めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

快晴の会津駒ヶ岳

2014年4月13日(日)

この日は後輩の清水と、燧ヶ岳、男体山、越後駒ヶ岳とどの山から見ても厳かな印象を受け、とても気になっていた会津駒ヶ岳に登ってきました。

P1240303_l.jpg



まずはじめに会津駒ヶ岳の駐車場。こんなに賑わっているとは想定外でした。

P1240283_l.jpg

7時41分に滝沢登山口を出発。まずは林道を少し歩いてから南尾根の取り付きに向かって急坂を上がっていきます。各年の安全ルートに関しては駒の小屋の情報を参照して下さい。

P1240286_l.jpg

会津駒ヶ岳は山スキーヤー多すぎで完全にゲレンデ状態。むしろ登山者の方が浮いています。

P1240289_l.jpg

10時42分、標高2000m突破。素晴らしい!これが会津駒ヶ岳か!

P1240303_l.jpg

山頂付近はゲレンデ感が異常。6月に燧ヶ岳から見たときはとても威厳のある山に見えましたが、こういう顔もあったんですね。

P1240305_l.jpg

駒の小屋。ここは管理人のブログのテンションが異常ですw

P1240310_l.jpg

11時29分、登山口から4時間弱で会津駒ヶ岳山頂に到着でした。

P1240321_l.jpg

青空と登ってきた稜線に感激。清水はこれが初の百名山となりました。

P1240316_l.jpg

しばし展望を楽しむとします。燧ヶ岳、至仏山、平ヶ岳。

P1240330_l.jpg

平ヶ岳と中ノ岳、越後駒ヶ岳、荒沢岳。

P1240331_l.jpg

拡大図「燧ヶ岳」
燧ヶ岳は会津駒ヶ岳から見てかなり見直しました。というよりは真っ白な姿を見て、これはやっぱり百名山!という感じを受けました。

P1240324_l.jpg

拡大図「至仏山」

P1240325_l.jpg

拡大図「平ヶ岳」

P1240323_l.jpg

拡大図「中ノ岳、越後駒ヶ岳、荒沢岳」

P1240322_l.jpg

というわけで、山頂に1時間ほど滞在した後、1時間半程度で下山でした。同行者の下りは流石に危なっかしかったですw

P1240345_l.jpg

コースタイム

7:41滝沢登山口-10:42標高2000m10:56- 11:29会津駒ヶ岳12:35-14:05滝沢登山口 歩行時間 5時間4分、行動時間 6時間24分

ルート図

20140413001.jpg

標高グラフ

20140413002.jpg

関連記事

| 旅日記 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2616-dee609b5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT