めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

快晴・新雪の鹿島槍ヶ岳 2日目

快晴・新雪の鹿島槍ヶ岳 1日目の続きです。

2013年4月29日(月)

※殆ど全ての写真がクリックで拡大します。

午前5時。御来光です。この日も朝から清々しい気分。

P1190921kashimayarigatake_l.jpg

モルゲンロートの鹿島槍ヶ岳。素晴らしい・・。

P1190922kashimayarigatake_l.jpg

感極まる登山者たち。これを見逃す手はないでしょう。

P1190927kashimayarigatake_l.jpg

しかし、朝食を食べて外に出ると、明け方とは打って変わってどんよりとした空気に。

P1190940kashimayarigatake_l.jpg

太陽が隠れてしまって寒い。強風で巻き上がる雪煙が痛い痛い。やや厳しい中鹿島槍ヶ岳を登ることとなりましたが、何とか山頂へ。冷池山荘の宿泊客は結構いたように感じられましたが、結局この日鹿島槍ヶ岳に登ったのは20人くらいだったでしょうか。

P1190954kashimayarigatake_l.jpg

ガスってしまってあまり先までは見通せませんでしたが、辛うじて八峰キレットと五竜岳は見られました。ここも歩いてみたいな。

P1190958kashimayarigatake_l.jpg

しかし冷池山荘まで戻ってくると何と全てが晴れました!ああ何ということでしょう!といった感じですが、折角晴れたので劔岳を拡大してみるとします。

P1190972kashimayarigatake_l.jpg

三ノ窓、小窓辺りの稜線がひときわ目を引く。

P1190974kashimayarigatake_l.jpg

さて、下山開始と行きますが、ホントいいところだなぁ。あの沢まで降りたい気持ちに駆られましたw

P1200002kashimayarigatake_l.jpg

みるみるうちに離れていきます。まぁここはこれから何度も訪れることになるでしょう。こんなGWを再びまた迎えることができるかは分かりませんが。

P1200011kashimayarigatake_l.jpg

ホントさっきまでのどんよりとした雰囲気はなんだったんでしょうかw

P1200019kashimayarigatake_l.jpg

爺ヶ岳からも下山し始めまして、これは岩小屋沢岳でしょうか。南尾根から見ると非常な名峰に見えます。

P1200053kashimayarigatake_l.jpg

柏原新道まで戻ってくると何と雪が殆ど融けてしまっていました。この時期だと20cm積もっても1日もあれば融けてしまうんですねぇ。この辺雪があったりなかったりで非常に下りにくかったです。

P1200055kashimayarigatake.jpg

大町温泉郷から先ほどまでいた爺ヶ岳〜鹿島槍ヶ岳の稜線が見えました。ほんの3時間前まではあの稜線の上にいたのですから信じられません。

P1200062kashimayarigatake.jpg

まとめ

両日とも早朝除き概ね快晴で、爺ヶ岳の稜線の向こうに剱岳が突然ヒョコッと姿を現したとき、爺ヶ岳南尾根を登り切った瞬間に鹿島槍ヶ岳がドーンと姿を現したとき、強風の中鹿島槍ヶ岳に登り切りその向こうに更に続く険しい稜線を目の当たりにしたときには特に感動しました!直前の新雪(多いところで1m?)のおかげで、GWなのに積雪期ばりの景色が拝めたのも大きいでしょうか。

雪上でのテント泊は初の試みでしたが、ブラックダイヤモンドのファーストライトテント(シングルウォール)でやや結氷したものの十分快適に過ごすことができました。結氷したのは換気が悪かったからなだけのようなので、うまく使えばこのシングルウォールのテントでも殆ど結露はしなそうです。

そんなわけで、新雪とその後の快晴に感謝。こんないい2日間に鹿島槍ヶ岳に登れてよかったです!

コースタイム

7:09冷池山荘-8:55鹿島槍ヶ岳9:15-10:03冷池山荘11:28-13:16爺ヶ岳13:33-15:46扇沢
歩行時間 6時間35分、行動時間 8時間37分

関連記事

| 旅日記 | 16:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2432-171f138f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT