めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

後立山連峰縦走―2日目 五竜岳~唐松岳~天狗の頭~白馬鑓温泉

2015年8月9日(日)

後立山連峰縦走―1日目 扇沢~鹿島槍ヶ岳~キレット小屋の続きです。

4時15分、日の出前に出発。

DSC02101_l.jpg

鹿島槍ヶ岳が赤く染まる。泣ける・・。

DSC02123_l.jpg

剱岳も五竜岳も赤く・・。

DSC02125_l.jpg

DSC02131_l.jpg

御来光です。

DSC02136_l.jpg

こちらから鹿島槍ヶ岳を見たのははじめてですが、やっぱりどこから見ても北アルプス一の秀峰やな。

DSC02140_l.jpg

DSC02148_l.jpg

さて、この日はRyoさんたちと別れて猿倉まで暴走。

DSC02152_l.jpg

まずは五竜岳までをこなします、が、これは全体的には八峰キレットより危ないんじゃないかな。

DSC02153_l.jpg

G4、G5を経て五竜岳へ。

DSC02162_l.jpg

鹿島槍ヶ岳を何度も振り返ってしまう。

DSC02164_l_2015092717590058f.jpg

早朝から結構な人とすれ違います。

DSC02173_l.jpg

DSC02174_l.jpg

1時間半ほどで五竜岳直下までやって来ました。

DSC02177_l_20150927175903766.jpg

よいっと登って、6時29分山頂。

DSC02183_l.jpg

2度目の五竜岳山頂は超展望!前回は誰もいなかったけどガスガスでしたからね。でも山頂人多すぎなんじゃw 直下に小屋があるとこうなりますよねー。

DSC02197_l.jpg

ここまで来ると、水晶岳、赤牛岳、薬師岳の並びがよく見えてきます。

DSC02201_l.jpg

剱岳は段々と三ノ窓などが分からなくなってくる。やっぱり鹿島槍ヶ岳くらいから眺めるのがいいですね。

DSC02202_l.jpg

この日はとてもよく晴れていて富士山までよく見えた。

DSC02207_l.jpg

さて、お次は唐松岳。

DSC02208_l.jpg

序盤から渋滞で手こずり、

DSC02211_l.jpg

五竜山荘までまさかの22分もかかってしまいます。

DSC02225_l.jpg
人の多い五竜岳

五竜山荘ではジンジャーエールで補給。そして歩き出す。五竜岳~唐松岳は日帰りで歩いたことがありますが、晴れているとこんなによい稜線だったとは!

DSC02230_l.jpg

というか、この稜線から見る五竜岳の男らしい山様が半端ない。

DSC02236_l.jpg

唐松岳は鹿島槍ヶ岳、五竜岳と比較するとやや見劣りしてしまいますが、とても登りやすく超展望が得られるのでやはり多くの人が訪れます。でも登山道が広いのでこちらは渋滞なし。

DSC02244_l.jpg

8時55分、唐松岳到着。唐松岳からは五竜岳が特に素晴らしい。

DSC02252_l.jpg

オールスターズも。

DSC02254_l.jpg

さて、ここから不帰ノ嶮へ向かいますが、序盤は少なくともあまりヤバそうなところには見えない。

DSC02260_l.jpg

どちらかといえば最後にこの天狗の大下りを登らねばならないということの方が問題でしょうw

DSC02271_l.jpg

不帰ノ嶮へ歩き出したところで至仏山で一度お会いした筑後さんに出会います。この土日は本当に多くの知り合いに会いますねw このまま北アルプス全山縦走されるそうです。

不帰キレットの核心部は不帰2峰からの下り。でも全面鎖場で問題を感じないというよりも、区間が短くてサクッと通過できました。18人PTとのすれ違い渋滞で10分近く待たされたことを除けばですが・・。ホント、キレットでの大所帯は勘弁してほしいものです。

DSC02272_l.jpg

DSC02278_l.jpg

不帰2峰は下から見るとゴツくて中々カッコよかった。

DSC02286_l.jpg

そして何故かバテ気味の中(恐らく前日睡眠ゼロ、本日も6時間というのが祟っている)、標高差300mの天狗の大登りに突入!

DSC02289_l.jpg

高度を上げる~。

DSC02293_l.jpg

DSC02297_l.jpg

しかし、南アルプスのアップダウンに比べれば何てことはない。バテバテでしたが、標高差300mを40分で詰めあげて後は稜線散歩。

DSC02302_l.jpg

12時には天狗の頭に到着。本日最後のピークでした。ここからは白馬鑓、杓子と経由してもCTは同じなのですが、もう登りたくなかったのと鑓温泉が気になったのとで鑓温泉側に下山することにしました。しかし、これが罠でした。

DSC02309_l.jpg

天狗山荘で白馬鑓に思いを馳せながら、ファンタを補給して下り始める。

DSC02317_l.jpg

DSC02320_l.jpg

しかしこの辺り、稜線からして凄く香っています。これは楽しみ。

DSC02323_l.jpg

DSC02329_l.jpg

1時間17分でサクッと鑓温泉まで下って、早速日帰り入浴。500円です。

DSC02336_s.jpg

テント場から丸見えですが、凄くいいお湯でした。女性専用の時間もありますが、丸見えなので女性は水着とかを持ってきて入るそう。

そして罠はこの先だった。完全に地形図だけを見ていて、まぁ登り返し30mあるくらいだろうと思っていたら大違い!雪渓のトラバースなどでもアップダウン、また核心の小日向のコルまでは標高差100m近い登り返しを強いられ、灼熱も相まって激おこプンプン丸でした。これなら白馬鑓、杓子と縦走しても標高差変わらないw

DSC02343_l.jpg

この間CTもあまり縮められずピンチでしたが、小日向のコルからは加速して猿倉のバスには無事間に合いました。八方の湯でRyoさんたちに合流し、温泉でしっかりと汗を流した後、ガーリックで美味しいピザ&パスタで補給しました。

この週末は念願の後立山連峰縦走を果たせてよかった。やはり鹿島槍ヶ岳は北アルプスで一番好きな山であることを再確認。Ryoさん、chiakiさん、さとひとさんとの楽しい珍道中でした。

コースタイム

4:15キレット小屋-4:42一旦解散-6:29五竜岳6:48-7:10五竜山荘7:18-8:42唐松岳頂上山荘-8:55唐松岳9:16-9:43不帰2峰南峰-9:54不帰2峰北峰-10:28不帰1峰10:40-10:51鞍部-12:12天狗山荘12:35-13:52鑓温泉14:21-15:35小日向のコル-16:28猿倉
歩行時間 10時間21分、行動時間 12時間13分
標準コースタイム 19時間、CT比 54%

ルート図

20150809001.jpg

標高グラフ

20150809002.jpg
累計標高(+) 1876m、累計標高(-) 3091m、距離 19.4km

関連記事

| 旅日記 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2535-200f8949

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT