めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

南アルプス周回―2日目 3 新蛇抜尾根~熊ノ平

2015年7月27日(月)

南アルプス周回―2 池ノ沢池~池ノ沢ルートの続きです。

DSC01571_l.jpg

東俣を遡上し、新蛇抜尾根(新蛇抜山南東尾根)の出合いへ。

DSC01577_l.jpg

この間一昨年よりも歩きにくく感じ、東俣上流は結構荒れやすいんだなと感じた。水量も多かったので渡渉も一苦労。

DSC01577_l.jpg

廃道、新蛇抜尾根出合にはかなり目立つマークがいくつか。

DSC01578_l.jpg

熊ノ平の主人の言う通り、ここはかなり道がよく残っていますが、道を外すと大変。

DSC01579_l.jpg

僕は地形図を信じていきなり外しましたが、本当は林道に出合った後、林道を上流側にちょっと進んだところから登ります!

DSC01582_l.jpg

新蛇抜山らへんは樹間が狭過ぎて道を外すと復帰が超大変。登山道も尾根に忠実では全くないので、復帰はどちらへ行けばいいかも勘に頼った感じになります。

DSC01584_l.jpg

ただ道さえ外さなければ快適な登山道ですね。一部薄くてミスりますが、基本的に写真からも分かるほどの踏跡が残っています。

DSC01586_l.jpg

まぁでも池ノ沢の下降で体力を消耗した僕にはこれはキツかった。足の裏が痛いのが特にキツかった。

DSC01587_l.jpg

エバグリ、バテおこです。このままでは熊ノ平着も遅くなってまう~。

DSC01589_l.jpg

まぁ標高差600mなので、何とか気力で登り切りました。ペースは道が残ってるにしてはダメダメの2時間。

DSC01591_l.jpg

というわけで16時半頃竜尾見晴に到着、らへんでガスってきました。ここまで結構暑かったのでとても気持ちがよかったです。

DSC01594_l.jpg

滝ノ沢はやはり圧巻でした。

DSC01596_l.jpg

ここからもちょっと登りがあったりでしんどかったですが、

DSC01600_l.jpg

何とか無事に熊ノ平に到着。

DSC01601_l.jpg

入るなり主人「毎年遅いねえ(笑)」「新蛇抜は俺も酷い目に遭ったことがある」

DSC01602_l.jpg

まさかこんなに完璧に覚えていてくれたとは!
今回はあまり話ができませんでしたが、翌日の行き先に「広河原」と書いたら、
主人「また下るの?」
僕「え?」
主人「ああ、広河原って東俣のかと思った(笑)」
僕「え、流石にそれはないですよwww」
という素晴らしいくらいの勘違いが起こったのが面白かったです。

先週、北岳肩の小屋が雨風凄いし混んでるしで散々だった話をすると、「ここまで来たら空いてたのに」と言われました。やはり熊ノ平は海の日でも比較的静かなのか・・。特に今年の海の日は1泊2日山行の方が多かったのもあるかな?

テラスでビールを飲んでると晴れてきて農鳥岳が見えました。

DSC01605_l.jpg

やっぱりここは水も格別に美味いし、じゃんじゃん湧いてるしで、南アルプスのオアシス!最も好きなテント場の一つです。

いや、終わってみるとキツかったけど、その分充実したいい一日だった。ただ翌日ちゃんと歩けるかが心配でした。

続きは南アルプス周回―3日目 熊ノ平〜間ノ岳〜大樺沢左俣にて。

コースタイム

5:54笹山北峰-6:59白河内岳7:36-8:03大籠岳8:16-9:24広河内岳9:46-11:14池ノ沢池11:30-13:04池ノ沢小屋13:27-14:04新蛇抜尾根起点14:26-16:26竜尾見晴16:42-17:50熊の平小屋
歩行時間 9時間27分、行動時間 11時間56分
新蛇抜尾根登り 2時間

ルート図

20150727001.jpg

標高グラフ

20150727002.jpg
累計標高(+) 1306m、累計標高(-) 1434m、距離 14.2km

関連記事

| 旅日記 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2531-cc5ea3ab

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT