めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

北岳・間ノ岳 キタダケソウ観測

2012年6月30日。

※一部の写真はクリックで拡大します。

計画では白峰三山から白峰南嶺の笹山まで縦走の予定。しかし、7月1日は午後から天気が崩れそうなので白峰三山縦走しか無理かなという気はしていました。まぁそんな感じの登山計画。

自宅を23時ちょっと前に出て奈良田に着いたのは午前3時。外に出ていた方に挨拶をされましたが、どうやらこの方がricalojpさんだったようです。知らない方に向かって僕の強力なヘッドライトを照射するわけにも行かず、ろくに挨拶もできずすみませんw

暑かったり眩しかったりで何度か目を覚ましますが、午前7時40分に完全起床。朝食を済ませ、奈良田8時50分発のバスに乗って広河原へ向かいます。出発遅すぎですが仕方がないのです。6月30日までは休日だろうが8時50分が始発なんです。

P1150250.jpg

広河原に到着した時点では北岳山頂は見えていました。

P1150251.jpg

登山開始は10時17分。初めから膝が痛んでいて不安ですが、サクサクと急坂を登って行き、1時間半ちょっとで白根御池小屋。ここで昼食を済ませました。

P1150253.jpg

さて、白根御池からもまだまだ急登は続きます。

P1150255.jpg

でも草すべりの急坂は個人的には登りやすい。

P1150258.jpg

標高差も600mちょっとしかないのに、小太郎山分岐までコースタイム3時間の意味が正直分からない。

P1150261.jpg

1時間17分で尾根に出ました。

P1150262.jpg

尾根に出るとガスっている中、仙丈ヶ岳が見えました。

P1150266_l.jpg
仙丈ヶ岳

P1150271_l.jpg
小太郎山

その後北岳山頂までは快適な尾根歩き。

P1150267_l.jpg

森林限界を超えるといい感じです。

P1150273_l.jpg

P1150274_l.jpg

これはハクサンイチゲ。

P1150281.jpg

雲よ、何とか踏みとどまっていてくれ!

P1150283.jpg
北岳肩からの北岳

雲が山の東側で何とか踏みとどまってくれています。

P1150290_l.jpg

北岳山頂までは流石に膝を故障しているので昨年10月よりは圧倒的に遅いですが、それでも歩行時間4時間弱で山頂まで上がってくることができました。

P1150298_l.jpg

P1150300_l.jpg

山頂付近にはライチョウが何羽かおりました。登山道外の謎のピーク辺りでライチョウの動画を撮っていたためか、「あの赤い人のいるところにライチョウがいるっぽいぞ。」、「ライチョウ何処にいるんですか?」などと言われ、何人かの方にライチョウの案内をすることになりまして、中々面白かったです。

P1150310.jpg

それと今回初めてライチョウの飛ぶ姿を見ることができました。鳴き声に気づき目をやった瞬間こっちに飛んできてくれたんですよねー。あれは動画に収めたかったw

P1150313.jpg

山頂からは仙丈ヶ岳のみが見え、他は雲の中に消えていました。その後北岳自体も雲の中に突入。何も見えなくなったのでした。

P1150331.jpg

さて、不安の下りに入ります。北岳山頂直下の危険箇所らしいところは鋭敏な痛みなしに下ることができました。

キタダケソウは吊尾根分岐のところを少し下っていったところにあるお花畑にたくさん咲いています。ただし、ハクサンイチゲもたくさん咲いているので注意w 葉っぱで見分けるのが一番分かりやすいと思いますが・・、そうまでして見分ける必要があるのかは不明。よく見ると他の部分でも分かると思います。

P1150340.jpg

北岳山荘に着く頃には早くも右膝が逝ってしまいました。これは果たして明日の大門沢の下降に耐えられるのでしょうか。

P1150346_l.jpg

P1150350.jpg

山荘で夕食を食べ終わった後外に出てみると、先ほどよりは若干晴れていて、遠くの高山 富士山、中央アルプスなどが見えました。

P1150351_l.jpg

そして何よりこちら側から見る北岳がかっこよすぎて死にました。

P1150380_l.jpg

また、明日日の出前に歩く間ノ岳までの稜線も目に焼き付けておきました。


2012年7月1日。

P1150371_l.jpg

翌日は午前3時に起床。外はガスガスでしたので間ノ岳で御来光などという計画は止めて北岳山荘は4時10分に出ました。間ノ岳山頂には5時25分に到着。この時点ではまだ誰も登ってきていないようでしたが、すぐに一人の登山者が登ってこられました。

P1150394.jpg

そのまま農鳥岳まで縦走するのか聞いてみると、「その予定だったけど、農鳥岳~大門沢下降点までの尾根に雪渓が残っていて道が不明瞭らしいから間ノ岳で止めておくことにした。そっちに向かった人も大体は引き返してきてると聞いた。」と言われ、僕らも進むか引き返すか迷っていましたが、この話を聞いて引き返すことにしました。そもそもこの膝では農鳥岳から奈良田までの下りは不安でしたしね・・。

さて、ここからが大変。北岳山荘に戻った後、朝食を済ませ、まずは北岳に登り返します。北岳山頂は8時35分に出発。広河原発奈良田行のバスは11時10分と14時にあります。11時10分に間に合うか間に合わないか微妙なのが嫌な感じ。 そして下山しているうちに雨がパラつき始め・・。そんなことよりずっと右膝の痛みとの戦いでした。草すべりは滑るように下れたのであまり痛まずに済みましたが、白根御池からの下りはただの苦痛でした。左足3:右足1くらいの負荷で下りましたが、それでも痛い。というかバスの時間にギリギリで間に合いそうなのが逆に辛いw これで間に合わなかったら泣きますよ?w

バスには何とか間に合いました。下山2時間半かかりませんでした。自分でも右膝が逝ってるとは思えません。

下山後の温泉は当然の奈良田温泉。確かに評判通りのいいお湯でした。右膝の痛みも今日の分だけは治ったかな?w

コースタイム

6月30日
10:17広河原山荘-11:53白根御池12:33-13:50小太郎山分岐13:55-14:19北岳肩-14:57北岳15:37-15:48吊尾根分岐16:08-16:27北岳山荘
歩行時間 4時間35分、行動時間 6時間10分
7月1日
4:10北岳山荘-4:33中白根山4:38-5:25間ノ岳5:44-6:37北岳山荘7:35-8:25北岳8:35-8:55北岳肩-9:10小太郎山分岐-9:55白根御池10:00-11:02広河原山荘
歩行時間 5時間15分、行動時間 6時間52分



地図/標高グラフ

コース状況

  • 広河原~白根御池
    完全に夏道です。全く問題ありません。
  • 白根御池~北岳肩
    草すべりの出だしに200mくらい雪渓が残っていますが、緩斜面なのでアイゼンは不要です。また小太郎山分岐にも若干雪が残っていますが、こちらもアイゼンなしで全く問題ありません。
  • 北岳肩~北岳~北岳山荘~間ノ岳
    北岳から北岳山荘への下りで数m雪が残っているところを除けば、稜線上の登山道に雪は残っていません。北岳山荘の周りには雪がたまっています。トラバース道は通行止めです。
  • 二俣~八本歯のコル
    こちら歩いていませんが、この日滑落事故があったようです。血だらけでヘリで運ばれていったとか・・。このコースを行かれる場合必ずアイゼン・ピッケルを携行しましょう。
  • 間ノ岳以南
    農鳥岳~大門沢下降点は雪渓が残っていて道が不明瞭になっているとの話を聞きました。行かれる方は要確認です。
関連記事

| 旅日記 | 20:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2443-36e89fa1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT