めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

柴沢吊橋~ムギウネホツ~光岳―南ア深南部横断 2日目

2015年11月22日(日)

白倉林道~中ノ尾根山~合地山北東尾根―南ア深南部横断 1日目の続きです。

2日目は長年夢見たムギウネホツに足を踏み入れます。

DSC05813_l.jpg



6時3分出発。合地山北東尾根標高1202mピーク付近を出て、まずは柴沢吊橋まで尾根伝いに降りていきます。最後だけ急なので尾根は外します。

そして夢見たムギウネホツの入口、柴沢吊橋へ。こちら通常は寸又峡から寸又川左岸林道を40km以上も歩いてくるしかありませんが、現在は林道崩壊によりそれも不可能。ムギウネホツから降りるか、バリエーションルートの千頭山ルート、合地山北東尾根辺りからアプローチするしかありません。今回は最後のルートを取りましたが、まさか前日にkaikaireiさんが千頭山ルートでここに訪れていたとは・・。

DSC05738_l.jpg

道理で柴沢小屋が畳までとても綺麗だったわけです。まぁ柴沢小屋は今でも釣り人の利用がそれなりにある感じはありましたが。因みに水は柴沢小屋の辺りで寸又川に下りて汲めます。

DSC05729_l.jpg

林道は大分荒れていますが、千頭山吊橋へも足を伸ばしました。千頭山吊橋の状況は柴沢吊橋よりも大分微妙で、同行者の清水は色々と人間界不適合者なので腐った踏板に乗って、踏板を一部壊してしまいました・・。

DSC05731_l.jpg

8時18分、柴沢吊橋発。さて、柴沢吊橋を渡った直後から急斜面のトラバース。山と高原地図に「荒れてきている」と書いてありますがその通りで、尾根に上がるまでは殆どの箇所が落石で埋まるか登山道が流れていたりしてやや危険でした。

DSC05742_l.jpg

序盤はモミとツガの樹林帯。ヤマザクラも多く自生しています。

DSC05743_l.jpg

このように急斜面にはある程度ロープもかけられているが・・。清水は結構苦労していました。

DSC05746_l.jpg

尾根に出ると落ち着きます。ムギウネホツは光岳へ向かう急登箇所の多い長大な尾根。光岳にはっきりと向かう唯一の尾根で、中ノ尾根山~合地山からもその長大な広尾根がはっきりと見て取れました。あれを見てしまったら登るしかないでしょう。

DSC05747_l.jpg

標高の低いところはツガの大木が多い。ツガは樹皮、葉ともに落ち着きのある色合いを出しています。

DSC05757_l.jpg

晩秋のウダイカンバの明るい樹林帯を抜けていく。寂びを感じます。

DSC05782_l.jpg

ウラジロモミは穏やかな樹林帯を演出します。

DSC05815_l.jpg

ウラジロモミは小枝に縦縞があり、無毛です。モミ属は葉先が2つに割れますが、ウラジロモミはモミほどは割れず、葉を触っても痛くありません。葉の裏側が白いからこの名がついたとありますが、モミやシラビソも白いのでそれで見分けるのは難しい・・。

DSC05808_ls.jpg

カラマツの明るい森を抜けていきます。

DSC05813_l.jpg

清水も樹木の勉強中。意外と楽しそうでした。

DSC05824_l.jpg

モミ、ツガの森からシラビソ、コメツガの森に変わってきたかな?

DSC05826_l.jpg

コメツガちゃんは可愛いと言いましたが、普通に巨木になるまで成長します。ここまで成長してしまうと、標高やこの辺りの幼木でしか判断できません。

DSC05831_l.jpg

シラビソもモミ属で、モミと同じく小枝は有毛ですが、明らかに自生している標高が違うのと葉を触っても全く痛くないことから区別できます。というか見慣れてくれば樹皮、葉などの雰囲気が全然違うのが分かるはず!

DSC05833_ls.jpg

13時17分、樹木の勉強で足を止めすぎたせいか大分時間がかかってしまいましたが、分岐点の百俣沢の頭に到着。光岳まで行くと翌日大無間山まで行くことはできなくなりますが、清水は光岳に登ったことがないので光岳へ向かうこととしました。

DSC05839_l.jpg

寸又峡方面への看板とお地蔵様。お馴染みですね。僕はこの百俣沢ノ頭〜光岳間自体は2度目となります。

DSC05847_l.jpg

14時23分、そんなわけで僕は3度目。清水は初の光岳でした。

DSC05851_l.jpg

さて、百俣沢ノ頭へ戻り寸又川の左岸稜線を行きます。3年前にも歩きましたが、そのときよりも踏跡が濃くなり、マークも増えていました。

DSC05867_l.jpg

この日は信濃俣ノコル辺り泊としましたが、そのついでに水場を探してきました。この時期はもう少し下らないとまともには組めなそうですが、信濃俣ノコルから南西に標高50mくらい下った椹沢の源頭付近ですでに少し水が出ていました。ここの水場は昭和54年版の「アルパインガイド 南アルプス(白籏史朗)」に記載がありました。

続きは信濃俣~大根沢山~白樺荘―南ア深南部横断 3日目にて。

コースタイム

6:03標高1202mピーク-6:16柴沢吊橋8:18-10:45標高1656m10:54-12:01標高2043m12:11-13:17百又沢ノ頭13:43-14:23光岳14:34-15:11百又沢ノ頭15:22-16:21信濃俣ノコル
歩行時間 6時間49分、行動時間 9時間58分

ルート図

20151122001.jpg

標高グラフ

20151122002.jpg
累計標高(+) 1704m、累計標高(-) 828m、距離 10.9km

関連記事

| 旅日記 | 10:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2571-32256213

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT