めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

残雪期の塩見岳―初日 鳥倉〜三伏峠

2015年5月4日(月)

一昨年の聖岳、昨年の仙丈ヶ岳に引き続き、今年もGWは南アルプスへ。初めは小渋ルートで赤石岳を訪れようと考えていましたが、天候が不安であったため、鳥倉からの塩見岳に切り替えました。

DSC00009_l.jpg
鳥倉林道ゲート前駐車場

林道を歩き始めると、下山者と多数すれ違います。予報でGW前半のがよく、この日4日は天気が崩れるため、5月2-4日の行程で入っていた方が多かったのでしょう。

DSC00011_l.jpg
鳥倉林道

駐車場に停まっていた車の数も考えると、この日この山域で泊まられる方は少なそう。

DSC00016_l.jpg
鳥倉登山口

さて登り始めると、かなり軽装のおじさんに出会います。6人で上がれるところまで上がるといった感じで来られているようで、この方は完全に置いて行かれたようでしたw

DSC00019_l.jpg
鳥倉登山口〜三伏峠

DSC00020_l.jpg
鳥倉登山口〜三伏峠

雪がチラつき始めた辺り、標高2200m辺りで2人の登山者が下山してきましたが、先のおじさんと同じPTの方々でした。雪がないつもりで登ってきたのに雪があったから諦めた。3人は先に行っているとのことでした。

DSC00023_l.jpg
鳥倉登山口〜三伏峠

雪が出てきてもよく踏まれていたので、三伏峠までアイゼンなしで問題ありませんでした。しかし、踏み外すとよくないところは多々ありましたが。

DSC00024_l.jpg
鳥倉登山口〜三伏峠

8/10辺りまで来たところで、休憩している3人の方々に出会います。先ほどの先行している3人組でした。この方々とは長話。色々と回復剤をいただきましたw 三伏峠までまだ遠そうだから諦めようかなとの感じだったので、後コースタイムで30分くらいですよ、と。

DSC00029_l.jpg
鳥倉登山口〜三伏峠

その後自分はコースタイム通り30分で三伏峠に到着。雨が降っているので三伏峠の冬季避難小屋を利用させていただくこととしました。

DSC00031_l.jpg
三伏峠

しばらくすると、先ほどの3人組が登ってきました。大学は何処に通っているのかと聞かれ、東大と答えると、やっぱりとの答え。それを確かめたかったからここまで頑張った感じもあったとのことで、面白い理由だなと思いましたw

DSC00033_l.jpg
三伏峠

それにしても今年は雪が少なく感じた。やはり4月の雨でとけてしまったようですね。GWに標高2200m辺りまで雪がないというのは稀なのではないでしょうか。

そういえば、この日すれ違った方の中に単独の方がいたのですが、その方は農鳥岳に上がってそこから塩見岳と縦走してこの日が3日目だと聞きました。夏道でも結構厳しい行程だと思いますが、3日目の午前にもう鳥倉に下りているとは凄い方もいるものです。初日農鳥小屋まで上がって、2日目に三伏峠手前といった感じでしょうか。(※後から分かったことですが、今年のGWは森林限界上の稜線はほぼ全て夏道が出ていたので、縦走路に上がってしまえば夏道計算で不可能ではなかったようです。)

続きは残雪期の塩見岳―2日目 1 三伏峠~塩見小屋にて。

コースタイム

9:40鳥倉林道ゲート-10:11鳥倉登山口10:17-12:04七合目12:20-12:37八合目12:57-13:28三伏峠
歩行時間 3時間6分、行動時間 3時間48分

関連記事

| 旅日記 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2511-ce272146

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT