めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

裏日光の秘瀑 野門沢布引滝

2013年5月19日(日)。

※一部の写真はクリックで拡大します。

この日は晴れそうにはないので久しぶりに滝に行ってくることに。女峰山系の野門沢か三沢で迷いましたが、前日研究が長引き終電となり、出発も遅くなってしまったので、往復4時間程度で行ってこれそうな野門沢の布引滝に行ってくることとしました。

自宅は9時に出発。林道ゲート前に12時前到着。行きは霧降高原、大笹牧場経由で行きましたが、ここが濃霧で全く前が見えず、中々大変でした。

林道ゲート先から車が一台来て、ゲートを簡単に外して行くので、僕も行けるところまで車で行こうかなどと思いましたが、結局終点までの標高差350mを歩くこととしました。

快適に舗装された林道をテクテク。

P1200327.jpg

登りはショートカットコースを行ってみましたが、よほど荒れた道に慣れていない限りは林道を行った方が速いし、楽でしょう。

P1200329.jpg

こんなところを登っていけば距離でいえば500m程度ショートカットできますが疲れます。

P1200330.jpg

最後まで快適に舗装された林道が続く。

P1200332.jpg

布引滝の展望台が林道にありますが、濃霧で何も見えません。これは滝つぼまで行っても上まで見えるかどうか不安です。

P1200334.jpg

布引滝遊歩道入口は富士見峠へ向かう登山道を兼ねています。カラーの立派な看板は最近つけられたものですが、遊歩道は古いままでした。

P1200340.jpg

濃霧の中登っていく。途中一箇所倒木で大きく道が塞がれている箇所がありました。

P1200344.jpg

右は富士見峠へ向かう登山道。左に少し行ったところから下り始めますが、ここから本来は女峰山とともに布引滝の全景が見られます。

P1200347.jpg

全体的にやや崩れていて最初の急坂の階段は左に傾いている。正直ここは階段がない方が下りやすい。

P1200349.jpg

急坂が終了してしばらくすると支流にぶつかる。ここの水はそれなりに美味しい。

P1200355.jpg

以後も雰囲気のいい森の中、完全に森に溶け込んだ遊歩道を進んでいく。

P1200358.jpg

こういう景観を損なうことのない遊歩道なら文句ないですね。

P1200359.jpg

野門沢の音が聞こえてくるまでは明瞭な遊歩道が続きます。正直こんなに立派な遊歩道が続いているとは思っていませんでした。

P1200361.jpg

沢合流地点付近は岩の上を行きます。道としては不明瞭となりますが、赤テープが多数つけられているので大丈夫でしょう。

P1200364.jpg

沢に降り立ったところから布引滝が見られます。ここからは道はありません。

P1200368.jpg

左岸をちょっと詰めると布引滝の前衛滝。流石に直登は無理なので左岸を巻いていきます。

P1200377.jpg

巻き中。この巻きは懸念事項だったのですが、案外サクサクでした。

P1200379.jpg

さぁ布引滝はすぐそこだ。ここまで沢に降り立ってから15分程度でした。

P1200380.jpg

日光の秘瀑 野門沢の布引滝です。女峰山の裏側にかかっており、公称落差は120m。実際80mはあるでしょう。三段の滝です。

P1200381_l.jpg

素晴らしい空間です。こんな滝がいくつも隠れている日光はやはりヤバい。

P1200391_l.jpg

そんなわけで取り敢えずの一枚。今回はちゃんと三脚を持って来ましたが、セルフタイマー10秒では移動が大変でした。

P1200407.jpg

裏側に回れそうなので、ちょっと回ってみます。

P1200411.jpg

これはいい!

P1200414.jpg

この滝は氷爆が有名ですが、それ以外の時期でもこんなに迫力のある滝だとは思っていませんでした。

P1200422.jpg

上段2段も迫力満点。

P1200434.jpg

そんな感じで1時間は過ごしました。

P1200441_l.jpg

帰りには霧もやや晴れ、分岐点から布引滝の全景が望めました。

P1200458.jpg

女峰山の裏を非常に雄大に流れ落ちています。

P1200466_l.jpg

因みに野門沢遡行で女峰山に登ることも可能でして、いつか試すことになりますかね。

最後の林道は車まで後3分くらいのところでポツポツと雨が降ってきたので危ないところでしたが、何とかなりました。

下山後は途中の県道沿いにかかる蛇王の滝を見てから、すぐ近くにある四季の湯に入りました。露天しかないですが、いい湯でした。その場で沸いた豊富な湯(48度)をそのままかけ流しているようです。

P1200478.jpg

コースタイム

12:07ゲート-12:51布引の滝入口12:56-13:08分岐-13:56布引滝14:53-15:46分岐15:54-16:01布引の滝入口-16:41ゲート
歩行時間 往路1時間44分、復路1時間40分



地図/標高グラフ

コース状況

  • 林道ゲート~終点(遊歩道入口)
    素晴らしい舗装整備具合。ゲートなければ車高の低い車でも余裕で通れます。というかゲートが5秒くらいで外せ(ry
    ショートカットコースもいくつかありますが、通っても殆ど短縮になりませんのでここでは教えません。
  • 林道終点~分岐~野門沢
    野門沢方面への分岐までは富士見峠へ向かう道を行き、標高1600mまで100m登ります。分岐後も沢近くまでは古いですが、非常に明瞭な遊歩道がついています。一部軽く崩壊してたりしますが、問題はないでしょう。沢に近づくと岩の上を行く道に変わり道としては不明瞭になりますが、沢まで赤テープが多数つけられています。沢にはロープを利用して降りられるようになってますが、なくても問題ないでしょう。
  • 野門沢~布引滝
    一転して道が消滅しますが、左岸を適当に歩いていけば前衛滝まで至るのは容易いでしょう。ただし、浮石多いので注意。前衛滝は左岸を巻きますが、少し手前から見上げると上の方(5mくらい上)にロープがかけられているのが分かるのでそこまで登ります。そこからは巻き上がりの最高地点付近までロープがかけられているので、それを補助的に使いつつ登って行きます。少し古いので全体重をかけるのはやめた方がいいと思います。ロープがなくなってからはそれほど危険もなくほぼ平行に布引滝つぼまで至れます。
関連記事

| 旅日記 | 01:40 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/12/27 14:42 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2435-5ead0b77

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT