めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

伝付峠を越えて笹山へ―2日目 2 白剥山〜笹山〜笹山ダイレクト尾根〜奈良田

2013年7月21日(日)

伝付峠を越えて笹山へ―2日目 1 伝付峠〜奈良田越〜白剥山の続きです。

白剥山の先も笹山手前の森林限界突破ピークまでは割合明瞭なコースでした。

P1210097_l.jpg
白剥山の少し先から蝙蝠岳

白剥山の先からは、地図上で奈良田越から東俣へ下りている林道がよく見えました。凄まじいものですね。

P1210100_l.jpg
白剥山の少し先から「東俣林道〜奈良田越の林道」を見る

笹山まで時折石楠花が茂っていたりはしますがね。

P1210106_l.jpg
白剥山〜笹山

ここで森林浴と行きたいものです。

P1210112_l.jpg
白剥山〜笹山

P1210113_l.jpg
白剥山〜笹山

笹山手前の小ピークが見えてきました。

P1210117_l.jpg
笹山手前の小ピーク

小ピークは森林限界を突破しており、

P1210119_l.jpg
蝙蝠岳〜塩見岳

悪沢岳、蝙蝠岳、塩見岳の素晴らしい展望が得られます。少し休憩としました。

P1210124_l.jpg
悪沢岳・荒川岳

P1210120_l.jpg
塩見岳

P1210129_l.jpg
富士山はガスに飲まれそう

P1210132_l.jpg
こ、これはかつての夢の跡「東俣 広河原」か!?

この先はハイマツが煩い。これは僕がルートを外してしまったのが一番いけないのですが、ハイマツがカオス過ぎてこの間で40分ほどロスをしました。ちゃんとコースに従って行けば、そこまで煩くはないのでしょう。

P1210138_l.jpg
笹山へ

そしてついに笹山南峰。この時点では白峰三山もよく見えていました。

P1210140_l.jpg
笹山南峰

しかし、昼食の準備をしているうちに、ファッ!?ガスに包まれてしまいました。この展望は僕の心の内にのみ留めておくこととします。

P1210142_l.jpg
白峰三山はガスる・・。

昼食後北峰にも行きましたが、塩見岳が眼前にドーン!と見えるのはいいのですが、他はガスに包まれてしまいましたね。藪と格闘している場合ではありませんでした。

P1210149_l.jpg
笹山北峰

P1210155_l.jpg
笹山北峰にて

笹山南峰に戻ってきて、さてダイレクト尾根を下るかと思いますが、北峰にストックを忘れてきたことに気づきます。無駄に疲れる結果となりました。

ダイレクト尾根の下り、足袋では指先と足裏に非常に負荷がかかるので不安でしたが、ふかふかしていて足裏の方は平気でした。指先はスピードを出さないように注意していくしかありませんね。

P1210158_l.jpg
笹山ダイレクト尾根

ダイレクト尾根は思いのほか下りやすく2時間少々で下り切ることができましたが、時刻表を把握していなかったのでバスは100m先(違う道路)を過ぎ去るのを見送る結果となってしまいました。

P1210167_l.jpg
笹山ダイレクト尾根

さて次のバスまで2時間暇となりましたので、着替えはありませんが、先に温泉に入ることとします。奈良田の湯は何度入っても素晴らしい。自選三名湯には入ります。温泉後も1時間の暇があったので、その時間を使ってこの記事を書き上げてしまいました。まだ伝付峠入口~駐車場の林道歩きが残ってはおりますが・・。

P1210174_l.jpg
奈良田湖

というわけで、その後の林道歩きも無事済ませまして、初の磯足袋テン泊縦走を問題なく終えることができました。

登山靴を忘れ、大井川源流散策・悪沢岳登頂に踏み切るのは断念せざるを得ませんでしたが、これはこれで計画していたルートではあったので、十分に満足行く山行となりました。伝付峠ルート、峠とはいっても登山口から標高差1400mもありますが、おすすめですよ。

コースタイム

5:15テント場-5:27伝付峠展望台5:33-7:12奈良田越7:37-8:08白剥山8:16-10:28笹山11:32-12:55標高1603m13:01-13:50奈良田湖-14:00奈良田温泉16:15-16:34伝付峠入口16:37-16:55駐車場
歩行時間 7時間33分、行動時間 11時間40分
※笹山直下でコースアウトにより40分程度ロスっています。



コース状況

  • 奈良田越~白剥山~笹山
    笹山手前の森林限界突破小ピークまではテープも標識もあり踏跡も比較的明瞭。時々石楠花が煩い程度です。小ピークの先はハイマツ帯で、コースアウトすると大変なことになります。初めは稜線の左側、笹山直下では右側を巻くようです。
  • 笹山~奈良田湖
    笹山ダイレクト尾根は非常に下りやすい。登りで使っても登りやすいとは感じました。下の方は急だが歩きやすく、上の方はやや緩やかだが少しだけ歩きにくくなる感じです。
関連記事

| 旅日記 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2508-c8ef71bf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT