めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

鷹ノ巣山 雪の石尾根、ハイパーラッセルの稲村岩尾根

2013年1月19日。

※一部の写真はクリックで拡大します。

この日は何と2ヶ月ぶりの山行!山に行かなすぎて右足が痛み出していましたよw

この日はこの前の大雪でたっぷり雪も積もっただろうと思われる雲取山を奥多摩駅から日帰りで石尾根で目指すという無謀な計画。計画段階で絶対無理だろうなと思っていましたw

P1180991takanosuyama.jpg
石尾根登山口へ向かいます

勿論登山口から積雪がありました。トレースはないと思っていましたがありましたね。

P1180996takanosuyama.jpg
石尾根登山口〜三ノ木戸山

しかし、この程度のトレースだとあまり助けにはならず、結構足を取られます。この時点で雲取山は諦め、七ツ石山まで行って鴨沢に下山することにしましたw

P1180997takanosuyama.jpg
石尾根登山口〜三ノ木戸山

と、ここでまさかの先行者発見!あちらもかなり驚かれていました。

P1180998takanosuyama.jpg
石尾根登山口〜三ノ木戸山間で先行者発見

このおじさんと三ノ木戸山と六ツ石山で長々と話し込んでしまってからはのんびりする気になってしまい、鷹ノ巣山に目標を変更します。まぁ元々鷹ノ巣山まで行ければいいかなと思ってはいたのですがw

P1180999takanosuyama.jpg
三ノ木戸山からは富士山がひょっこり

その後、三ノ木戸林道からの道と合流後はややトレースが濃くなりました。

P1190002takanosuyama.jpg
三ノ木戸山〜六ツ石山

広々としているところは快晴も相俟って気持ちよかったですね。

P1190003takanosuyama.jpg
三ノ木戸山〜六ツ石山

縦走路から六ツ石山へ向かう道はトレースがなく、やや大変でしたが、六ツ石山山頂からの南ア北部全山の展望に感動!

P1190005takanosuyama.jpg
南アルプス北部全山 六ツ石山より

因みに縦走路から六ツ石山までは折角持ってきたスノーシューを装着して行きましたが、中々快適でした。

P1190007takanosuyama.jpg
六ツ石山

この先も敢えてスノーシューをつけて進みますが、これが無駄な疲れを生む結果にw トレースあるところは明らかにつぼ足のが快適!結局無駄に重い荷物を持ってきただけの結果となってしまったのでしたw

P1190012takanosuyama.jpg
六ツ石山〜鷹ノ巣山:ここでスノーシューは愚か

P1190011takanosuyama.jpg
ついに富士山もその裾野まで姿を現す

鷹ノ巣山までの道は巻道を選択しましたが、巻道は途中でトレースが消え、それ以降は中々大変でした。

P1190017takanosuyama.jpg
六ツ石山〜鷹ノ巣山:巻道でトレース消える

素直に尾根筋を行けば楽チンでしたね。尾根に復帰してそれが分かりました。

P1190021takanosuyama.jpg
六ツ石山〜鷹ノ巣山:尾根に戻ると深いトレースが

尾根に復帰後はもうトレースもばっちり!何人かの人ともすれ違います。

P1190023takanosuyama.jpg
六ツ石山〜鷹ノ巣山:鷹ノ巣山が見えてきた

縦走路からは南アルプスが甲斐駒ヶ岳から赤石岳まで一望できてもう言うことなし!超満足です!

P1190025takanosuyama.jpg
南アルプス(甲斐駒ヶ岳〜赤石岳) 鷹ノ巣山手前の縦走路より

P1190026takanosuyama.jpg
白峰三山 鷹ノ巣山手前の縦走路より

P1190027takanosuyama.jpg
悪沢岳 鷹ノ巣山手前の縦走路より

P1190028takanosuyama.jpg
甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳 鷹ノ巣山手前の縦走路より

鷹ノ巣山には予定より大幅に遅れての到着。まぁ途中でふざけたり長話したりしていたので仕方ないですねw この山も中々いい山だなぁと感じました。

P1190036takanosuyama.jpg
鷹ノ巣山にて:久しぶりの山行に笑顔

そういえば、山頂に着いたときちょうど稲村岩尾根から登ってこられたご夫婦は、これから六ツ石山に向かってその後はヘッドライト点灯で下山すると言っていました。凄い方たちもいるものです。

P1190034takanosuyama.jpg
鷹ノ巣山で出会ったご夫婦

P1190033takanosuyama.jpg
山頂からは富士山が素晴らしい

さて、下山には稲村岩尾根を利用。入った瞬間超雪深くて驚きます。

P1190040takanosuyama.jpg
稲村岩尾根

トレースもありましたが、敢えてハイパーラッセルしながら進みましたw

P1190041takanosuyama.jpg
稲村岩尾根

最後まで急坂で中々大変でしたが、とても楽しめました。

P1190044takanosuyama.jpg
稲村岩尾根で超埋まる

途中稲村岩というのがあったのでちょっと登ってみましたが、何も面白くない。

P1190048takanosuyama.jpg
稲村岩

しかし、下から見上げてみて感想を新たにしました。

P1190053takanosuyama.jpg
稲村岩

やべえええええええ。何だこれ。こんなバケモンが東京に潜んでいたとは・・。

P1190058takanosuyama.jpg
稲村岩

パネェっす。

P1190063takanosuyama.jpg
稲村岩

下山後はバスの時間を勘違いしていたことに途中で気づき、ダッシュ!何とかバス発車1分前にバス停に到着し、バスで奥多摩駅へ向かいました。以後快速ホリデーで新宿へ向かい、そのままバイトの飲み会に参加w

雪の石尾根、雪と展望がとても楽しめてよかったです。稲村岩尾根、東京でこんなラッセルが体験できるとは思っていませんでした。素晴らしい!

因みに右足の痛みは山に登ったら治りましたw やはり鈍って発狂していただけのようですw

コースタイム

7:23奥多摩駅-7:57石尾根登山口8:00-9:14三ノ木戸山9:30-10:47六ツ石山11:17-13:50鷹ノ巣山14:18-15:30稲村岩15:37-16:16東日原
歩行時間 7時間29分、行動時間 8時間53分



2013年01月19日(土)

晴れ

アクセス

5:03御茶ノ水-(鈍行)-7:17奥多摩
16:17東日原-(西東京バス)-16:40奥多摩16:50-(快速ホリデー)-18:22新宿

地図/標高グラフ

コース状況

  • 奥多摩駅~登山口
    林道は一部凍結。雪は退けてある。
  • 登山口~三ノ木戸山
    初めから結構積雪がある。トレースはあるにはあるが、まだちゃんとしたものはなかったので、割と足をとられる。
  • 三ノ木戸山~六ツ石山
    石尾根縦走路では足をとられる程度であったが、六ツ石山山頂に向かうトレースは皆無で膝まで埋まる。六ツ石山~水根間は一応トレースある模様。
  • 六ツ石山~鷹ノ巣山
    途中巻道を利用したが、これが明らかな失敗w トレースないところも多く、膝まで埋まったり埋まらなかったり。鷹ノ巣山手前で尾根に復帰すると雪はそれほどついておらず、足首程度しか埋まらないので後は楽チン。
  • 稲村岩尾根
    深いトレースがあるので、それに沿って行けばあまり埋まらずに済む。トレースを外すと腰まで埋まる。
関連記事

| 旅日記 | 20:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2421-914de23a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT