めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ライン川下り―17th Tetrahedron Symposium その後3日目

2016年7月4日(月)

ケルン大聖堂、アウグストゥスブルク城、アーヘン大聖堂―17th Tetrahedron Symposium その後2日目の続きです。

この日は前日やり損ねたライン川下りに行くことに。

DSC09708_s.jpg



デュッセルドルフから特急でビンゲン中央駅へ。そこから各駅で一駅行ったビンゲン・シュタット駅で降ります。(リューデスハイムから乗ることも考えましたが、ビンゲンの方が楽なのでビンゲンにしました。)

DSC09707_s.jpg

ザンクト・ゴアールまでの乗船券を購入して、ライン川下りの観光船に乗り込みます。

DSC09708_s.jpg

ライン川渓谷中流上部は地理学的、歴史的、文化的、産業の分野の複合的で独特な景観として世界遺産に登録されている。

DSC09719_s.jpg

観光船なので色々と揃っています。というか基本的にカオス。

DSC09728_s.jpg

DSC09743_s.jpg

ラインシュタイン城。

DSC09734_l.jpg

バッハラッハ。

DSC09778_l.jpg

ザンクト・ゴアールの対岸にそそり立つ高さ約132mの岩壁、ローレライ。

DSC09822_s.jpg

ザンクト・ゴアールからひたすらの鈍行(更にこれがかなり遅れ)でデュッセルドルフまで戻り、

DSC09840_s.jpg

そっからも適当にデュッセルドルフ空港へ。

DSC09849_s.jpg

ロスバゲした荷物についてちゃんと調べてもらうと、僕らの乗った便自体が存在しない、というかデュッセルドルフ空港についていないということになっていて、Mysteriousだと言われ終了・・。当然ながら荷物はまだ届いていなかった、というか何処にあるか分からない。「デュッセルドルフに届いたら絶対に日本に送る」という約束をされてその場を去る。まさか便の存在自体がなかったことになっているとは・・。

DSC09850_s.jpg

仕方がないのでそのまま荷物ないまま日本に帰ることにする。エミレーツの機内食はそれなりに美味しかったです。

DSC09858_s.jpg

帰りもドバイ経由の長いフライトとなりました。

DSC09861_s.jpg

なお荷物はこの一ヶ月くらい後にまず僕のが届き、その二週間後くらいに無事関さんのも届きました。こんなに遅れてくるならもはや届かずに紛失で保険降りた方がよかったですね・・w
※因みにここでも更なるトラブルがありました。まず関さんの荷物がANA(エミレーツではなく)で届いたとの電話があり関さんが対応していると、どうやら紛失登録されている荷物と形状が違うとのことでした。なんとこれは僕の荷物で、受付は焦った結果かタグも逆につけてしまっていたのでした・・。なんということでしょう。

まぁ何はともあれ、17th Tetrahedron Symposiumとそれに伴う旅行を十分に満喫してくることができた8日間でした。

移動経路

7:51デュッセルドルフ中央駅(Duesseldorf hbf)-(EC115)-9:59ビンゲン中央駅(Bingen(Rhein) Hbf)10:01-10:04ビンゲン・シュタット(Bingen(Rhein) Stadt)10:30-(観光船)-11:50ザンクト・ゴアール(St. Goar)12:38-(MRB32)-13:08コブレンツ(Koblenz)13:28-(MRB26)-14:13アンダーナッハ(Andernach)-14:58ボン中央駅(Bonn Hbf)-15:28ケルン中央駅(Köln Hbf)15:50-16:26デュッセルドルフ空港駅(Düsseldorf Flughafen)16:36-デュッセルドルフ空港21:30

関連記事

| 旅日記 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2649-9b85359d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT