めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

甲斐駒ヶ岳 日向八丁尾根・黒戸尾根で日帰り周回―3 烏帽子岳~甲斐駒ヶ岳

2012年10月14日(日)

甲斐駒ヶ岳 日向八丁尾根・黒戸尾根で日帰り周回―2 大岩山~烏帽子岳の続きです。

烏帽子岳から歩を進めると、三ツ頭から女王様が正面にドーン!!!

P1180241_l.jpg
仙丈ヶ岳 三ツ頭より

向かう甲斐駒ヶ岳が光輝いています。

P1180243_l.jpg
三ツ頭~甲斐駒ヶ岳

P1180244_l.jpg
三ツ頭~鋸岳

しかし、ここまでで既に標高差2000m以上登っているので流石に少し疲れてきました。

P1180247_l.jpg
三ツ頭~甲斐駒ヶ岳

P1180248_l.jpg
六合岩室

甲斐駒ヶ岳への登りからは中央アルプス全山と・・

P1180260_l.jpg
中央アルプス

御嶽山の右後方には白山まで遠望できました。

P1180259_l.jpg
御嶽山と白山

登るにつれ、やや霞がかってきてしまいましたが、南アルプスの好展望に元気づけられながら何とか登って行きました。

P1180262_l.jpg
悪沢岳と塩見岳

この間本当にバテバテでした。

P1180263_l.jpg
北岳・間ノ岳

P1180264_l.jpg
日向山から左に伸びていく日向尾根

そんなわけで、六合岩室からの標高差400mちょっとに75分もかかって何とか山頂です。

P1180283_l.jpg
甲斐駒ヶ岳にて

大分曇ってきてしまいましたが、十分に展望を楽しむことができました。そういえば荒巻は何処に?w

P1180268_l.jpg
仙丈ヶ岳 甲斐駒ヶ岳より

前回甲斐駒ヶ岳に来たときは完全なガスでしたので、これが甲斐駒ヶ岳からの初展望ということになります。

P1180271_l.jpg
北岳・間ノ岳 甲斐駒ヶ岳より

北岳はこちらから見ても案外いいものですね。南東から見た姿が一番好きですが、更に南部から見ると間ノ岳のデカさに遮られてしまいます。間ノ岳はデカすぎ。

P1180270_l.jpg
北岳 甲斐駒ヶ岳より

P1180273_l.jpg
悪沢岳・荒川岳・塩見岳 甲斐駒ヶ岳より

P1180276_l.jpg
鳳凰山・富士山 甲斐駒ヶ岳より

それにしても南アルプスは一つ一つの山が大きい!やっぱり僕は南アルプスが好きです。

P1180281_l.jpg
紅葉の南アルプス

しかし、甲斐駒ヶ岳は直登コースより巻道コースのが危ないと思うのは僕だけですかね?

P1180278_l.jpg
甲斐駒ヶ岳巻き道コース

甲斐駒ヶ岳から鳳凰山へと続く早川尾根もいつか通ってみたいものです。

P1180282_l.jpg
早川尾根

さて、荒巻も見られないので、先に下ってしまったのだと考え、13時50分に黒戸尾根へと下山開始。

P1180290_l.jpg
黒戸尾根側からの甲斐駒ヶ岳

七丈小屋まで下り休憩していると、荒巻が現れました。

P1180291_l.jpg
七丈小屋

完全に先に行っていると思ったのですが、まさか後ろにいるとは思いませんでした。

P1180292_l.jpg
七丈小屋~刀利天狗

黒戸尾根の登りが精神的に辛かったと荒巻がいっていたのですが、その理由は下ってみて分かりました。これは七丈小屋で荒巻と合流していなかったら僕も下りでも精神的にキツかったでしょう。

P1180294_l.jpg
黒戸尾根からの富士山

結局下山は日没30分後となってしまいましたが、ヘッドライトを点灯せずに下山できてよかったです。これも目標の一つだったので。

甲斐駒ヶ岳 日向八丁尾根・黒戸尾根で日帰り周回 まとめ

そんなわけで、念願の廃道日向八丁尾根での甲斐駒ヶ岳日帰り登頂に成功しました。

研究が忙しく3時間睡眠しか取れずでの藪漕ぎ込みの標高差2500mのバリエーションルートは相当に厳しく、甲斐駒ヶ岳の最後の登りでややバテましたが、烏帽子岳山頂に到達したとき、甲斐駒ヶ岳山頂に到達したとき、駐車場まで降りてきたときには非常に大きな達成感が得られました。

南アルプスはこれからバリエーションルートをガンガン登って行こうと思っているので、その足がかりくらいにはなったかな?今でも大きな達成感を感じております。

コースタイム

5:00矢立石登山口-5:55日向山6:07-7:10駒岩7:20-8:14大岩山8:32-8:55大岩山のコル-9:37標高2301mピーク9:42-10:12烏帽子岳のコル10:22-11:13烏帽子岳11:38-11:48三ツ頭-12:12六合目小屋12:16-13:31甲斐駒ヶ岳13:50-14:42七丈第一小屋15:12-16:07刀利天狗-17:04分岐点-17:47尾白川渓谷駐車場
歩行時間 登り 7時間7分、下り 3時間27分、行動時間 12時間47分
標準コースタイム 登り 13時間半、下り 5時間40分(大岩山~烏帽子岳 再整備後の3時間半で計算)



コース状況

  • 矢立石登山口~日向山
    ハイキングコース。ナイトハイクでも迷うことはなし。
  • 日向山~大岩山
    確かに点線ルートではあると思う。やや分かりにくい箇所があるが、歩き慣れていれば道と分かるだろう。日向山の砂地の下りの先、日向山下山道と書いてあるところが鞍掛山へ向かう尾根への取り付きです。
  • 大岩山~烏帽子岳
    大岩山の下りは鎖、ロープ、梯子が整備されたが、その先はバリエーションルートのまま。かつての踏跡が半分以上残っているので利用できるところは利用しましょう。特に危険箇所はありませんが、稜線の藪が五月蝿いときは基本的に右側に降りて巻くこと。烏帽子岳への直登で一箇所両側が切り立っているところがありますが、ここも右を巻きます。
    下りで利用するときは烏帽子中尾根に入って行かないように、烏帽子岳から下り始めたらすぐに左の方に入っていってしまった方がいいと思います。
  • 烏帽子岳~三ツ頭
    登山地図には書いてありませんが、はっきりとした踏跡がついています。
  • 三ツ頭~甲斐駒ヶ岳
    点線ルート。確かに点線ルート。しかし日向八丁尾根をクリアした人には問題ないでしょう。危険箇所はありません。
  • 黒戸尾根
    何処が日本三大急登なのか全く分かりませんでした。むしろ南アルプスの中でも最大レベルのだらだらさではないでしょうか?だらだらし過ぎていて登りで使うと精神的にきつそうです。
関連記事

| 旅日記 | 13:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2488-eed14d37

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT