めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

薬師沢〜雲ノ平〜水晶岳〜鷲羽岳〜三俣―北アルプス初テント泊縦走 3日目

五色ヶ原〜越中沢岳〜薬師岳―北アルプス初テント泊縦走 2日目の続きです。

2012年7月26日。

さて、この日は大変な日です!薬師峠から薬師沢へ下り、雲の平まで急坂の直登で登り返し、更に祖父岳まで登ります。その後祖父岳を下ってから再び登り返し、ワリモ北分岐から水晶岳をピストンしてきて、鷲羽岳を登り、三俣へ至ります。恐らくテン泊装備でこんなに歩く愚か者はいないでしょう。

早朝目覚めてみると何と快晴!水晶岳がヤバ過ぎる!これは俄然やる気も出てきます。

P1160231_l.jpg
薬師峠は快晴

まずは太郎平から薬師沢まで下ります。

P1160239_l.jpg
太郎平小屋

ここはひたすらの下りなのかと思っていたのですが、登りが結構混じっていて割と体力を消耗します。

P1160242_l.jpg
太郎平から薬師沢へ下降していきます。

薬師沢は素晴らしい。この素晴らしい沢を見ながら取り敢えず朝食です。因みに朝食の時間が遅いのは仕様です。

P1160244_l.jpg
一旦標高1900mまで落とすんですよー。

P1160250_l.jpg
薬師沢小屋

薬師沢から雲の平まではまずは標高差500mを直登で稼ぎます。これが辛過ぎる。いくらなんでも直登過ぎますw

直登が終わると木道が現れますが、それはすぐに途切れ、再びやや登って木道が現れたところで雲の平です。これは確かに楽園。標高2500m以上もあるところにこんな庭園があることが不思議。山頂でもないのに展望も素晴らしい!

P1160251_l.jpg
雲ノ平

P1160253_l.jpg
祖父岳を目指す

P1160254_l.jpg
翌日登る予定の黒部五郎岳

P1160258_l.jpg
笠ヶ岳

P1160259_l.jpg
水晶岳方面を目指して進んでいく

P1160260_l.jpg
薬師岳と剱岳に立山もよく晴れています。

雲の平からはしばらくは緩坂を登って行きますが、祖父岳直下まで来ると直登。

P1160263_l.jpg
ひたすらの木道。サクサクです。

P1160266_l.jpg
さて爺さんに向かって段々と急になる坂を登って行きましょう。祖父岳直下はほぼ直登です。

これが中々厳しいですが、登り切るとそこには素晴らしい展望が待っていました。薬師岳、水晶岳、黒部五郎岳、背後には槍・穂高連峰全山に笠ヶ岳が見えます。そしてここに来て漸く鷲羽岳が真の姿を現しました。

P1160271_l.jpg
祖父岳からの薬師岳:祖父岳は黒部源流域の神展望台

P1160272_l.jpg
祖父岳からの水晶岳

P1160274_l.jpg
祖父岳からの黒部五郎岳

P1160275_l.jpg
祖父岳からの槍・穂高連峰:北鎌尾根がヤバ過ぎ

P1160278_l.jpg
祖父岳から三俣蓮華岳と背後に笠ヶ岳

P1160279_l.jpg
鷲羽岳は確かに鷲が羽を広げたようとか言ってる登山者がいたけど、鷲羽岳って元々は三俣蓮華岳のことを指してたんじゃなかったっけ?

P1160282_l.jpg
水晶と薬師のコラボ

ここからがもうキツい!状態になってきました。まずはワリモ北分岐までの登り返し。もうダメだ!w

P1160285_l.jpg
遠く後立山連峰も見えています

水晶小屋直下の登りもキツい!特に肩が痛い!仕方ないので湿布を貼ったら、今度は焼けるように熱い!炎症を起こしている証でしょう。水晶小屋では昼食と炭酸で補給。水晶小屋に荷物をデポして水晶岳へ向かいました。

流石に軽い!軽やかに歩けて水晶小屋から20分ほどで水晶岳山頂でした。

P1160289_l.jpg
水晶小屋に荷物をデポして水晶岳を往復してきます。

水晶岳山頂からも大展望!特に野口五郎岳が印象的でした。いつか登ろう。赤牛岳の奥には劔岳・立山、また後立山連峰も微かに見えました。

P1160290_l.jpg
水晶岳から槍ヶ岳の北鎌尾根と大天井岳、常念岳

P1160298_l.jpg
水晶岳からワリモ岳、鷲羽岳

P1160299_l.jpg
水晶岳から黒部五郎岳

P1160300_l.jpg
野口五郎岳はこれを見て登りたくなった。この質感はイイネ!

P1160302_l.jpg
薬師岳はやはり偉大。

P1160305_l.jpg
水晶岳にて

水晶岳直下ではまたしても子連れの雷鳥さん。これで3日連続です!w

P1160307_l.jpg
雷鳥さん

ワリモ北分岐からはいよいよ正念場。

P1160311_l.jpg
ヘリ救助

ワリモ岳に登ってから一旦下り、鷲羽岳へ再び登り返しです。これは辛かった。

P1160315_l.jpg
ワリモ岳から見る水晶岳、野口五郎岳方面の山並み

P1160317_l.jpg
ワリモ岳から見る鷲羽岳

鷲羽岳山頂からは槍ヶ岳が間近。北鎌尾根が非常に印象的でした。

P1160322_l.jpg
鷲羽池と槍ヶ岳

P1160324_l.jpg
鷲羽岳から水晶岳と背後の立山の存在感

P1160320_l.jpg
鷲羽岳山頂にて

鷲羽岳山頂から三俣への大下りも案外キツい。というか荷物重いだろw でも三俣方面から見る鷲羽岳は中々イケメンでした。てか鷲羽岳下り終えた辺りから右に真っ直ぐ伸びている登山道らしきものは何?(→廃道の伊藤新道でした。)

P1160332_l.jpg
鷲羽岳は三俣から見るとイケメン

三俣では薬師岳山頂で出会ったおじさんに再会しました。この日はゆっくりするとか言ってたにも関わらず、結構歩いてるじゃないですか!w 僕のルートから水晶ピストンを除いたコース取り。これがゆっくりなのか。 因みに三俣のテント場で再びルートについて考えたところ、疲れた足で5日目に双六から大天井まで全ての荷物を背負ってキツかろうということになり、5日目は意外と印象的だった笠ヶ岳に登ってから新穂高に下山するルートを取ることに決めました。5泊6日の山行から4泊5日の山行に短縮です。

P1160336_l.jpg
夕陽に佇む槍・穂高連峰

続きは黒部五郎岳〜三俣蓮華岳〜双六―北アルプス初テント泊縦走 4日目にて。

コースタイム

5:18薬師峠-5:33太郎平小屋5:42-7:07薬師沢小屋7:55-9:48雲の平10:02-11:05祖父岳11:17-11:48ワリモ北分岐-12:16水晶小屋12:46-13:08水晶岳13:28-13:51水晶小屋13:56-14:20ワリモ北分岐-15:06鷲羽岳15:23-16:03三俣山荘
歩行時間 8時間10分、行動時間 10時間45分

関連記事

| 旅日記 | 15:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2463-62236442

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT