めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

快晴の鳳凰三山 厳冬期の南アルプスを堪能!

2013年2月3日。

※殆ど全ての写真がクリックで拡大します。

さてさて、この日は氷爆を見ようかなーなんて考えていましたが、一緒に行こうかと考えていた友人がキャンセル。急に一人になって何処に行こうかと迷いますが、せっかくの快晴となりそうなのでこの時期の南アの様子を見に鳳凰三山へ行くことにしました!この日は新調した冬靴のテストも兼ねていました。

P1190064hohohsan.jpg
LA SPORTIVA Nepal EVO GTX

連日遅くまでの研究で疲れが溜まっていたので寝坊して自宅を出たのは5時半。登山口に着いたのは8時40分。そんなわけで結局登山口を出発したのは9時10分となってしまいましたw 普通は中止するところでしょうね・・。ただ計算上観音岳までは行ける気がしたので15時を目処に引き返すことにして、行けるところまで行ってくることにしました。

登り始めると初めから全面凍結で困ります。いちいち気にしながら歩くのは嫌なので、ここでアイゼンを装着してしまうことにしました。調子は良好。靴は紐が何か緩んでますw 普通にリボン結びするだけじゃダメなようなので、リボン結びの上から固結びすることにしました。その後は靴も良好。

P1190073hohohsan.jpg
夜叉神峠登山口~夜叉神峠

夜叉神峠からの白峰三山を見て気分が高まります。

P1190066hohohsan.jpg
白峰三山 夜叉神峠より

ここからはズンズンと進んでいけました。しかし、暑すぎたので森林限界突破するまで防寒着も着ないで薄着で歩いていたせいか、出発が遅かったせいかは分かりませんが、すれ違う多くの人に挨拶をスルーされて悲しくなりますw

P1190073hohohsan_20130224160347.jpg
夜叉神峠~杖立峠

途中杖立峠辺りからアイゼンが不要な感じが出てきたので山火事跡で休憩がてらアイゼンを外します。

P1190074hohohsan.jpg
山火事跡

山火事跡からは西側の眺望抜群!白峰三山はいつかこの時期に登りたいものですね!

P1190075hohohsan.jpg
白峰三山 山火事跡より

悪沢岳と上河内岳も顔を覗かせています。

その後は更にサクサク。ただ靴ずれか何かで両足の踵が痛みます。まぁでも何とか南御室小屋に12時半前に到着することができました。この調子ならトレース次第ではありますが、観音岳に14時半には到着できそうです。

南御室小屋からもトレースがはっきりしていてサクサク進んで行けます。流石に時折結構埋まることもありますが、このトレースには感謝!結局森林限界突破するまで1時間かかりませんでした!

森林限界突破の砂払岳からは超展望が得られ、ここからはもう疲れも感じずに歩いていくことができました。そういえば今回も一応スノーシューを持ってきていたのですが、結局また重荷になっただけで終わりましたねw 今度から迷ったときはワカンを持ってくることにしましょうか。

P1190090hohohsan.jpg
薬師岳にて

薬師岳からは遥かなる厳冬期の南アルプス・・。素晴らしいの一言。

P1190097hohohsan.jpg
南アルプス主峰 薬師岳より

雲海に浮かぶ富士山も素晴らしい。

P1190099hohohsan.jpg
雲海に浮かぶ富士 薬師岳より

さて、北側の大展望を求めて最高峰の観音岳を目指しましょう。

P1190108hohohsan.jpg
観音岳 薬師岳より

途中からは八ヶ岳連峰がよく見えました。

P1190101hohohsan.jpg
八ヶ岳連峰 薬師岳~観音岳より

観音岳には予定通り14時半前に到着。30分ほど展望を楽しみました。周囲はほぼ全域に渡って快晴で大体何から何まで見えましたね。甲斐駒ヶ岳の背後に北アルプスの銀世界、正面には厳冬期の白峰三山、後ろを向くと今日も賑わっていそうな八ヶ岳連峰・・。

P1190113hohohsan.jpg
甲斐駒ヶ岳と背後に北アルプスの大展望

P1190115hohohsan.jpg
出発が遅くなったせいで地蔵岳までは行けませんでした!トレース見えますね。

P1190116hohohsan.jpg
甲斐駒はやはり雪付きがよろしくない。そのうち黒戸尾根で登ろうかな。

P1190117hohohsan.jpg
アサヨ峰かな?こちらから見るとあまり特徴がありませんね。

P1190118hohohsan.jpg
乗鞍岳ですかね。真っ白です。

P1190120hohohsan.jpg
北アルプスは全山真っ白。南アとは大分様相が異なります。

P1190121hohohsan.jpg
後立山連峰は完全な銀世界。

P1190123hohohsan.jpg
劔岳とか立山とか?手前の連嶺がちょっと邪魔ですねw

P1190124hohohsan.jpg
こちらは槍ヶ岳とか。

P1190127hohohsan.jpg
懐の広い仙丈ヶ岳。今日は誰か登ってそうですね。

P1190129hohohsan.jpg
北岳・仙丈ヶ岳と背後には中央アルプス。

P1190132hohohsan.jpg
北岳ぱねええええええええ!!!!!!!

P1190133hohohsan.jpg
白峰三山はやっぱりこっち側からだよね。

P1190134hohohsan.jpg
間ノ岳はデカい。ここに厳冬期に入るのはかなり厳しそうだ。

P1190135hohohsan.jpg
初冬に登った農鳥岳。大分白さが増しています。

P1190138hohohsan.jpg
悪沢岳は真っ白ですね。一体いつになったら登れるのやら。

P1190141hohohsan.jpg
観音岳から見る薬師岳と富士山は絵になりますね。

P1190143hohohsan.jpg
この日は金峰山からは北ア・中央ア・南アの超展望が得られそう。

P1190151hohohsan.jpg
これは頸城山塊??

しかし名残惜しいですが、タイムリミットが近づいているので下山を開始します。すると薬師岳からこんな時間に観音岳へ向かわれる二人組が・・。まさかの日帰りとのことでした。まぁ鳳凰三山であれば、慣れていれば南御室小屋まで日没前に戻れれば大丈夫でしょう。

P1190156hohohsan.jpg
この方たちはこれから観音岳へ向かわれるそう。

下山は予定より早い18時半前。下山後の温泉は天恵泉を利用しました。両足の踵は・・、皮が剥がれて若干炎症を起こしていましたね。

快晴微風、登山道の状態も良好のこの日に観音岳まで行くことができて本当によかったです!超展望でこれまでの疲れも完全に吹っ飛びました!山に感謝です!

コースタイム

9:10夜叉神峠登山口-9:57夜叉神峠10:02-10:57杖立峠-11:28山火事跡11:38-12:08苺平-12:28南御室小屋12:35-13:34薬師岳小屋13:39-13:48薬師岳14:03-14:28観音岳14:52-15:13薬師岳-15:55南御室小屋16:05-16:29苺平-16:44山火事跡16:49-17:12杖立峠-17:53夜叉神峠18:01-18:27夜叉神峠登山口
歩行時間 7時間48分、行動時間 9時間17分


関連記事



2013年2月3日(日)

快晴

アクセス

夜叉神峠登山口:芦安から夜叉神峠まで凍結箇所あり。冬用タイヤ必要です。

地図/標高グラフ

コース状況

  • 夜叉神峠登山口~夜叉神峠~杖立峠
    凍結箇所多々あり。アイゼンあった方が安全かと思います。ただ次の水曜の雪でまた状況も変わるでしょう。
  • 杖立峠~苺平~南御室小屋
    アイゼン不要。トレースに沿っていけば埋まることはない。外しても膝程度。
  • 南御室小屋~砂払岳
    トレース外すと肩まで埋まるところもあり。ただトレースが割としっかりしていたのであまり埋まらずに行けました。アイゼン不要。
  • 砂払岳~薬師岳~観音岳
    稜線は風で雪が飛ばされているところが多いです。
関連記事

| 旅日記 | 18:56 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2013/03/28 19:44 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2422-cd7c5ee2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT