めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

残雪期の荒沢岳 蛇子沢左岸尾根 1日目

2015年4月18日(土)

奥只見シルバーラインを出ると・・。

P1300291_l.jpg

銀山平からはこのような広がりが。実はテント内に敷くマットを自宅に忘れてきて早くも出鼻を挫かれたのですが、まぁ何とかなるでしょう。

P1300292_l.jpg



この日は単独で荒沢岳を目指しました。夏道ルートはとても危険を伴うので、残雪期限定の蛇子沢の左岸尾根で挑むこととしました。

P1300298_l.jpg

銀山平からショートカットして尾根に上がると、眼前に現れる荒沢岳、イケメン過ぎます。
ただ、写真で見てみても蛇子沢左岸尾根?何処?といった感じです。左のピークが荒沢岳ですが、蛇子沢左岸尾根は右のゴツゴツとしたピークに向かって上がっている、どうみても藪の出まくっている急峻な痩せ尾根です。普通事前調査がなければ登ろうとは思わないでしょう。

P1300299_l.jpg

標高1200mからは標高差20m程度の雪の壁。この辺りまで来て蛇子沢に滑られる方は多いみたいです。

P1300312_l.jpg

壁を登るとワカンがデポされていました。先程ちょっと見えましたが、どうやら先行者がいるようです。ここからはしばらくの間藪漕ぎです。

P1300313_l.jpg

と見せかけて雪壁登りも。ここは要アイゼン・ピッケル。しかし、この先また藪漕ぎでアイゼンは藪に引っかかり非常に邪魔となったため、かなり大変な山行でした。

P1300317_l.jpg

下の斜面が見えたところからトラバースして斜面を登って行くと藪漕ぎをスルーできますが、登りはともかく下りは精神が削られるくらい慎重さを要するほど急な斜面なので、どちらを取るかは悩みます。

P1300318_l.jpg

大分藪尾根を登ってきましたね。人の気配は少しありますが、藪は全く刈り払われておりません。

P1300319_l.jpg

写真でも伝わると思いますが、中々大変なルートです。基本的に4月に登って藪が出ていないことはないようです。

P1300321_l.jpg

標高1550m辺りからはやや危険はあるものの、とても静かな雪稜歩きの楽園に変わりました。

P1300331_l.jpg

稜線にはなんとトレースが続いております。上部に目をやると、先程の登山者と思しき方が登っております。こんなマニアックなところを訪れている方がいたとはね。

P1300341_l.jpg

ところで荒沢岳はところどころで小規模雪崩が発生していました。

P1300343_l.jpg

雪面のトラバース。下をみると結構怖いところです。トラバースしないとまた藪に突っ込みます。

P1300346_l.jpg

標高1649m小ピークまで来ました。

P1300351_l.jpg

小ピーク先のコルにテントを張ります。マットがないのはザックやカッパを敷いて何とか対応。

P1300358_l.jpg

一杯いきましょう!山頂からご夫婦が降りてきましたが、「この山で人に会うとは!更にはこんなルートで!」と驚かれました。僕も驚きましたよw

P1300361_l.jpg

越後三山に沈みゆく夕陽を見ながらの就寝でした。

P1300381_l.jpg

続きは残雪期の荒沢岳 蛇子沢左岸尾根 2日目にて。

コースタイム

8:51白銀の湯-10:37標高1256m10:46-12:31標高1510m12:42-13:37標高1630mコル
歩行時間 4時間26分、行動時間 4時間46分

関連記事

| 旅日記 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2617-884d22fa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT