めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

和名倉山 ナシ尾根・仁田小屋尾根で日帰り周回

2016年5月8日(日)

この日は論文に向けた1ヶ月連続の研究室出勤も落ち着いたので、日帰りで和名倉山へ。

DSC07615_l.jpg



自宅から一般道を走らせること2時間で鮫沢橋ゲートに到着。

DSC07562_l.jpg

7時30分、雲取林道を少し進み、モノレールわきから大洞ダムへ降りていきます。大洞ダムまで道は完璧についています。

DSC07564_l.jpg

7時43分、大洞ダムを対岸へ渡ります。

DSC07566_l.jpg

その後は道は薄れますが、ダム左岸の廊下を上流に向かって少し歩くと、

DSC07567_l.jpg

このような標札が落ちているので標札にしたがって右上に上がります。

DSC07568_l.jpg

しばらくは杉林の巡視路を歩けます。

DSC07570_l.jpg

この無線機収納盤までは巡視路がついていますが、以後ほぼ道と呼べるものはなくなります。

DSC07571_l.jpg

ここからは数十年前は踏跡もあったのかな程度の踏跡と時折テープがあります。

DSC07572_l.jpg

林業の名残的なものが多いです。

DSC07573_l.jpg

永遠の杉林。そのうちダケカンバなども混ざります。

DSC07575_l.jpg

ナシ尾根稜線に出ましたが、展望はありません。

DSC07580_l.jpg

と思ってたら何だこれは!神か!

DSC07583_l.jpg

何が起こったらこうなるんだ?スズタケが全て枯れている上に全部なぎ倒しです。

DSC07586_l.jpg

どうやら40年ほど前の1週間程度続いたらしい山火事が関係していそう。スズタケが数十年周期で入れ替わるという説もありますが、ここまで焦げたように硬いスズタケははじめてなので僕は山火事のせいだと考えています。

下山に使う予定の仁田小屋尾根を眺める。

DSC07587_l.jpg

向かう和名倉山も見えてきました。

DSC07589_l.jpg

9時41分、尻無ノ頭到着。三角点があります。この手前標高差100mの枯れスズタケがかなり鬱陶しかったです。目に刺さりそうで怖かった。

DSC07594_l.jpg

尻無ノ頭より先は微妙に踏跡がついています。これがなかったらスズタケ地獄で死んでいました。

DSC07596_l.jpg

ところでこの樹木は何?

DSC07595_l.jpg

稜線散歩はじまる。

DSC07601_l.jpg

白岩岳と雲取山を眺む。あちらは賑わってそうですね。

DSC07599_l.jpg

仁田小屋尾根と合流すると途端に優しくなります。しかし、和名倉山山頂付近だけちょっと倒木が煩いです。

DSC07610_l.jpg

11時33分、和名倉山に到着。

DSC07613_l.jpg

単独の方1名+親子?2名が休んでおりました。一人は来週不動岳に行くとか・・?

DSC07615_l.jpg

12時12分山頂発、仁田小屋尾根で下山します。

DSC07616_l.jpg

仁田小屋尾根序盤は明らかにナシ尾根よりも楽。

DSC07617_l.jpg

これはビクトリーロードでしょう。

DSC07619_l.jpg

カラマツの新芽がかわいいです。

DSC07621_l.jpg

このワイヤー地帯の直下がスズタケ地獄で迷いやすいです。自分も一部ミスってスズタケ漕ぎが必要に。

DSC07623_l.jpg

13時19分、仁田小屋ノ頭到着。立派な山頂標識があります。

DSC07625_l.jpg

急な林業用の道を下って行くと・・。

DSC07627_l.jpg

沢筋に仁田小屋が見えてきます。

DSC07628_l.jpg

仁田小屋。横には沢が流れていて水も取れます。

DSC07629_l.jpg

涼んでいました。

DSC07632_l.jpg

下山のため、ちょっと中に入らせてもらいます。入ったら閉めます。

DSC07634_l.jpg

14時12分、雲取林道に出ました。ここから荒沢橋までは結構荒れているところもありますが、徒歩で問題になるようなところはないです。

DSC07636_l.jpg

荒沢橋ゲート。以前はここまで車で来れたみたいです。

DSC07638_l.jpg

ここからは舗装路だったり、ダートだったり。

DSC07640_l.jpg

謎の汲み上げ施設。

DSC07641_l.jpg

15時21分、林道を1時間少々歩いて鮫沢橋ゲートに戻ってきました。右に登った急なナシ尾根が、左に下山に利用した仁田小屋尾根が見られます。

DSC07642_l.jpg

というわけで、和名倉山を登りも下りもバリエーションルートで周回してきました。やはり静かな山は心が落ち着きます。いいリフレッシュ&トレーニングになりました。

コースタイム

7:30鮫沢橋ゲート-7:43大洞ダム-8:50標高1200m-9:41尻無ノ頭9:53-11:16標高1960m-11:33和名倉山12:12-12:27標高1960m-12:56松葉沢ノ頭-13:19仁田小屋ノ頭-13:46仁田小屋13:51-14:12登山口-15:21鮫沢橋ゲート
歩行時間 6時間55分、行動時間 7時間51分

ルート図

20160508001.jpg

標高グラフ

20160508002.jpg

関連記事

| 旅日記 | 15:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2623-438e323f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT