めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

快晴・新雪の鹿島槍ヶ岳 1日目

2013年4月28日(日)

※殆どの写真はクリックで拡大します。

GW前半は新雪直後の鹿島槍ヶ岳へ。

柏原新道のこれは全部前日の新雪です。この辺りでも20cmくらいは積もっているでしょうか?

P1190806kashimayarigatake.jpg

残雪期の爺ヶ岳は標高1630m辺りから柏原新道を外れて南尾根を直登します。

P1190807kashimayarigatake.jpg

南尾根は標高2200m辺りまで来てもまだ爺ヶ岳が見えない。

P1190818kashimayarigatake.jpg

標高2300mまで来て漸く登るべき山が確認できます。標高差1000mを駆け上がらないと自分の登っている山すら確認できないとは中々厳しいルートです。

P1190825kashimayarigatake_l.jpg

岩と雪の殿堂「剱岳」きたあああああああ!!!!

P1190849kashimayarigatake_l.jpg

更に爺ヶ岳山頂に立つと、突然鹿島槍ヶ岳がドーンと姿を現しました。いやー文句なしの百名山ですわ。

P1190866kashimayarigatake_l.jpg

背後を見やると針ノ木岳と左には槍穂、右には薬師岳が。

P1190859kashimayarigatake_l.jpg

GWなのに積雪期ばりの風景に感じられます。毛勝三山はまだちょっとガスっていますね。

P1190860kashimayarigatake_l.jpg

そんなわけで爺ヶ岳山頂で一枚。

P1190862kashimayarigatake_l.jpg

剱岳は確かに白馬岳側からよりも鹿島槍ヶ岳側からの方が映える。

P1190870kashimayarigatake_l.jpg

立山は今日は滑っている人がたくさんいそう。

P1190871kashimayarigatake_l.jpg

薬師岳も厳冬期の趣き。非常に大きな山体を形成しています。

P1190872kashimayarigatake_l.jpg

穂高に槍ですが、なんじゃこりゃ。槍ヶ岳こっちから見たことなかったけど、ヤバ過ぎるw やはり槍ヶ岳は北鎌尾根から登ってこそでしょうか、と感じました。

P1190874kashimayarigatake_l.jpg

さて冷池山荘へと向かいます。

P1190882kashimayarigatake_l.jpg

立山に劔岳を常に横に見ながらの稜線歩き。この景色がこんな手軽に楽しめてしまっていいのでしょうか。新雪万歳です。

P1190884kashimayarigatake_l.jpg

これは本当に残雪期?マシュマロか!

P1190889kashimayarigatake_l.jpg

爺ヶ岳から針ノ木岳方面の稜線も歩きたかったけど今回はお預け。

P1190892kashimayarigatake_l.jpg

平和すぎます。

P1190894kashimayarigatake_l.jpg

こっからの鹿島槍ヶ岳が一番好きです。

P1190900kashimayarigatake_l.jpg

さて冷池山荘に着きまして、初の雪上テント泊。適当に整地して張ります。

P1190909kashimayarigatake.jpg

そして夕陽に染まる爺ヶ岳。何だこの贅沢なテン場は。

P1190910kashimayarigatake_l.jpg

快晴・新雪の鹿島槍ヶ岳 2日目に続く。

コースタイム

8:28扇沢-12:40爺ヶ岳南峰13:19-14:32冷池山荘
歩行時間 5時間25分、行動時間 6時間4分

関連記事

| 旅日記 | 10:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2431-af156207

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT