めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

表妙義 快速縦走

2015年12月6日(日)

前日土曜日に研究室でトラブルがあって20時帰宅の予定が終電帰りで25時帰宅。この日は3時半起きで長距離日帰り周回を行う予定であったが、そんな時間には勿論起きれなかったので自宅を9時に出発しても行けそうなお山、妙義山に行ってくることとした。ついでに圏央道の新区間を走ってみたが、中々の快走路であった、料金が高いので4月からの値下げに期待である。

DSC06253_l.jpg



さて11時とかなり遅くに妙義山登山者駐車場に到着。多くの人が表妙義の白雲山・金洞山縦走には7~9時間くらいかかっているので、それらを踏まえると白雲山のプチ縦走くらいが妥当だと思ったのでそのつもりで挑みました。

DSC06172_l.jpg

11時25分、妙義神社通過。無心で拝みます。

DSC06175_l.jpg

登り始めまして大の字はスルー。急登をガシガシ上げて行きます。

DSC06183_l.jpg

そして最初のまともな鎖場。ただ稜線に出るまでは鎖は不要。この時間でも登り登山者がちらほら。

DSC06194_l.jpg

稜線に出ます。ここまで1時間以下のいいペース。

DSC06197_l.jpg

稜線に出て見晴からは好展望。登山禁止の金鶏山や、

DSC06200_l.jpg

上毛三山の残り2つ、榛名山、赤城山と、

DSC06204_l.jpg

裏妙義、浅間山です。浅間山はすっかり冠雪ですね。

DSC06207_l.jpg

そして縦走路最初の難関。デブお断りのチムニーもどき。デブじゃないですが、挟まりたくないので左上へ。

DSC06213_l.jpg

いきなり足場がまともでない鎖場のトラバースです。

DSC06215_l.jpg

落ちたら死亡ですねぇ。

DSC06216_l.jpg

縦走路には登山者もちらほら。基本的に縦走中20分ごとくらいに登山者には出会っていたと思います。

DSC06224_l.jpg

妙義山はこんな痩せ岩尾根だらけです。つま先しか置けないところも多く、久々に鎖場で鎖を使った上に、下りでは結構体重を載せたところもありました。全山縦走は腕の力が持つかどうかの戦いと言っている人がいたのも少しは分かります。分かりません。

DSC06226_l.jpg

大のぞきからの天狗岩。あちらへ登ります。

DSC06230_l.jpg

この下りは容易。勿論鎖がないと少し怖い。

DSC06236_l.jpg

先ほどの大のぞきから15分で天狗岩にきました。

DSC06240_l.jpg

しばらくは平和。最高峰の相馬岳に登るだけならあまり難所もなさそうです。タルワキ沢の分岐で出会った登山者3人組にここまで1時間半くらいで来たことを告げると、その速度なら今からでも全山縦走余裕、手に力が残っていればと言われる。

DSC06244_l.jpg

13時1分、妙義山最高峰、白雲山相馬岳到着。上毛三山制覇!

DSC06250_l.jpg

なお、金洞山は遠い。本当に今からでも全山縦走余裕か?

DSC06253_l.jpg

バラ尾根は岩場というよりもこんな感じのところが多く、サクサク進める。

DSC06261_l.jpg

DSC06264_l.jpg

この岩をくぐる。

DSC06268_l.jpg

堀切まで休憩込み2時間半。ここまでコースタイムの2~3割程度で来れたので、このまま行けば16時前には縦走路を抜けられそうです。登山開始が遅かったので初めはプチ縦走のつもりで来ましたが、金洞山まで縦走することとしました。

DSC06277_l.jpg

縦走路最大の山場、鷹戻しが始まる。

DSC06282_l.jpg

下りだと結構だるそうだが・・。

DSC06287_l.jpg

鎖は写真撮るために離してしまった!

DSC06288_l.jpg

やはり下りだと恐ろしい。

DSC06292_l.jpg

14時17分、鷹戻しの頭から遠のく白雲山。1時間くらいでここまで来てしまったし、あまり距離感が掴めませんね。

DSC06294_l.jpg

鷹戻しの頭からの下りは意外と面倒です。

DSC06295_l.jpg

DSC06298_l.jpg

見下ろすと凄いところに登山者が3人ほど見えますが、あれはハイキングコースですかね?

DSC06306_l.jpg

浅間山は美しいなぁ。

DSC06308_l.jpg

次回は裏妙義を縦走したいものです。こちらもフォロワーさんによると楽しいらしい。

DSC06309_l.jpg

さて中ノ岳へ向かいます。結構ヤバそうに見えますが・・。

DSC06311_l.jpg

縦走路のコメツガちゃん。両神山然り、このように土もある岩岩した山であれば好きになれます。

DSC06312_l.jpg

14時48分、金洞山最高峰、中ノ岳まで来ました!

DSC06314_l.jpg

上越国境は真っ白。

DSC06316_l.jpg

中ノ岳からの下りのここでそのままトラバースして先に登って行ってしまい、小ピークに出て一瞬迷う。

DSC06320_l.jpg

一応道はあるんですが、小ピーク越えでは先には行けません。結局ここまで戻ってきてロープの中間辺りから垂れ下がってるロープの方向に降りるとすぐに下山路分岐でした。下るとすぐに第四石門です。

DSC06327_l.jpg

さて、駐車場までの戻りは車道も時々歩きつつのハイキングコース。

DSC06333_l.jpg

石門入口から30分ちょっとで登山者専用駐車場まで戻ってくることができました。

DSC06338_l.jpg

表妙義全山縦走、やはり急登や岩場はコースタイムをかなり短縮できるところが多く、今回縦走路は基本コースタイムの2~3割程度で歩けた。稜線に出たのが12時10分で、白雲山の最高峰相馬岳に到着したのが13時1分。金洞山最高峰の中ノ岳に到着したのは14時48分でした。結局縦走路は休憩込みで2時間半くらいで通過することができ、思いもよらず11時過ぎに出て表妙義を縦走して16時に戻ってくることができました。

妙義山、こんなにアクセスがよくてこんなに長い距離を楽しめるところは他にはないだろう。今度は裏妙義を縦走してみたいと感じました。充実した日曜の午後でした。

コースタイム

11:14登山者専用駐車場-11:25妙義神社11:27-11:48大の字-11:54辻-12:10見晴12:12-12:27大のぞき12:30-12:46天狗岩-12:53タルワキ沢分岐12:55-13:01相馬岳13:15-13:40パノラマ台13:48-13:52堀切-14:17鷹戻しの頭14:22-14:39東岳14:42-14:48中の岳14:52-14:56小ピーク14:59-15:11第四石門15:19-15:24石門入口-15:41金鶏橋-16:00登山者専用駐車場
歩行時間 3時間52分、行動時間 4時間46分

ルート図

20151206001.jpg

標高グラフ

20151206002.jpg
累計標高(+) 1101m、累計標高(-) 1154m、距離 9.0km

関連記事

| 旅日記 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2575-a4b59c8e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT