めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

伝付峠を越えて笹山へ―2日目 1 伝付峠〜奈良田越〜白剥山

2013年7月21日(日)

伝付峠を越えて笹山へ―初日 新倉〜伝付峠の続きです。

さて、テント置いて笹山往復か、テント背負ってダイレクト尾根で下山かで迷いましたが後者を選択。テン場から富士山が見え、展望も期待できます。

P1210021_l.jpg
富士山

しかし、伝付峠まで登ってみるとガスガス。

P1210026_l.jpg
伝付峠からの林道

少し北上した展望台ではガスも晴れ、悪沢岳、赤石岳、聖岳のBIG3が顔を出してくれました。

P1210040_l.jpg
伝付峠展望台

ガスってたのは伝付峠だけで、そこがガスの通り道になっている感じでした。

P1210034_l.jpg
悪沢岳

P1210030_l.jpg
赤石岳

P1210031_l.jpg
聖岳

P1210032_l.jpg
上河内岳までズラリ

さて、ここからは緩いアップダウンを繰り返す林道が奈良田越まで7kmほど続き、途中にある崩壊地の手前と先とで全く異なる様相を見せます。

P1210043_l.jpg
伝付峠〜奈良田越

P1210050_l.jpg
徳右衛門岳

崩壊地の手前までは現在も時々車が入ってきてるような印象を受けました。

P1210051_l.jpg
ここは左が旧道(崩落)、右が新道

P1210055_l.jpg
伝付峠〜奈良田越(変化に富む)

P1210056_l.jpg
伝付峠〜奈良田越(変化に富む)

そして崩壊地で林道が寸断されます。ここまではかなり整備されていました。

P1210060_l.jpg
崩壊地

崩壊地の通過はやや危険ながらも展望はよかった。

P1210062_l.jpg
南ア南部の展望

P1210067_l.jpg
崩壊地の通過

P1210068_l.jpg
崩壊地を振り返る

崩落地の先では長い間放置されているような感じで、林道の様相が大分異なっておりました。

P1210069_l.jpg
伝付峠〜奈良田越

P1210077_l.jpg
幻想的な風景

別当代山の手前のヘアピンの辺りも崩壊しているようなのですが、ここは稜線の西側ではなく東側をいく林道が新たに出来上がっていました。

P1210078_l.jpg
伝付峠〜奈良田越

この先林道に木が生い茂っていて中々に歩きにくかったです。

P1210079_l.jpg
伝付峠〜奈良田越

草もボーボー。

P1210080_l.jpg
伝付峠〜奈良田越

奈良田越の直前で林道が分岐していますが、真っすぐ行っても行き止まり(これが地図には書いてある)ですので、右に折れます(これは地図にはない。)

P1210081_l.jpg
奈良田越直前

そんなこんなでハエだらけの奈良田越へ到達しました。

P1210086_l.jpg
奈良田越

色々と散乱していましたね。一体いつ頃まで小屋があったのだろうか。

P1210087_l.jpg
分かりにくいが奈良田越から先はこちらを登る

奈良田越から白剥山へは時折標識もある、分かりやすい山道でした。

P1210088_l.jpg
奈良田越〜白剥山

P1210089_l.jpg
奈良田越〜白剥山

途中謎の小屋も。

P1210090_l.jpg
奈良田越〜白剥山

少なくとも登りで迷うことはないと思いました。

P1210092_l.jpg
奈良田越〜白剥山

白剥山は訪れたことのある人が少なそうですが、立派な山頂標識でした。

P1210094_l.jpg
白剥山

続きは伝付峠を越えて笹山へ―2日目 2 白剥山〜笹山〜笹山ダイレクト尾根〜奈良田にて。

コースタイム

5:15テント場-5:27伝付峠展望台5:33-7:12奈良田越7:37-8:08白剥山
歩行時間 2時間22分、行動時間 2時間53分



コース状況

  • 伝付峠~奈良田越
    全て林道です。別当代山の手前に分岐がありますが、ここは木で塞がっていない方、つまり右側を行きます。地図上にある道は左側の道ですが、こちらは崩落しています。
    最大の崩落地は2159mピークと2073mピークのちょうど間辺りにあります。ここはギリギリ人が通れる分の林道が残っているので慎重に行けば通過可能。どちらかといえば落石に注意です。
    崩壊地の先は林道の様相もガラリと変わり、草ボーボーに木も乱立する林道となりますが、林道なのは分かるので、奈良田越の手前まで迷うことはないでしょう。逆走の場合には奈良田越の直後の分岐に注意?右に折れると東俣まで下ってしまいます。
    奈良田越へはドラム缶のあるところからテープに従って右に折れます。直進すると行き止まり。
  • 奈良田越~白剥山~笹山
    笹山手前の森林限界突破小ピークまではテープも標識もあり踏跡も比較的明瞭。
関連記事

| 旅日記 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2507-53605af3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT