めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

笊ヶ岳 道なき道の偃松尾大黒尾根・ランカン尾根で日帰り周回―2 偃松尾大黒尾根

2013年6月9日(日)

笊ヶ岳 道なき道の偃松尾大黒尾根・ランカン尾根で日帰り周回―1 白石集落〜大黒山の続きです。

大黒山先から偃松尾(這松尾)へ続く尾根を見やる。

P1200619_l.jpg
偃松尾大黒尾根(這松尾大黒尾根)

大黒山までは比較的体力を消費せずに済みましたが、偃松尾大黒尾根は非常にキツかった。

P1200626_l.jpg
偃松尾大黒尾根

一部踏跡らしきものも残っていましたが、基本不明瞭で、大黒山までと比してスピードが落ちます。

P1200631_l.jpg
偃松尾大黒尾根

しかしながら、ここから時折姿を見せる笊ヶ岳の双耳峰が非常に素晴らしい。笊ヶ岳の最高展望所かと考えております。

P1200632_l.jpg
偃松尾大黒尾根からの笊ヶ岳の優美

それにしてもアップダウンが続き中々標高が稼げません。

P1200635_l.jpg
偃松尾大黒尾根

それなりの藪漕ぎを要し、大黒山までの標高差1600mの登りとの合わせ技で非常に疲れが出てきます。

P1200640_l.jpg
偃松尾大黒尾根

つまりは日帰りは無謀でしょうw

P1200642_l.jpg
偃松尾大黒尾根

2時間近くかけてようやく偃松尾直下のガレまで来ました。しかしながら、大黒山から2時間もかけて標高が全く変わっていないのがもう・・。珍しくバテバテでした。

P1200649_l.jpg
偃松尾直下のガレ

ここから300m登れば偃松尾ですが、偃松尾直下はその名の通りハイマツと石楠花の地獄でした。

その努力も偃松尾手前のピークまで来るとある程度は報われます。

P1200650_l.jpg
偃松尾手前のピークから赤石岳・悪沢岳・塩見岳、手前の尾根は峰山尾根でしょうか。

ここではハイマツの上に乗って展望します。

P1200652_l.jpg
偃松尾手前のピークから悪沢岳・塩見岳・遠く仙丈ヶ岳・間ノ岳・北岳

その先の偃松尾はどこが山頂かもよく分からない、ひたすらハイマツに覆われたピークだったので、ここを目指して来る人は中々いないでしょうね。縦走路からもピークはややズレています。

P1200663_l.jpg
偃松尾頂上

偃松尾まで来た時点で引き返すか先に進むかで迷います。取り敢えず、縦走路まで出て見ることにしましたが、これが罠でした。縦走路側は藪が酷く、一旦抜けたらもう戻る気にはなれませんでした。いやはや名前の通り恐ろしいハイマツの山です、偃松尾。

続きは笊ヶ岳 道なき道の偃松尾大黒尾根・ランカン尾根で日帰り周回―3 偃松尾山~笊ヶ岳にて。

コースタイム

5:45白石-6:15保川歩道終点吊橋6:20-6:34山の神(標高710m)-7:09作業場跡(標高950m)7:22-8:00標高1310m8:05-9:30大黒山(1990m)9:50-11:48這松尾直下11:53-13:00這松尾
歩行時間 6時間27分、行動時間 7時間15分



コース状況

  • 大黒山~這松尾
    踏跡はあるにはありますが、大黒山までと比較すると途端薄くなり、藪漕ぎも必要になってきます。地形図確認できるようにアップダウンが続くので中々標高が稼げず、精神的にも疲れる尾根です。這松尾直下はハイマツ・石楠花が非常に煩いです。
関連記事

| 旅日記 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2499-743f4681

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT