めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

お花畑と池塘の焼石岳

2016年5月28日(土)

Liliumと東北の焼石岳へお花畑を見に行きました。

DSC08154_l.jpg



前夜22時頃自家用車で埼玉を出て岩手へ。めっちゃ遠いですが、午前3時に何とか中尊寺PAに到着。3時間少々仮眠を取って平泉前沢ICを出て前沢のセブンイレブンで補給。高速から30分ちょっとで国道397号尿前林道の入口。凹凸ダートの尿前林道を15分ほど走らせて8時前に焼石岳の中沼登山口に到着でした。林道は相当車高の低い車でない限りは底を擦ることはないかと思います。また林道入口には標識がありますが、林道内は何箇所か分岐があるものの標識はありませんでした。

8時30分に中沼登山口を出発。

DSC08150_l.jpg

30分ほどで中沼からの絶景焼石岳が現れます。

DSC08154_l.jpg

中沼奥ではリュウキンカ(立金花)が咲き乱れる。

DSC08158_s.jpg

花名の由来は茎が直立し花色が黄金色をしていることから。黄色のお花の中でも葉っぱに光沢があり、腎形をしているのが特徴かと思います。

DSC08162_l.jpg

DSC08163_l.jpg

DSC08165_l.jpg

多くがもう大分伸びてしまっていて、苞が綺麗に見れるものは少なくなってきていた水芭蕉。

DSC08166_l.jpg

ショウジョウバカマ(猩々袴)。特徴的なのですぐ覚えられるでしょう。葉はユリ科らしく線形でなめらか。

DSC08169_l.jpg

シラネアオイ(白根葵)の花は大きく美しい。葉はカエデのように切れ込んだ大きな葉2枚の他に丸くて葉柄のない葉が1枚隠れています。

DSC08171_l.jpg

つぶ沼分岐付近の雪壁にはステップが切ってありました。感謝です。

DSC08175_l.jpg

銀明水付近にはムラサキヤシオ。花の色はミツバツツジに似ていますが、葉の枚数が異なり、ミツバツツジの3枚に対して、こちらは5枚程度つけます。

DSC08182_l.jpg

銀明水先では登山道整備の方と楽しくお話させていただきました。

DSC08190_l.jpg

Liliumは初の雪渓登り。

DSC08195_l.jpg

久しぶりの東北はええのう。

DSC08196_l.jpg

山頂付近ではハクサンイチゲ(白山一花)とミヤマキンバイ(深山金梅)が咲き始めていました。どちらも代表的な高山植物。ミヤマキンバイは黄色い花を咲かす中ではイチゴみたいな三つ葉がポイント。

DSC08199_l.jpg

DSC08206_l.jpg

もうまもなく焼石岳山頂。

DSC08207_l.jpg

東北の山はやっぱり池塘の感じがいいですね。

DSC08211_s.jpg

11時50分、焼石岳山頂到着。

DSC08236_s.jpg

横岳と栗駒山は今日も知り合いが登っていました。

DSC08220_l.jpg

八幡平・岩手山まではよく見えていましたが、鳥海山は霞んでいて見えませんでした。

DSC08222_l.jpg

DSC08219_l.jpg

さて下山開始。ユキワリコザクラを見逃してやや後悔するも、下山では登りでは気が付かなかったミツバオウレンが多く咲いていることに気づく。何故か4枚とか7枚の花びらが多くて謎でしたが。

DSC08257_l.jpg

ミネザクラ。あまり高く育ちませんが、桜です。とても綺麗。

DSC08259_l.jpg

オオカメノキ(大亀の木)。どこにでも咲いていていつも誰も名前が出てこない印象の花。名の由来は葉の形が亀の甲羅に似ているからとか?別名はムシカリ。

DSC08264_l.jpg

焼石岳の印象はミズバショウがとにかく大量!もう少し早い時期なら水芭蕉も楽しめたのでしょう。しかし早い時期だと山頂付近のハクサンイチゲやミヤマキンバイはまだ咲いていないのでしょう。地元の方なら何度も来られるのでしょうが、うーん、難しい。

DSC08265_l.jpg

つぶ沼分岐付近には行きはなかった橋が架けられ、いつのまにかコース標識も追加されていました。

DSC08266_l.jpg

コミヤマカタバミがかわいい。ハート型の3枚からなる葉っぱが特徴。

DSC08268_l.jpg

これはツルツルキツネノボタンという指摘を受けましたがやや不安です。

DSC08271_l.jpg

中沼には魚がいっぱいで全然逃げませんでした。

DSC08282_l.jpg

イヌガヤ。登山道でイヌガヤを認知したのは実ははじめて。

DSC08286_l.jpg

登山中には名前が分からなかったズダヤクシュ。

DSC08289_l.jpg

焼石岳、中沼からの絶景を見て衝動的に訪れた感じで、お花の山という認識がないまま訪れましたが、登山口から山頂に至るまで様々なお花を楽しみながら歩くことができました。池塘もよろしいです。今度はちゃんとユキワリコザクラを見に来よう。

下山後は新庄市のビジネスホテルに泊まりました。

おまけ。登山道整備の方から頂いたユキワリコザクラの写真。

1-PICT0081.jpg

続きは栗駒山 お花の時期の須川コースにて。

コースタイム

8:30中沼登山口-9:00中沼-10:12銀明水10:21-11:24姥石平-11:50焼石岳12:45-13:01姥石平13:14-13:51銀明水14:02-14:56中沼-15:22中沼登山口
歩行時間 5時間24分、行動時間 6時間52分

ルート図

20160528001.jpg

標高グラフ

20160528002.jpg

関連記事

| 旅日記 | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2630-b3e1d8de

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT