳です。

DSC01777_l.jpg

水晶岳から鷲羽岳と槍ヶ岳。

DSC01789_l.jpg

薬師岳の偉大さにはただひれ伏すのみです。

DSC01791_l_20170508093029037.jpg

11時17分、水晶岳を出て赤牛岳へ向かう。途中、本山行唯一の雪渓です。ご覧ください。

DSC01793_l.jpg

ミヤマダイコンソウ。

DSC01794_ls_201705080930369e3.jpg

水晶岳から下ってくる人が多数いますが、大体の人は温泉沢へ向かって行きました。

DSC01795_l.jpg

ヨツバシオガマ。

DSC01799_ls_20170508093040725.jpg

コバノコゴメグサ。

DSC01801_ls.jpg

ウメバチソウ。

DSC01803_ls.jpg

シナノオトギリ。

DSC01806_ls.jpg

ハクサンフウロ。

DSC01807_ls.jpg

こちらからの水晶岳稜線もよい。

DSC01811_l.jpg

温泉沢ルートと高天原温泉、背後には薬師岳が見えます。温泉沢ルートはルートをちゃんと把握していなかったのですが、沢通しではなく最初はずっと温泉沢ノ頭からの尾根を行くんですね。

DSC01816_l.jpg

対岸には三ッ岳~野口五郎岳。野口五郎岳は展望のみならず山容もいいと思います。

DSC01822_l.jpg

赤牛岳まではまだまだ長いですが、ついに同行者の足が止まり気味に・・。読売新道でのビバークも考慮に入れつつ進みます。

DSC01824_l.jpg

ミヤマリンドウ。

DSC01830_ls.jpg

ハクサンボウフウ。

DSC01835_ls.jpg

温泉沢ノ頭を過ぎて大分歩いてきましたが、徐々に雲が出てきました。

DSC01837_l.jpg

DSC01847_l.jpg

14時50分、赤牛岳に登頂。この後に赤牛岳に到着して同じく奥黒部ヒュッテに向かわれる2人組もおりました。そのお二方も中学の同窓山行で、片方は山に行きまくっているお方(三百名山が二百座くらい終わっているとか?)で元気、もう一方は初の長丁場でバテバテだった模様です。この日は双六小屋から歩いてきた模様です。

DSC01875_l.jpg

読売新道から黒部湖までめっちゃ遠いですね。

DSC01852_l_20170508093118a93.jpg

対岸に今日出発してきた烏帽子小屋が見えます。直線距離だと4kmくらいなのですが遠かったですねw

DSC01885_l.jpg

野口五郎岳、水晶岳を経て赤牛岳まで、遮るものの全くない炎天下の中ぐるりと14km歩いてきました。感慨深いです。

DSC01879_l_201705080931207a1.jpg

DSC01884_l.jpg

15時38分、読売新道を下り始めます。ちょっと下ったところからの赤牛岳。

DSC01893_l.jpg

読売新道7/8辺りでビバークしている方がおりました。

DSC01894_l.jpg

読売新道は次回は是非登りで来たいものです。あの6/8に立った瞬間の感動はとてつもないものでしょう。

DSC01895_l.jpg

時折振り返って見上げます。

DSC01898_l.jpg

さて森林限界下へ入ります。奥黒部ヒュッテまでたどり着けるのでしょうか?

DSC01905_l.jpg

読売新道下部は聞いていたよりは全然マシな道でした。

DSC01911_ls_201705080932276eb.jpg

下の方はミヤマママコナが多かったです。

DSC01918_ls_20170508093229837.jpg

最後の最後はヘッドライトをつけての下山でした。小屋の方にはやや迷惑をかけましたが、途中ビバークにならなくてよかったです。

DSC01920_ls.jpg

19時47分、奥黒部ヒュッテ到着。テント場で晩酌して就寝です。

DSC01922_ls.jpg

この日は同行者も頑張ってくれたおかげで、東沢谷を囲う裏銀座の贅沢な稜線と読売新道を歩ききることができました。とても満足しています。

続きは奥黒部ヒュッテ~平ノ渡場~黒部ダム―アルプス 裏銀座・読売新道周回 3日目にて。

コースタイム

3:44烏帽子小屋-4:45三ツ岳西峰5:16-6:22野口五郎小屋6:31-6:45野口五郎岳6:58-7:22真砂分岐7:32-8:38東沢乗越8:44-9:33水晶小屋10:21-10:57水晶岳11:17-12:21温泉沢ノ頭-13:48標高2810m14:09-14:50赤牛岳15:38-16:36読売新道(6/8)-17:23読売新道(4/8)17:31-18:10読売新道(3/8)18:16-18:38読売新道(2/8)18:42-19:12読売新道(1/8)-19:47奥黒部ヒュッテ
歩行時間 12時間19分、行動時間 16時間3分

ルート図

20160812001.jpg

標高グラフ

20160812002.jpg

関連記事

| 旅日記 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2669-eb2bd40e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT