めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

北岳 静かな嶺朋ルートで日帰り

2014年7月12日(土)

この日はギリギリの合間(前日終電近くまで研究、翌日は早朝から学会で北海道)を縫って、北岳を嶺朋ルートで登ってきました。

P1240976_l.jpg



睡眠ほぼゼロでしたので、奈良田からのバスでちょっとでも寝て体力回復しようと思ったのに、まさかの満員電車並みの混みようで立ち乗り!超揺れるのでとても辛いです。(芦安~広河原のバスが運休だったからです。)

P1240925_l.jpg

7時7分出発。嶺朋ルートは取り付きのみやや分かりにくいですが、野呂川の吊橋を渡った後左の遊歩道に入ってすぐの吊橋を再び渡り(大樺沢を渡り)しばらく野呂川沿いに進みます。右手を見ながら歩いていると取り付きに赤テープがあります。初めは急坂です。旧きゲートよりは手前に取り付きがあります。

取り付いて以降の嶺朋ルート自体はマークがこれでもかというくらいつけられているので迷うことはないでしょう。

P1240928_l.jpg

マークの多さにはやや興醒めですが、静かな森は楽しめるのでよしとしましょう。このルートで北岳も南アの山と認められるように。

P1240930_l.jpg

崩壊地の縁を通ります。

P1240933_l.jpg

途中ルート標識が何箇所かに置いてありますが、登りだと気づきにくいかもしれません。

P1240936_l.jpg

しかし、これでもかと言わんばかりのマーク。

P1240938_l.jpg

樹林のおかげで徐々に何とか調子も上がってきました。

P1240944_l.jpg

P1240945_l.jpg

そして広河原から2時間半ほどで森林限界突破気味のところまで来ました!北岳の登場です!!こっからの北岳かっけー!

P1240948_l.jpg

ハイマツ帯です。

P1240950_l.jpg

ハイマツは避けて登れるようになっています。

P1240954_l.jpg

上部までちゃんと道があって驚きますが、一般登山道ではないので踏跡がしっかりしていないところや倒木は多かったです。迷うことはありませんが、これらによる消耗も考えた上で計画を立てて下さい。

P1240955_l.jpg

イワカガミ。

P1240956_l.jpg

北岳は嶺朋ルートだなと感じる瞬間。

P1240958_l.jpg

ボーコン沢ノ頭やや下につけられた嶺朋ルートの入口。ここからの北岳は本当に素晴らしい。なおボーコン沢ノ頭からこの標識は見えないので、一応一般登山者への配慮もなされた標識です。

P1240962_l.jpg

嶺朋ルート入口からボーコン沢ノ頭、八本歯、北岳と続く稜線。

P1240966_l.jpg

10時29分、広河原から休憩13分込みの3時間22分でボーコン沢ノ頭に到着!

P1240973_l.jpg

やはり北岳はこっちからでしょう!!!

P1240976_l.jpg

登山者がどんどん左俣を登ってくるぞ!こんな風に眺められるんですね。

P1240978_l.jpg

八本歯ノ頭手前からは北岳バットレス!!!!

P1240982_l.jpg

そして八本歯の頭からの北岳だ!!!

P1240990_l.jpg

11時24分、八本歯ノ頭通過。

P1250003_l.jpg

ハクサンイチゲ。

P1250005_l.jpg

八本歯ノコル付近からの間ノ岳はとても美しい。この姿非の打ち所がないです。

P1250007_l.jpg

白峰三山縦走路を見下ろしながら最後の登りです。

P1250012_l.jpg

歩いてきた嶺朋ルート~ボーコン沢の頭~八本歯の稜線。

P1250015_l.jpg

12時20分、北岳山頂に到着しました。北岳では実は初の晴れ。間ノ岳はいつも晴れるんですが・・。

P1250023_l.jpg

北岳から鳳凰三山。

P1250018_l.jpg

北岳から富士山。

P1250021_l.jpg

白峰三山を日帰り縦走してもよかったのですが、殆ど寝てない上翌日も外せない用事が朝からあったのでやめておきました。

P1250024_l.jpg

北岳から仙丈ヶ岳。

P1250040_l.jpg

13時22分、1時間ほどのんびりとした大賑わいの北岳山頂を後にします。

P1250030_l.jpg

両俣からのルートもいつか行ってみたいものです。

P1250041_l.jpg

仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳。

P1250045_l.jpg

北岳肩を過ぎて下山は初の右俣ルートを選択します。

P1250053_l.jpg

途中お花畑。7月は見頃ですね。

P1250055_l.jpg

シナノキンバイ。

P1250056_l.jpg

これが右俣ですが、雪渓は通りません。

P1250069_l.jpg

14時55分に二俣を通過し、15時55分に広河原に下山できました。しかし、二俣より下部で今から登ってくる登山者2PTに遭遇したのは謎でしたが・・。流石の農鳥オヤジもおこでしょう。

嶺朋ルート、超絶グロッキーな体調で登ることとなってしまいましたが、登り始めると下部では南アらしい樹林に、上部では北岳の素晴らしさに癒され何とか日帰りしてくることができました。八本歯のコルまで途中出会った登山者はゼロで、こんなに賑わっている広河原からの北岳の中で南アらしい静かな山行を楽しむことができました。

北岳へ登る登山道としては一番オススメできますが、山と高原地図で触れられてしまったのがちょっと残念でして、不用意な登山者が増えないことを祈るばかりではあります。

コースタイム

7:07広河原-8:37標高2219m点8:50-10:29ボーコン沢ノ頭10:49-11:24八本歯ノ頭11:32-12:20北岳13:22-13:36北岳肩13:46-14:55二俣-15:55広河原
歩行時間 6時間55分、行動時間 8時間48分

ルート図

20140712001.jpg

標高グラフ

20140712002.jpg

関連記事

| 旅日記 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2651-86da8f7c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT