めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

蓼科山 八ヶ岳ブルーの抜けるような青空!

2015年1月18日(日)

この日はラボ同期の新谷と蓼科山へ。

P1290349_l.jpg

8時49分、女ノ神茶屋登山口を出発。



出だしから荘厳な霧氷。

P1290350_l.jpg

Araya_DSC03806_l.jpg

ルートには深いトレースが刻まれており、ラッセルの要素は全くありません。

P1290352_l.jpg

空は青空というよりもはや青黒いほどの空。

P1290367_l.jpg

これが八ヶ岳ブルーという奴か・・、宇宙空間に近づいていっているのを感じます。

P1290376_l.jpg

森林限界近くまで来ると霧氷からスノーモンスターへ転換です!

P1290374_l.jpg

森林限界を突破すると途端に風がとても強いですが、突破後すぐに山頂に到着。11時40分、登山口から3時間弱でした。

P1290432_l.jpg

P1290433_l.jpg

展望は蓼科山お馴染みの日本アルプス全山360度!

P1290394_l.jpg
浅間山

P1290395_l.jpg
右から火打山・焼山・高妻山・戸隠山・奥西山~東山~八方山

P1290396_l.jpg
左から立山・剱岳・鹿島槍ヶ岳・五龍岳・白馬三山

P1290399_l.jpg
槍穂高連峰と表銀座・裏銀座の山々

P1290401_l.jpg
乗鞍岳と焼岳

P1290404_l.jpg
御嶽山

P1290403_l.jpg
中央アルプス

八ヶ岳連峰方面を見ると、舞い上がる氷雪でとても痛いw

P1290416_l.jpg
八ヶ岳連峰

その奥の南アルプスは霞んでいる。

P1290417_l.jpg
南アルプス

そんなわけで風が強すぎて殆どのPTが山頂10分滞在ほどで下山していましたが、僕らは40分も滞在してしまいました。

P1290419_l.jpg

森林限界上は厳しい環境ですが、この北アルプス全山のパノラマは他では味わえないでしょうね。

P1290421_l.jpg

その後下山は一瞬。時間があったのでピラタスでスノボの練習をしました。

P1290453_l.jpg

ほどよく練習しやすい環境でした。

P1290454_l.jpg

冬の蓼科山は、まるで宇宙空間のような青黒い空に壮麗な霧氷、上の方ではスノーモンスターに厳冬期の超展望を楽しむことができ、新谷も感動しきりで、計画は見事成功となりました。蓼科山は夏の初登山にもおすすめと考えていましたが、天気のいい日を選べば冬の初登山にもおすすめできるいい山だと感じました。この感動を知らないまま一生を終えるのはもったいない。

コースタイム

8:49女ノ神茶屋登山口-11:40蓼科山12:20-13:17女ノ神茶屋登山口
歩行時間 3時間48分、行動時間 4時間28分

ルート図

20150118001.jpg

標高グラフ

20150118002.jpg
累計標高(+) 834m、累計標高(-) 842m、距離5.6km

関連記事

| 旅日記 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2592-352423ac

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT