めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

甲斐駒ヶ岳 日向八丁尾根・黒戸尾根で日帰り周回―1 日向山~大岩山

2012年10月14日(日)

この日は廃道の日向八丁尾根での甲斐駒ヶ岳日帰りを目指しました。因みに荒巻と一緒に来ましたが、彼は廃道日帰りの自信がないということで黒戸尾根での甲斐駒ヶ岳を日帰りピストンすることとしました。

P1180071_l.jpg
日向山 矢立石登山口

日向山登山口を出発して30分ほどで富士山が現れます。

P1180073_l.jpg

日向山山頂まではハイキングコースなのでナイトハイクでも安全でしたね。

P1180096_l.jpg
日向山

日向山からは八ヶ岳の眺望が素晴らしいです。

P1180076_l.jpg
朝焼けの八ヶ岳 日向山から

さてこの先はどうなっているのでしょうか。

P1180094_l.jpg
アップダウンの連続に見えるが・・

取り敢えず、待ってろや甲斐駒。

P1180099_l.jpg
甲斐駒ヶ岳

黒戸尾根がよく見えますが、やはり長大な尾根ですね。

P1180102_l.jpg
甲斐駒ヶ岳~黒戸尾根

日向山から錦滝への下りは究極の砂地なので慎重に下ります。

P1180106_l.jpg
日向山~鞍掛山(錦滝へのコースと一部一致)

因みに日向山から錦滝への道は下山利用禁止となっています。大岩山方面へは巻道コースもあるようなのですが、ここは稜線コースを取って前方の岩場を行きました。

P1180107_l.jpg
前方の稜線へ突っ込む

日向山から鞍掛山を繋ぐ稜線は初め超痩せ尾根となっているので注意が必要です。

P1180110_l.jpg
日向山~鞍掛山

日向山を過ぎた途端に道が悪くなりましたね。ハイキングコースは卒業でしょうか。

P1180111_l.jpg
日向山~鞍掛山

あの砂地を下ってきたわけですね。

P1180115_l.jpg
日向山

コルからしばらく来ると、悪道から気持ちのいい尾根道へと変化していきます。

P1180116_l.jpg
日向山~鞍掛山

南側は割と落ちているので、展望ポイントもいくつかあります。

P1180123_l.jpg
富士山と鳳凰山

P1180125_l.jpg
富士山の圧倒的な存在感

甲斐駒ヶ岳の姿は西へ西へと進むにつれ、刻一刻と変化していきます。

P1180126_l.jpg
甲斐駒ヶ岳

鞍掛山分岐まで来ました。鞍掛山からの甲斐駒ヶ岳が絶品らしいので立ち寄ろうかと思っていたのですが、よく見ると鞍掛山まで50m下ってから100mも登るので止めておきました。

P1180129_l.jpg
鞍掛山分岐

甲斐駒ヶ岳山頂にたくさんの人が見られるような時間になってきました。

P1180132_l.jpg
甲斐駒ヶ岳

P1180133_l.jpg
甲斐駒ヶ岳山頂アップ

大岩山方面へと歩を進め、ついに姿を表した鋸岳と大岩山。大岩山も中々の紅葉ですね。

P1180136_l.jpg
鋸岳と大岩山

そんなわけで大岩山に到着しました。この時点ではまだ再整備は完了していませんが、烏帽子岳までのコースタイムが書かれていました。(※この翌年に整備が完了しました。)

P1180139_l.jpg
大岩山

ここで背後から迫り来る3人パーティー。まさか追いついてきたのか?と思ったら笹ノ沢を詰めて鬼ノ窓経由で来たとのことでした。今日はこのまま下山するよう。

さて、僕は八丁尾根を烏帽子岳へと向かいます。

続きは甲斐駒ヶ岳 日向八丁尾根・黒戸尾根で日帰り周回―2 大岩山~烏帽子岳にて。

コースタイム

5:00矢立石登山口-5:55日向山6:07-7:10駒岩7:20-8:14大岩山
歩行時間 2時間52分、行動時間 3時間14分(矢立石から大岩山まで)

関連記事

| 旅日記 | 13:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2486-a4d92406

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT