めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

悪沢岳 西小石尾根・万斧尾根で日帰り周回―二軒小屋起点のバリ周回 3日目

2015年10月5日(月)

蝙蝠岳 蝙蝠尾根・ガンカク尾根で日帰り周回―二軒小屋起点のバリ周回 2日目の続きです。

6時28分、二軒小屋発。この日は悪沢岳北尾根(西小石尾根)へ。

DSC04230_l.jpg

さて、前日も歩いて二軒小屋まで戻ってきた西俣林道を今度は逆に辿ります。

塩見岳から慣合が見えるように、慣合からは塩見岳。

DSC04251_l.jpg

2年前は上流側から訪れた慣合に到着です。懐かしい。

DSC04244_l.jpg

DSC04252_l.jpg

やはり川に降りる橋は壊れたままでしたが、よく見ると問題なく降りていけるようになっていました。勿論更に上流に行くには渡渉は必要となってきますが。

DSC04255_l.jpg

DSC04256_l.jpg

8時43分。さて、西俣堰堤から悪沢岳北尾根末端のザレ付きを強引に登ると、

DSC04257_l.jpg

急坂ながらもすぐに落ち着きます。

DSC04265_l.jpg

標高2050m辺りまで急坂ですが、樹間はそれなりに広く歩きやすいところが多かった。

DSC04267_l.jpg

紅葉はもう標高1900〜2600m辺りまで降りてきている。SWは標高2600m上が見頃でした。

DSC04272_l.jpg

標高2050m辺りからは地形図で見た通りの緩尾根。樹間も広くこのまま登山道にできるくらいです。

DSC04273_l.jpg

悪沢岳北尾根、誰もが惚れると思います。心地よい樹林帯。

DSC04276_l.jpg

標高2500m付近、新蛇抜沢源頭は好展望地。ここまでかなりサクサクで、標高差100mを10~15分ペース。

DSC04286_l.jpg

新蛇抜沢源頭から西俣。

DSC04287_l.jpg

新蛇抜沢源頭から蝙蝠岳。

DSC04289_l.jpg

この先やや樹間狭くなるが、それでもなお歩きやすいレベルの樹間。

DSC04290_l.jpg

DSC04292_l.jpg

新蛇抜沢源頭上は尾根を東側に外すと樹林が全くないところもありました。

DSC04296_l.jpg

ちょっと鬱蒼としてきましたね。そろそろでしょうか。

DSC04300_l.jpg

標高2650mで来たぜ、本番!高さ3mにも及ぶハイマツの海!ネットの記録を見ると、ノコギリ必須と書いてあったりの素晴らしい前評判。

DSC04301_l.jpg

しかしながら、背が高かったのと上半身を鍛えてきたものあって無理やり押し込めて突破できました!

DSC04304_l.jpg

ハイマツの海上から塩見岳と蝙蝠岳。

DSC04303_l.jpg

ハイマツじゃハイマツを漕ぐんや!上半身筋トレの成果がここで得られましたw

DSC04308_l.jpg

標高差50mほどの猛烈なハイマツ帯を越えて、標高2700m。依然ハイマツ漕ぎはあるものの、途端に歩きやすくなりました。

DSC04314_l.jpg

というわけで、誰もいない静かな稜線散歩が始まりました。

DSC04316_l.jpg

うーむ。よきかな西小石岳。

DSC04317_l.jpg

DSC04322_l.jpg

12時5分、西小石岳到着!!!西俣慣合から3時間22分!

DSC04337_l.jpg

こっからの悪沢岳と荒川岳が半端無いんよ!

DSC04336_l.jpg

登ってきた西小石尾根と塩見岳。

DSC04334_l.jpg

悪沢岳へ向かう。涙が止まらない。

DSC04341_l.jpg

西小石尾根。贅沢な未開の稜線。

DSC04343_l.jpg

神景色すぎて全く足が進まない。

DSC04346_l.jpg

万之助カールが素晴らしい!

DSC04349_l.jpg

DSC04355_l.jpg

この辺りから蛇抜沢と天鏡池がオアシスのように見えます。

DSC04364_l.jpg

西小石尾根。バリルート好きな方は是非来ましょう。南アルプスの中でも屈指の良尾根なんじゃないかな。

DSC04366_l.jpg

さて、悪沢岳山頂までもうすぐだ!

DSC04371_l.jpg

DSC04376_l.jpg

西小石尾根から丸山と富士の姫君。

DSC04383_l.jpg

西小石尾根を振り返る。そして山頂へ・・。

DSC04384_l.jpg

悪沢岳到着!!!本気で涙出た!西俣堰堤から休憩込みの5時間!

DSC04394_l.jpg

悪沢岳からの富士山。

DSC04390_l.jpg

荒川岳・赤石岳はガスってたけど、悪沢岳はずっと晴れていてよかった。

DSC04391_l.jpg

下山路から眺める万之助カールと西小石尾根。これを見たら普通は行きたくなるっしょ!というか是非来てください!

DSC04396_l.jpg

悪沢岳に別れを告げて、

DSC04400_l.jpg

トコトコと万斧尾根を下ります。

DSC04401_l.jpg

千枚岳からの悪沢岳。

DSC04406_l.jpg

SW最終日はこの辺りで紅葉してましたが、千枚岳直下は晩秋の装いに。落ち葉で滑ります。

DSC04419_l.jpg

17時46分、無事二軒小屋に帰還。東海フォレスト関係者が登山小屋に入ってきて、思わず飲みまくってしまいました。色々と話が聞けてよかった。

というわけで、前日の蝙蝠岳周回に引き続いて、この日は悪沢岳を西小石尾根(北尾根)と万斧尾根で日帰り周回してきました。実はガンカク尾根で足をかなり消耗していて当日朝まで登ろうか帰ろうか迷いましたが、結果行ってこれてよかったです。

悪沢岳北尾根は敢えてあまり下調べをせずに行きましたが、下部は美しいシラビソの樹林帯の快適な尾根でとても癒され、森林限界上は素晴らしい景色の稜線散歩で感激の嵐でした。山頂ではとてつもない達成感に包まれ、本気で涙が出ました。

コースタイム

6:27二軒小屋-7:20リニアトンネル坑口予定地-7:47蛇抜沢出合-8:09新蛇抜沢出合-8:21ガンカク尾根取付き-8:32西俣慣合8:43-9:23標高2000m-9:48標高2200m9:52-10:22標高2400m-11:08標高2650m11:14-11:50標高2750m-12:05西小石岳12:18-12:43標高2893m点12:49-13:33標高3033m点-13:59悪沢岳14:49-15:04丸山-15:27千枚岳15:41-16:28万斧沢ノ頭16:37-17:46二軒小屋
歩行時間 9時間26分、行動時間 11時間19分

ルート図

20151005001.jpg

標高グラフ

20151005002.jpg
累計標高(+) 2062m、累計標高(-) 2038m、距離 19.5km

関連記事

| 旅日記 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2553-3cf9cf92

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT