めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

仙ノ倉山 強風・吹雪の過酷な山行

2016年3月21日(月)

連休最終日は快晴の群馬を通りすぎて、敢えて過酷な環境に身を置いてきました。このところゆるふわが多すぎたので。

DSC07341_l.jpg



7時36分に平標山登山口を出発。しばらく林道を歩いてから登山道に取り付きます。

DSC07333_l.jpg

かなり怪しげな雰囲気で道はよく分からない。

DSC07334_l.jpg

平標山の家に到着し、先を見ますが、どうやらガスってる模様。平標山の家は冬期開放でトイレも小屋の中にあるので普通に使えました。

DSC07338_l.jpg

10時頃この日唯一の晴れ間に感激しますが、

DSC07341_l.jpg

DSC07342_l.jpg

上に行くに従い、完全な吹雪状態となるのでした。

DSC07344_l.jpg

10時半平標山を通過して仙ノ倉山に向かいますが寒すぎです。平標山を訪れている人自体が少なかったですが、結局平標山~仙ノ倉山間では一人の青年としかすれ違いませんでした。この青年は冬期ルートの仙ノ倉山北尾根から来たそうで、猛者感が漂っていました。

DSC07347_l.jpg

11時17分、仙ノ倉山到着。谷川連峰唯一の2000m峰です。風強すぎですね。

DSC07357_l.jpg

さて、平標山に戻ります。強風に小雪で中々過酷な状況でした。

DSC07359_l.jpg

下山は松手尾根で。しばらく下ると吹雪から逃れ、こちらで何人かの登山者とすれ違いました。

DSC07367_l.jpg

DSC07371_l.jpg

松手山まで展望よしの霧氷もあったりで、いい感じの尾根でしたが・・、

DSC07373_l.jpg

DSC07378_l.jpg

対面の苗場スキー場の閑散とした感じが示すように今年は少雪で、

DSC07374_l.jpg

下部は雪が少なすぎて苦労しました。アイゼンをつけたり外したり・・。外してるときに滑って泥だらけです。

DSC07385_l.jpg

そんなわけで猛烈な風の吹雪の中の山歩きを体感してくることができました。

コースタイム

7:36平標山登山口-8:20登山道分岐-9:14平標山の家9:39-10:30平標山-11:17仙ノ倉山11:32-12:06平標山12:14-14:11平標山登山口
歩行時間 5時間47分、行動時間 6時間35分

ルート図

20160321001.jpg

標高グラフ

20160321002.jpg

関連記事

| 旅日記 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2606-9d3f2ac5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT