めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

百花繚乱の朝日岳・雪倉岳 蓮華温泉から日帰り周回

2016年8月7日(日)

この日はそろそろ今後の山行のために足を作っていかないとなということで、蓮華温泉から朝日岳・雪倉岳・小蓮華山を日帰り周回してきました。

DSC01116_2_l.jpg



午前4時18分に出発。暗闇の中を行く。まずは辛いですが標高差300m下ります。登ったり下ったりが続くところもあり、精神的に疲れます。最後にこれを持ってきたくはないのでこっち回りを選択しました。

DSC01048_2_ls.jpg

すぐに明るくなってきました。

DSC01051_2_ls.jpg

ピーカンの雪倉岳。ここからはそんなに遠くないのですが、ここから五輪尾根でどんどんと離れていきます。

DSC01056_2_l.jpg

五輪尾根は標高1600m辺りで早くも森林限界突破気味。素晴らしい展望の中歩けますが、灼熱にやられ気味です。五輪尾根が水場豊富でなかったらリタイアしていたかもしれません。

DSC01067_2_l.jpg

6時48分、花園三角点を通過。この先の水場で20分ほど休憩を取ります。

DSC01075_2_ls.jpg

タカネマツムシソウ。

DSC01077_2_ls.jpg

ミヤマコゴメグサ。

DSC01080_2_ls.jpg

オニシオガマ。

DSC01081_2_ls.jpg

イワショウブ。

DSC01082_2_ls.jpg

イワオトギリ群落。

DSC01088_2_ls.jpg

アカバナシモツケソウ群落。

DSC01092_2_ls.jpg

五輪尾根は木道箇所多いです。

DSC01093_2_l.jpg

カライトソウ群落。

DSC01094_2_l.jpg

キンコウカ。

DSC01097_2_ls.jpg

ミヤマダイモンジソウ。

DSC01099_2_ls.jpg

すっごいお花畑の広がる五輪尾根を緩やかに登って行きます。

DSC01101_2_l.jpg

シロウマアサツキ。

DSC01102_2_ls.jpg

シロバナオオバギボウシ。

DSC01103_2_ls.jpg

平和な五輪尾根。

DSC01107_2_l.jpg

ウメバチソウ。

DSC01112_2_ls.jpg

これから目指すピーカンの雪倉岳。朝日岳に登ってから縦走して行くのでまだまだ先は長いです。

DSC01116_2_l.jpg

ハクサンシャジン群落。

DSC01119_2_ls.jpg

ヨツバシオガマ。

DSC01120_2_ls.jpg

シロバナニガナ群落。

DSC01121_2_ls.jpg

短いですがザレトラバースは危険です。

DSC01122_2_ls.jpg

DSC01124_2_ls.jpg

それにしても朝日岳単体でも日帰りが厳しいほど遠いです。6時くらいに出たらしい地元の方と思しき方が華麗に僕らを抜き去って行きました。

DSC01127_2_l.jpg

雪倉岳がどんどんと遠くなっていくような・・。

DSC01128_2_l.jpg

オヤマリンドウ。

DSC01129_2_ls.jpg

この夏で一番多くの登山者に会いました。

DSC01130_2_l.jpg

イワショウブ。

DSC01131_2_ls.jpg

ハナニガナ群落。

DSC01132_2_ls.jpg

チングルマの果穂。

DSC01140_2_ls.jpg

オタカラコウ。

DSC01144_2_ls.jpg

ミヤマキンポウゲ群落。

DSC01147_2_ls.jpg

ハクサンフウロ群落。

DSC01148_2_ls.jpg

ヒオウギアヤメ群落。

DSC01149_2_ls.jpg

ウサギギク。

DSC01151_2_ls.jpg

イワイチョウ。

DSC01152_2_ls.jpg

エゾシオガマ。

DSC01155_2_ls.jpg

朝日岳が迫ってきました。最高の気分です。

DSC01158_2_l.jpg

ミヤマリンドウ。

DSC01159_2_ls.jpg

ミネウスユキソウ。

DSC01162_2_ls.jpg

朝日岳~雪倉岳は池が多かった印象。

DSC01164_2_l.jpg

タカネミミナグサ。

DSC01168_2_ls.jpg

ハクサンシャジン。

DSC01169_2_ls.jpg

雪渓を見つけて目を輝かせるkamatsuka。

DSC01172_2_l.jpg

モミジカラマツ。

DSC01173_2_ls.jpg

ミヤマダイコンソウ群落。

DSC01181_2_ls.jpg

雪渓で少し遊んでいきます。雪渓で冷やしたカルピスうまー!

DSC01182_2_ls.jpg

チングルマのお花畑すごかったです。

DSC01184_2_ls.jpg

ミヤマダイコンソウのお花畑が無限大。

DSC01188_2_ls.jpg

雪渓近くは夏のお花が多く残っていましたよ。

DSC01189_2_ls.jpg

DSC01191_2_l.jpg

シナノキンバイ。

DSC01195_2_ls.jpg

遠目にハクサンフウロか?などとスルーしてしまいましたが、拡大してみると全部ハクサンコザクラでした。雪渓のそばだから遅咲きなんですかね。近くで見れなくてちょっと残念。

DSC01198_2_l.jpg

チングルマとハクサンイチゲのお花畑も無限大。

DSC01199_2_l.jpg

ハクサンイチゲはギリギリですがお花畑を形成していました。

DSC01201_2_ls.jpg

9時38分、朝日岳に到着。ここまでで既に5時間20分が経過。

DSC01210_2_ls.jpg

朝日岳山頂から朝日小屋方面もよさそうでしたが・・。

DSC01207_2_ls.jpg

タテヤマウツボグサ群落。

DSC01211_2_ls.jpg

ニッコウキスゲ群落。

DSC01213_2_ls.jpg

ミヤマキンポウゲ。

DSC01217_2_ls.jpg

ゴゼンタチバナは終わりかけ。

DSC01223_2_ls.jpg

キヌガサソウが水場に残っていました。

DSC01225_2_ls.jpg

縦走路の湿原から朝日岳。

DSC01226_2_l.jpg

これは何?

DSC01236_2_ls.jpg

ホツツジ。

DSC01238_2_ls.jpg

燕岩。ここにあるらしい水場は見当たらず。

DSC01239_2_ls.jpg

ウメバチソウ。

DSC01240_2_ls.jpg

タカネシオガマ。

DSC01243_2_ls.jpg

タカネミミナグサ。

DSC01247_2_ls.jpg

タカネナデシコ。

DSC01248_2_ls.jpg

カンチコウゾリナ。

DSC01250_2_ls.jpg

シロウマオウギ。

DSC01251_2_ls.jpg

ミヤマムラサキ。

DSC01253_2_ls.jpg

シナノオトギリ。

DSC01259_2_ls.jpg

しばらくガスり気味でしたが、雪倉岳山頂直下で再び段々と晴れてきました。

DSC01265_2_l.jpg

雪倉岳へ上がっていきます。

DSC01270_2_l.jpg

DSC01274_2_l.jpg

タカネツメクサ群落。

DSC01276_2_ls.jpg

雲を抜けて、

DSC01278_2_l.jpg

12時30分、雪倉岳に到着。まだまだ余裕があります。

DSC01290_2_ls.jpg

山頂にはトウヤクリンドウ。

DSC01287_2_ls.jpg

さてガスってきている白馬岳方面へ向かってまだまだ登ります。

DSC01298_2_l.jpg

イブキジャコウソウ。

DSC01299_2_ls.jpg

チシマギキョウ。

DSC01303_2_ls.jpg

白馬岳は完全なガスに包まれていますが、雪倉岳はなおもピーカン。

DSC01304_2_l.jpg

雪倉岳避難小屋はとても綺麗に清掃がなされておりました。ただし非常時以外の使用は不可の模様です。

DSC01306_2_l.jpg

雪倉岳は自薦百名山に入るかもしれません。

DSC01307_2_l.jpg

クルマユリ群落。

DSC01310_2_ls.jpg

コマクサは終焉。

DSC01319_2_ls.jpg

鉢ヶ岳。

DSC01323_2_l.jpg

さて、鉱山道はスルーしてちゃっかり白馬岳に登っている後輩と合流しに行きます。

DSC01326_2_ls.jpg

最後の300mの登りです。ゆっくりと上がっていきます。

DSC01332_2_ls.jpg

雪倉岳~白馬岳間のお花畑はかなり終わり気味でした。

DSC01340_2_ls.jpg

14時27分、三国境を通過。ここで後輩の清水と合流予定でしたが、色々と勘違いが重なり、清水は先に小蓮華山に向かったと判断して通過してしまいました。でも実はまだ白馬岳にいたらしいです。

DSC01341_2_ls.jpg

そして、東京を当日朝に出て公共交通機関で白馬岳に登ってきた清水と三国境先で見事に合流!

DSC01346_2_ls.jpg

14時55分、小蓮華山に到着。ガスってしまいましたが三人で。2年前の常念岳以来でしょうか。

DSC01349_2_ls.jpg

この先ではガスの醍醐味ライチョウさんが大量出現。

DSC01353_2_ls.jpg

ライチョウの親子。

DSC01361_2_ls.jpg

3分に一羽くらい現れたような。

DSC01362_2_ls.jpg

ヤマハハコ。

DSC01365_2_ls.jpg

砂浴びをするライチョウ。

DSC01366_2_ls.jpg

リンネソウ。

DSC01367_2_ls.jpg

白馬大池へゆるやかな尾根を下っていきます。途中白馬大池も晴れて見えましたが、完全にシャッターチャンスを逃しました。

DSC01368_2_ls.jpg

16時4分、白馬大池はガスガス。

DSC01369_2_ls.jpg

コバノイチヤクソウ。

DSC01372_2_ls.jpg

天狗の庭で再び晴れる。

DSC01375_2_ls.jpg

蓮華温泉へジグザグに下っていきます。

DSC01376_2_ls.jpg

17時34分、蓮華温泉に無事下山できました。のんびりと高山植物を観察しながら歩いたので結構時間がかかってしまいましたが、体力にも筋力にもそんなに負荷を感じずに歩き通すことができました。

総括

日帰りにしては中々の大周回でしたが、久々のアルプスの稜線はとっても気持ちがよかったです。特に五輪尾根と朝日岳〜雪倉岳間の百花繚乱お花畑は心を奪われるほどの楽園でした。夏はやっぱアルプスだと思いましたね。

コースタイム

4:18蓮華温泉-5:01瀬戸川橋-5:30ひょうたん池-5:35白高地沢橋-6:02水場6:08-6:48三角点先水場7:07-7:37五輪の森-8:54吹上のコル-9:18直下雪渓9:29-9:38朝日岳9:53-10:23朝日小屋分岐10:28-12:30雪倉岳12:59-13:17雪倉岳避難小屋-14:27三国境-14:55小蓮華岳15:08-15:40船越の頭-16:04白馬大池16:10-16:46天狗の庭-17:34蓮華温泉
歩行時間 11時間32分、行動時間 13時間16分

ルート図

20160807001.jpg

標高グラフ

20160807002.jpg

関連記事

| 旅日記 | 12:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2663-7e396afa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT