めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

伝付峠を越えて笹山へ―初日 新倉〜伝付峠

2013年7月20日(土)

この土日は連休をとって、伝付峠越えで西俣に入り、内無沢・高山裏避難小屋経由で悪沢岳に登る予定でいました。
しかし、家を出たのは23時頃登山口に到着するのは2時半、出発5時では寝不足で敗色濃厚な感が否めませんでした。まぁ初日で内無沢・魚無沢分岐までは行けるでしょうから、そうなれば魚無沢詰めで悪沢岳に直接上がろうかと考えていました。

ただ高速に乗っている間、突然家に登山靴を忘れてきてしまったことに気づきます。急いで出たので何か忘れている懸念はありましたが、何を忘れようとも小屋もあるし予定を切り替えれば大丈夫だろうと考えていました。しかし、これはそれ以前の問題です。登山靴なしでは何処にも行けません。談合坂SAで引き返すかどうか悩みましたが、引き返すと登山口に着けるのは6時半。仮眠を取って出発したとして11時発、二軒小屋16時着がいいところでしょう。しかもこの場合家に戻った段階で登る気がなくなる可能性100%です。それなら幸い大井川源流遡行のために持ってきていた磯足袋があったので、これで行けるところまでいってみることにしようかと考えました。この磯足袋、登山道でも岩場でも沢でも何処でも登山靴よりグリップが効くという優れものですが、やはり足袋なので足への負荷が大きく、初日高山裏(累計標高差2500m)まで抜けるのは不可能に思われました。

P1200949_l.jpg
磯足袋

登山口に到着したのは何と3時。目覚ましをかけて6時に起きてみますが、寝不足で頭が痛いので再度寝ます。結局登山口を出たのは8時38分となってしまいました。この間バスで来たらしき登山者が通り過ぎます。

P1200947_l.jpg
新倉ヘリポート

P1200948_l.jpg
ここから2kmちょっとの林道歩き

発電所までは完璧に補修されていました。

P1200952_l.jpg
林道

さて、先ほどの登山者には広河原で追いつき、軽く声をかけます。

P1200957_l.jpg
以前はここを直進しましたが、新ルートでは左の発電所の方へ。

さてここからが伝付峠の新ルート。

P1200958_l.jpg
発電所

初め内河内川の隣の沢を駆け上がって行きます。

P1200960_l.jpg
隣沢

最初左岸ですが、堤体越えてからは右岸へ移行。

P1200961_l.jpg
隣沢

隣沢は何の面白みもない沢でした。

P1200963_l.jpg
隣沢

その後内河内川に出るため一旦間の尾根までの250mの急登を経て、50m下ります。この急登が中々のものでしたが、多くのところにはロープがかけてあったので問題ありませんでした。

P1200966_l.jpg
左岸の尾根へ上がる

ただし、一箇所だけ脆いのにロープがかかっていない急登箇所があるので注意が必要でした。この新ルートは元々あった桟道を再整備して作られたような登山道でしたね。(どうやらこれが旧旧伝付峠ルートだったようです。)

P1200967_l.jpg
左岸の尾根へ上がる

登り切った鞍部で再度先ほどの登山者と一緒になり、ここで10分ほど話をしましたが、この方はこの日は二軒小屋もしくはその先まで行き、次の日は蝙蝠尾根を上がるとのことでした。

P1200969_l.jpg
鞍部(峰山尾根)

ここからは再度先ほどの方が先行。足取りが軽快でよく山を歩かれていることが分かりました。まぁ伝付峠なんてよく歩いてる人しか来ないでしょうがw

P1200970_l.jpg
内河内川へ下る

内河内川に合流してからは渓相が非常に素晴らしく、全く飽きることなく標高を稼いでいくことができます。

P1200971_l.jpg
内河内川

P1200976_l.jpg
内河内沢

この伝付峠越えのルートが復旧して本当によかった。

P1200977_l.jpg
内河内川

山梨側から南ア南部に入る貴重なルートとかそれ以前にこのルートを失ってはなりませんね。

P1200978_l.jpg
内河内川

P1200987_l.jpg
内河内川

さて保利沢小屋で再度先ほどの登山者と合流し、ここからしばらくは南アルプスを中心とした話をしながら進んで行きました。

P1200988_l.jpg
内河内川

やはりバリエーションルートを結構歩かれているようで、僕が先月歩いた這松尾大黒尾根やランカン尾根にも元々興味があったとのことでした。

P1200990_l.jpg
内河内川

2週間前には鋸岳から白岩岳の稜線を歩かれたそうです。南アだとピストン嫌いの人はこのようにバリエーションルートに手を出していく傾向がありましょうか。

P1200996_l.jpg
出合近くのこの辺は大分荒れ果てています

さて話が弾んだので、疲れを感じることもなくいつの間にか標高1700mにまで達していました。この方は小休止とのことで一旦別れます。

P1200997_l.jpg
出合〜伝付峠

ここから伝付峠までは基本的になだらかでして、別れた後もあまり疲れを感じることなく登っていくことができました。

P1210003_l.jpg
出合〜伝付峠

標高1930m辺りに水場とよさげなテントサイトがあったので、今日の野営地は恐らくここだろうなと思い、取り敢えず伝付峠まで上がります。

P1210004_l.jpg
伝付峠 水場

P1210005_l.jpg
水場〜伝付峠

伝付峠には立派な林道が走っていました。本当に驚異的なことです。ここで昼食を作っているうちに先ほどの方が追いつき、ちょっと話した後お別れ。お互いブログをやっているので、その後も繋がりは持てています。

P1210008_l.jpg
伝付峠

さてテントサイトに戻ってテントを張るとします。

P1210018_l.jpg
テントサイト

本当は二軒小屋に下って二俣慣合辺りで野営して翌日西俣散策とでも行こうかななどと思っていましたが、二軒小屋から伝付峠の登り返しがこの靴の状態では何となくやる気が出ないのでやめておきました。テント張ってからはガスってたし睡眠不足だったので基本寝まくりでしたねw 翌日行けたら笹山の方へ歩いて行ってみようかなどと考えながら、ウイスキーを飲み、この記録も暇だったのでそのときに書いてしまいました。というわけで、一先ずおやすみw

続きは伝付峠を越えて笹山へ―2日目 1 伝付峠〜奈良田越〜白剥山にて。

コースタイム

8:38新倉ヘリポート-9:09広河原-9:52峠10:06-10:39保利沢小屋10:46-11:17出合-12:25伝付峠12:59-13:04伝付峠テント場(1930m)



コース状況

  • 新倉ヘリポート~発電所~内河内川出合
    発電所までの林道は完璧に補修されています。発電所からしばらくは内河内川の隣の沢を詰めます。最初の堤体まで左岸を行き、堤体越えからは右岸です。
    その後内河内川に合流するため、目印に従って左岸の尾根を駆け上がりますが、これが物凄い急登で、至る所にロープがかけられています。鞍部までの標高差200mを登ります。一箇所脆いところでロープがかかっていない箇所があるので注意です。
    地図上の鞍部から内河内川までは標高差50m。こちらは然程急坂ではありません。
  • 内河内川出合~伝付峠
    ここは元のルートと同じです。沢を離れるまでは渓相を楽しみつつの登り。2度ほど渡渉します。増水時には注意。
    沢を離れてから伝付峠までは標高差500mの緩やかな登りです。伝付峠の水場は伝付峠からこちら側に5分ほど下ったところにあります。テント場もここに2張分あり。
関連記事

| 旅日記 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2506-335d88df

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT