めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

鬼押出し園

2012年10月7日(日)

魔の山 草津白根山登頂の続きです。

草津白根山下山の後は浅間山麓の鬼押出し園へ。

P1170947_l.jpg

浅間山の噴火 天明3年(1783年)7月8日(旧暦)午前10時頃・・・
4月、鳴動が始まり、大地は鳴り響く。
その後、何度となく爆発、震動がおこる。
7月に入り噴火活動は最高潮に達した。
7日の夕方から激しい噴火となる。
7月8日、前夜の鳴動もますます激しくなり、
夜が明けても空一面黒煙に包まれ、夜のように暗かった。
そして午前10時頃・・・
浅間山が光ったと思った瞬間、真紅の火炎が数百メートルも天に吹き上がると共に大量の火砕流が山腹を猛スピードで下った。
山腹の土石は溶岩流により削りとられ土石なだれとして北へ流れ下った。鎌原村を直撃した土石なだれはその時間なんとたったの十数分の出来事だった。
家屋・人々・家畜などをのみこみながら土石なだれは吾妻川に落ちた。鎌原村の被害は死者477人、生存者は鎌原観音堂に逃げ延びた93人のみだった。
この噴火の際、最後に流出したのが鬼押溶岩流である。
〈嬬恋村誌上巻 自然界 浅間山のおいたち・浅間山噴火史より抜粋〉

P1170950_l.jpg

結論は行き場を失った観光客だらけでした。

P1170952_l.jpg

P1170953_l.jpg

まぁこんな日があってもいいでしょう。

P1170958_l.jpg

観光後は嬬恋のつつじの湯に寄ってから、翌日に備えて道の駅白馬へ行き、車中泊としました。

続きは快晴・紅葉の雨飾山 雨飾高原からピストンにて。

移動経路

6:00妙高SA-6:19信州中野IC6:58-7:50草津白根山11:40-12:35嬬恋三原13:19-13:32鬼押出し園14:44-15:30つつじの湯17:11-18:10篠ノ井20:00-21:00道の駅白馬

関連記事

| 旅日記 | 13:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2484-c24b5408

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT