めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

二軒小屋〜伝付峠〜新倉―南アルプスの沢縦走 4日目

2013年8月11日(土)

塩見岳〜塩見沢〜中俣〜西俣〜二軒小屋―南アルプスの沢縦走 3日目の続きです。

この日は二軒小屋から伝付峠を越えて新倉に下山しました。

P1210590_l.jpg



7時19分、二軒小屋発。

P1210572_l.jpg

二軒小屋から伝付峠まではうんざりする登りなのではと思っていたのですが、

P1210577_l.jpg

標高上げるごとに雰囲気が変わっていくので伝付峠まで飽きることなく登って行くことができました。

P1210583_l.jpg

P1210586_l.jpg

8時26分、二軒小屋から1時間ほどで伝付峠に到着。

P1210587_l.jpg

伝付峠展望台まで行き、南ア南部のBIG3を堪能します。

P1210590_l.jpg

展望台から伝付峠に登ったところで荷物をデポして水を汲みに行っておられた登山者に出会います。これから白峰南嶺を北にずっと進んでいかれるそうです。わざわざザックをデポして水を汲みに行っていたということは笊の方から縦走してこられたのでしょうか。

P1210602_l.jpg
伝付峠の水場

伝付峠からはバス停に30分前到着くらいになるよう調整しつつ下りますが、すぐに内河内沢に出合い、そこからも見知った道で割と速いペースで進んで行けてしまいます。

P1210610_l.jpg

前回は楽しく話しながら進んでいたのであまり気づきませんでしたが、これは直ったとはいえ危険なルートなのは間違いないと悟りました。仮に登山地図に乗るとしても点線ルート、しかし、それよりも些か厳しいように感じました。

P1210617_l.jpg

さて、内河内沢から離れたところからが新ルートで、峠まで本山行最後の登り。非常に辛かったですが、何とか登りきり・・、でも気は抜けません。ここから隣沢までの下りが最も危険なのです。ありえないくらい危険です。沢に降りるまで何処を取っても滑落の危険が大きく、落ちたら大怪我、もしくは死でしょう。出来れば下りでは避けたいと思いつつも下ります。

P1210623_l.jpg

沢まで降りたところでホッと一息。もう危険なところはありません。河原を適当に歩いてからは林道です。

P1210624_l.jpg

予定通り伝付峠入口バス停に奈良田行バス通過30分前に到着し、バスに乗っていざ奈良田温泉へ。とてもいい湯でさっぱりです。

P1210627_l.jpg
新倉ヘリポート

奈良田温泉からはバスで下部温泉駅まで行き、そこから電車ですが、バスは明らかに満員。そこでジャンボタクシーが出ることになり、僕は荷物をバスにデポしてタクシーで下部温泉駅へ向かいました。下部温泉駅でザックを回収してからは1時間半暇でした。(※現在では電車ではなく飯富からの高速バスをよく利用しています。)

総括

計画を全て遂行することはできなかったが、乗越沢、東俣、雪投沢、塩見沢、西俣を歩き通し、間ノ岳と塩見岳に登頂してくることができてよかった。永久保存版です。

コースタイム

7:19二軒小屋-8:26伝付峠8:49-9:19内河内沢出合-9:45保利沢小屋-10:18八丁峠10:26-10:51隣沢出合10:59-11:58伝付峠入口バス停
歩行時間 4時間、行動時間 4時間39分

ルート図

20130811001.jpg

標高グラフ

20130811002.jpg

関連記事

| 旅日記 | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2667-26962ec3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT