めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

霞沢岳 無雪期の西尾根は藪漕ぎ漕ぎ

2016年7月31日(日)

この日はkamatsukaと、無雪期の霞沢岳の西尾根に挑戦。通常霞沢岳の西尾根というと残雪期用のルートとなります。

DSC00813_l.jpg



5時17分、太兵衛平バス停を出発。

霞沢岳西尾根へは、上高地行きのバスやタクシーを手前の太兵衛平で降りて、林道を100mほど進んだところから道跡を辿って尾根に上がります。

DSC00740_ls.jpg

しばらくは基本的に腰上の笹薮漕ぎをしながら進みます。隠れた倒木は殆どないので安心して進めます。道っぽい跡はあったりなかったりでしたね。

DSC00758_ls.jpg

1時間に250mくらいのゆっくりとしたペースで支尾根の標高を稼いでいくと、7時50分、標高2080mで主尾根に合流しました。その後笹薮は段々落ち着いてきて8時50分頃、標高2450m、ハイマツ帯に到達しました。

DSC00791_ls.jpg

ここからは記録にない地獄のハイマツ漕ぎ、と思われましたが、案外楽に漕げて9時29分には2540m峰に到達しました。この直下には残雪期用の残置ロープも。

DSC00803_s.jpg

2540m峰からの焼岳。

DSC00811_l.jpg

2540m峰から見る穂高岳は本当に素晴らしい。こんな風景が存在していいのか・・。

DSC00813_l.jpg

さて、霞沢岳山頂へ向けてまだまだハイマツ漕ぎです。

DSC00815_s.jpg

これくらいですが、割りと簡単に突破できます。

DSC00835_ls.jpg

10時26分、頂上直下に穂高を目の前にした平和なお花畑を見つけたので、ここでのんびりとすることにしました。普通に霞沢岳に登ってきたのでは気づかないかもしれません。

DSC00873_l.jpg

お花の観察と行きましょう。

ツマトリソウ。

DSC00839_ls_20170408115059863.jpg

モミジカラマツはお花はカラマツソウそっくりですが、葉っぱがモミジのよう。

DSC00849_ls.jpg

黄色い花の代表格の一つミヤマダイコンソウ。葉っぱですぐに分かります。

DSC00851_ls.jpg

イワツメクサ。

DSC00860_ls.jpg

ミツバオウレンが一輪だけ残っていました。何事ぞ起こりける。

DSC00863_ls.jpg

アオノツガザクラ。

DSC00864_ls.jpg

コケモモ。

DSC00866_ls_20170408115108b5e.jpg

ウサギギク。

DSC00869_ls.jpg

ツガザクラが残っているのも時期はずれ?つい最近まで雪渓が残っていたのでしょうか。

DSC00878_ls.jpg

チングルマのお花畑。

DSC00889_ls.jpg

お花畑で1時間のんびりした後、いざ出発。11時28分、霞沢岳山頂に到着しました。ガスってしまいましたね。

DSC00909_ls.jpg

お花畑でのんびりしたので比較的すぐに出発。徳本峠方面も花祭り。ハクサンフウロが霞沢岳直下でお花畑を形成していました。

DSC00902_ls.jpg

ミヤマアキノキリンソウも多い。

DSC00907_ls.jpg

黄色い花の代表格の2つ目ミヤマキンポウゲ。ひょろっとしています。

DSC00916_ls.jpg

ヨツバシオガマ。

DSC00939_ls.jpg

大好きなオトギリソウ。これはイワオトギリ。

DSC00942_ls_201704081152125f3.jpg

グンナイフウロ。

DSC00949_ls_20170408115213b22.jpg

マルバダケブキのお花畑がちらほら。

DSC00954_l.jpg

クルマユリ。

DSC00957_ls_2017040811521798c.jpg

シロバナニガナ、朽ちかけたキヌガサソウ、渋い実をつけたサンカヨウなんかもおりました。

霞沢岳東面に焦がれるはkamatsuka。

DSC00964_l.jpg

13時42分、徳本峠へ向かう登山道も落ち着いてきて、ここから再びの登りです。

DSC00968_l.jpg

ジャンクションピーク下り途中からの穂高を眺めながら、色々と同定作業。複雑な山稜です。

DSC00999_l.jpg

14時50分、徳本峠到着。外に出ている方々とちょこっとお話をしました。

DSC00986_s.jpg

徳本峠からの下山路でソバナはミヤマシャジンと似ていますが、かなり高く成長し、葉柄が長いです。

DSC01003_ls.jpg

オタカラコウは上高地~明神に多く咲いています。

DSC01007_ls.jpg

17時22分、無事上高地まで戻ってこれました。

総括

さて、無雪期の霞沢岳に西尾根で登ってきました。無雪期の西尾根で山頂まで登っている例はネット上で調べた限りではなく、下っている記録が一件だけあったのを後からヤマレコで見つけました。霞沢岳西尾根は地形図で見たところ最も素直なルートに思えるのですが、一般ルートは徳本峠へ大きく回り道をしてから縦走路のアップダウンを経て霞沢岳へ至るようにつけられています。この尾根は想定通りの藪尾根で、標高の低いところでは基本笹薮漕ぎを、森林限界上ではハイマツ漕ぎを強いられましたが、そんなに激しい藪漕ぎではなく思いの外登りやすく、また今度無雪期に来るとしても西尾根だなと感じさせる尾根でした。昔は道もあったのかなと思わせるような道跡もちらほらありました。

山頂ではガスってしまいましたが、登り途中から見えた穂高岳の姿には感動しきりでした。西尾根で行くと山頂手前のお花畑を通るのですが、ここには時期外れの花も多く咲いていて中々面白かったです。ここでゆっくりした後、霞沢岳山頂に向かい、下山は徳本峠を経る一般ルートを選択しました。どちらも通ってみてやはりまた今度来るなら西尾根かなぁという感じでした。恐らく残雪期にはなりますがね。

本山行で体力不足をとても感じたので、今後控える山行に向けて鍛えなおさなきゃなぁという感じでした。ここ半年間一日の獲得標高差が概ね1200m以下で止まってましたから・・。ま、久しぶりのバリエーション、楽しめてよかったです。

コースタイム

5:17太兵衛平-6:15標高1720m-7:11標高1950m7:22-7:50標高2080m(主尾根)-9:29標高2540m9:51-10:26霞沢岳直下お花畑11:22-11:28霞沢岳11:50-12:23霞沢岳K1-14:09ジャンクションピーク-14:50徳本峠15:16-16:24明神16:41-17:22河童橋-17:37上高地バスターミナル
歩行時間 9時間46分、行動時間 12時間20分

ルート図

20160731001.jpg

標高グラフ

20160731002.jpg

関連記事

| 旅日記 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2659-5fdce2e7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT