めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

赤岩滝

2012年6月27日。

※一部の写真はクリックで拡大します。

男体山を下山して午後は日光にある秘瀑の一つ赤岩滝へ向かいます。日光には日光三名瀑と奥日光三名瀑以外にも隠れた名瀑がたくさんあります。雲竜瀑もそうですが、この赤岩滝も公称落差100mの巨瀑であります。その他にも日光には落差60mの双瀑や落差200m近くにもなる段瀑が眠っていたりしますが、それはまた訪れたときに話すということで。

P1150176.jpg
赤沼駐車場近く、西ノ湖へ向かう林道のゲート

赤岩滝に向かうには通常は赤沼駐車場から出ている低公害バスに乗って西ノ湖バス停で降りた後、柳沢林道を3kmほど歩くことになります。僕は今回西ノ湖バス停まで自転車でアプローチしましたが、これは帰りの弓張峠までの登りが大変なのであまりオススメはできませんw

P1150177.jpg

P1150179.jpg
小田代原

柳沢林道は思ったよりもいい林道でして崩壊は殆ど進んでいませんでした。

P1150183.jpg
西ノ湖へ向かう林道との分岐 唯一の標識「赤岩滝 4.3K」

一箇所軽く崩落している箇所と大量に落石している箇所がありましたが、歩くには全く問題はありません。

P1150185.jpg

柳沢林道を終点まで3kmほど歩いた後は柳沢川を渡渉後、右岸に設けられた遊歩道らしきものを進んでいきます。

P1150188.jpg
ここを渡渉して右岸へ

ケルンも大量に設置されており、安心感満載です。この整備具合には驚きました。

P1150189.jpg

P1150191.jpg

赤岩滝の落ちる支流に入った後は若干険しくなりますが、10分程度で終わりますし、一般の登山道レベルなので大したことはないでしょう。

P1150192.jpg

前衛滝を越えて左に折れると突然赤岩滝が姿を現します。

P1150193.jpg
前衛滝

赤岩滝の公称落差100mは正直全く信じていなかったのですが、実際目の当たりにしてこれが誇張ではないことが分かりました。私見でも落差80mはあるように感じられ、水量も文句なし、上部の滝壁も素晴らしいと来たら、これは私的百名瀑の候補に加えざるを得ないでしょう。

P1150211_l.jpg

赤岩滝は上部まで登っていけそうですが、膝の調子も見て3段目の上まででやめておきました。3段目下から見る赤岩滝が一番素晴らしいと思います。

P1150220_l.jpg

まぁ何にせよ。いい滝でした。山もいいけど、やっぱり滝もいいねと思った本日の山行でした。

P1150242.jpg

コースタイム

13:05三本松-13:36西ノ湖バス停13:44-14:23柳沢林道終点14:30-14:54赤岩滝15:28-15:47柳沢林道終点-16:20西ノ湖バス停16:29-17:07三本松



地図/標高グラフ

コース状況

  • 三本松~赤沼駐車場~西ノ湖バス停
    西ノ湖バス停までの林道はマイカー規制がかかっていますので、低公害バスしか入れません。自転車は入れます。
  • 西ノ湖バス停~柳沢林道終点
    ジープなら入っていけそうな林道です。あまり崩壊しておらず、危険箇所はありませんでした。
  • 柳沢林道終点~赤岩滝
    滝まで遊歩道みたいのが続いていて拍子抜け。ケルンが大量にあります。林道終点で柳沢川を渡渉しますが、ここを飛び石で行くのは難しいかもしれません。僕は飛び石して行きましたが、素直に靴を脱いだ方がいいと思います。
    その後も赤岩滝近くで3度ほど渡渉しますが、ここは濡れることはないでしょう。
関連記事

| 旅日記 | 15:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2442-a4111707

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT