めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

残雪期の塩見岳―3日目 2 豊口山〜北西尾根〜越路〜鳥倉林道

2015年5月6日(水)

残雪期の塩見岳―3日目 1 烏帽子岳の続きです。

三伏峠を出て鳥倉林道へ。

DSC00388_l.jpg
三伏峠〜豊口間のコル

途中塩川小屋方面へトレース(下りのみ)があって、驚きますが、藪山界隈で有名なyama-takeさんのものでした。

DSC00390_l.jpg
塩川コース

豊口山間のコルまでサクサク進みます。

DSC00391_l.jpg
分岐〜豊口山間のコル

そして、このまま下山するのも物足りないので、豊口山間のコルから、南アの知られざる2000m峰「豊口山」に手を出してしまうのであった・・。

DSC00393_l.jpg
豊口山間のコル〜豊口山

まぁ言っても、豊口山間のコル〜豊口山はマークもあり、尾根を外さなければ倒木も少なく簡単です。コルから15分程度でしょう。

DSC00401_l.jpg
豊口山

豊口山からは北西尾根を行きました。

DSC00405_l.jpg
豊口山北西尾根

初めゆるーく北西へ向かいますが、その後ありえないくらいの急坂。やば過ぎて写真を撮る余裕がありませんでしたが、ロープなどないとかなり危ないでしょう。途中クマも見ましたw

2150mから2100mまでの崖に近い急坂をこなすと、展望テラスがあり、周囲を見渡せます。

DSC00406_l.jpg
2100mテラスより鳥倉山

DSC00410_l.jpg
2100mテラスより大沢岳〜奥茶臼山

DSC00411_l.jpg
2100mテラスより豊口山と小日影山

このテラスから崖の脇を下り、

DSC00413_l.jpg
テラスから下る

標高2050m辺りから見上げる「豊口山」展望テラスが圧巻でした。

DSC00416_l.jpg
豊口山

先ほどはこの上から展望を得ていたのです。

ここからは急坂を避けるように尾根を外れて斜面を行き、緩くなった辺りで尾根に戻ります。

DSC00418_l.jpg
斜面を下る

眼前には鳥倉山がそびえますが、よくは見えません。

DSC00421_l.jpg
眼前には鳥倉山

尾根に戻った標高1930m辺りからは再度奥茶臼山がよく見えました。

DSC00423_l.jpg
奥茶臼山

ここからは緩坂に変わり、林業用のテープなどが多数見られる平和尾根となりました。

DSC00424_l.jpg
標高1908m標高点へ。

越路までは行かずに、標高1870m辺りで尾根を外して、鳥倉林道に向かって等高線に垂直に下りました。

DSC00426_l.jpg
尾根を鳥倉林道側に外して下ると林道が見える

すると、林道に出ます。

DSC00428_l.jpg
鳥倉林道からの派生林道

これを下ると勿論鳥倉林道に至ります。

DSC00429_l.jpg
鳥倉林道からの派生林道

派生林道の入口には林業関係者2名が作業をしており、とても驚かれました。

DSC00430_l.jpg
派生林道入口

林業関係者「ここから降りてきた人見たことないよ。仕事柄上まで行って反対側(塩川)へ降りることはあるけど、あそこから先(豊口山方面)は行ったことない。」

僕「あそこら辺はかなりキツかったですね。垂直に近いとこもあって強引に降りました。」

林業関係者「そうでしょう。この前もこっから(林道から)登れるんですかって聞いてきた人がいたけど、行けないよって言っちゃったもの。どうせなら(鳥倉山まで)大縦走してくればよかったのに。」

DSC00433_l.jpg
鳥倉林道から豊口山

林業関係者の貴重なお話が聞けてよかったです。豊口山はいい運動になりましたね。

コースタイム

6:55三伏峠-7:48烏帽子岳8:27-8:56三伏峠10:00-10:28七合目10:47-11:37豊口山11:43-12:50標高1908mピーク-13:10鳥倉林道-13:21鳥倉林道ゲート
歩行時間 4時間18分、行動時間 6時間26分

関連記事

| 旅日記 | 18:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2518-7992583e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT