めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

五竜岳 八方尾根・遠見尾根で日帰り周回

2013年6月23日(日)

梅雨時期の晴れ間を狙って五竜岳に登って来ました。ピストンは嫌いなので、登りは八方尾根、下りは遠見尾根で!ゴンドラの時間を考慮すると、時間は8時間もありません。対するコースタイムは12時間超。まぁ何とかなるでしょう。

八方ゴンドラは結構人がいました。

P1200741_l.jpg
リフト

八方池山荘はやや出遅れましたが、

P1200744_l.jpg
八方山

P1200749_l.jpg
八方池

唐松山荘まで順調に登って行き、唐松山荘までに今朝出発した登山者は全員抜かしてしまいました。

P1200752_l.jpg
八方池~唐松山荘

いい雰囲気です。

P1200757_l.jpg
八方池~唐松山荘

雪渓はあってもこんなもの。

P1200760_l.jpg
八方池~唐松山荘

すっきりとはガスが晴れませんが、ガスより上は快晴で、素晴らしい気分で歩いて行くことができました。

P1200761_l.jpg
八方池~唐松山荘

P1200766_l.jpg
丸山からの風景

結局唐松岳まで2時間。いいペースです。

P1200774_l.jpg
唐松山荘~唐松岳

P1200776_l.jpg
唐松山荘~唐松岳

P1200788_l.jpg
唐松岳にて

唐松岳ではギリギリ晴れていて展望がありました。

P1200778_l.jpg
唐松岳より不帰ノ嶮方面

P1200781_l.jpg
唐松沢

P1200782_l.jpg
五竜岳は雲の中

P1200786_l.jpg
毛勝三山?

さて、唐松山荘に引き返して五竜岳方面の縦走路へ。こちらはガスの中の縦走路でした。

P1200790_l.jpg
唐松山荘~大黒岳

そして縦走路では誰にも会いませんでした。

P1200792_l.jpg
唐松山荘~大黒岳

大黒岳までは鎖場など含むルートで、コースタイムの半分に縮めることができずやや焦りますが、

P1200795_l.jpg
大黒岳

この先五竜山荘まではコースタイムの3割程度でいけたので時間に余裕ができました。

P1200797_l.jpg
大黒岳~白岳

P1200804_l.jpg
大黒岳~白岳:下方向への展望はなくもない。

さて、五竜山荘に不要なものをデポしてガスガスの五竜岳に向かいます。

P1200807_l.jpg
五竜山荘~五竜岳

P1200809_l.jpg
五竜山荘~五竜岳

山頂まで出ると少しは晴れましたが、特別展望があるわけでもなく残念。

P1200810_l.jpg
五竜岳山頂は縦走路から少しズレたところにある

P1200814_l.jpg
八峰キレットへ向かう登山路

P1200819_l.jpg
鹿島槍ヶ岳は雲の中

P1200820_l.jpg
五竜岳にて

まぁこれだけすぐ登れるのならいつでも気軽に来れるので、よしとしましょう。下り時に五竜山荘近くでライチョウも見れたしね。

P1200824_l.jpg
五竜山荘付近で雷鳥

五竜山荘まで戻って来まして、ゴンドラ最終まで時間は2時間40分あります。対するコースタイムは4時間程度。やや余裕があるので、昼食にラーメンを食べることにしました。湯を沸かしている間五竜山荘のスタッフと話しましたが、この土日で五竜山荘に泊まった方は2名だけだったそうです。10名程度の予約があったそうですが、悪天候や白岳直下の雪渓などを見てみんなキャンセルしてしまったそうですね。

五竜山荘から先、トラバース道か白岳経由ルートかで一瞬迷いますが、トラバース道はガスガスで先が見えない上にピッケルを出さなければ危なそうなので、面倒だと思い止めておきました。実際止めてよかったです。白岳からの下りですらやや危険で、途中でアイゼンをつけるハメになりました。

P1200830_l.jpg
白岳からの下りは危険

P1200833_l.jpg
白岳の雪渓、ここを下ってきます

落ちたら谷底でした。

P1200837_l.jpg
白岳~西遠見山

途中この時期のみと思しき滝もかかっておりました。落差は40mくらい?

P1200839_l.jpg
雪渓から見える滝

五竜岳は本当はイケメンに見えるんだろうなぁなどと考えつつ下っていました。

P1200840_l.jpg
西遠見山付近より五竜岳

しかし、ここを通過すれば後はサクサクで、

P1200843_l.jpg
西遠見山より五竜岳、ここを下ってきたとは

時間にやや余裕を持った状態で地蔵の頭まで至ることができました。

P1200853_l.jpg
小遠見山の先で少し晴れましたが?

P1200857_l.jpg
地蔵の頭

ゴンドラにて下山後はタクシーを呼んで、登りで使ったゴンドラの下まで・・。高速バスの時間に間に合わない!と焦っている下山者2名(この方々も日帰りで八方尾根から周回してきたらしいが、唐松岳と五竜岳には登らなかったそう)と相乗りしたおかげでタクシー代は大分浮きました。因みに普通にとおみ駅から八方駅まで行くと2600円程度かかるようです。

下山後の温泉は八方温泉で。久々に日付が変わらないうちに家に帰ることができました。まぁ梅雨時期ならこの程度でも十分満足な登山です。ただ次は晴れてほしいなw

コースタイム

8:47八方池山荘-9:17八方池9:22-10:11丸山10:14-10:44唐松山荘10:48-10:57唐松岳11:07-11:12唐松山荘11:22-12:03最低鞍部-12:35五竜山荘12:46-13:21五竜岳13:31-13:51五竜山荘14:21-14:59西遠見山-15:46小遠見山-16:06地蔵の頭16:10-16:16アルプス平
歩行時間 6時間2分、行動時間 7時間29分
標準コースタイム 12時間5分



コース状況

  • 八方池山荘~唐松山荘
    八方尾根はまだ一部残雪ありますが、アイゼンは不要でしょう。不安なら軽アイゼンを携行しましょう。
  • 唐松岳~五竜岳
    稜線上は殆ど雪が残っていませんが、五竜岳直下の急登箇所に一部残っているので注意しましょう。アイゼンは不要です。
  • 五竜山荘~白岳~西遠見山
    白岳から西遠見山へ至る下り箇所は全面雪の急坂で、アイゼン必携です。軽アイゼンでは下りは危ない気がします。五竜山荘からのトラバース道を使いたいのであればピッケルも持っておきたいところです。
  • 西遠見山~地蔵の頭
    残雪多いですが、一箇所のトラバースを除いては危険箇所なし。アイゼンは不要でしょう。
関連記事

| 旅日記 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2502-b7865ac3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT