めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

石垣島 於茂登岳(沖縄県最高峰)

西表島 ピナイサーラの滝 カヌーで滝つぼへの続きです。

2012年3月12日。

西表島での2日間を終えて石垣島へ帰還。

レンタカーを借りて日が暮れるまで少々ドライブしました。

P1140197ishigakijima.jpg
川平湾

夜はせっかくなので石垣牛を食べることにしました。中々美味しかったです。

P1140205ishigakijima.jpg
石垣牛

この日は於茂登岳の近くまで移動してから車中泊しました。


2012年3月13日。

さて、朝起きてすぐに沖縄県最高峰の於茂登岳登頂を目指します。

P1140207omotodake.jpg
於茂登岳登山口

土砂崩れのため立入禁止とありますが、取り敢えずは無視。初めは川沿いを歩いて行きます。

P1140208omotodake.jpg
於茂登岳登山道

しばらく登って行くと、漸く於茂登岳の頂上が見えてきました。標高525mですが、とてもそうは見えません。

P1140210omotodake.jpg
於茂登岳

於茂登岳、この時期は天気が悪く曇ってはいましたが、山頂からは石垣島のほぼ全体が見渡せたので、それなりに満足しています。

P1140211omotodake.jpg
山頂から西方面

しかし、標高差400mと思って登っていると標高差400mでも長く感じますね。標高差2000mと思って登っていると標高差400mなんてあっという間なんですけど。

P1140214omotodake.jpg
於茂登岳頂上

P1140215omotodake.jpg
山頂から北東方面

於茂登岳からは石垣島の北東方面に半島が細長く突き出ているのがよく分かります。

P1140216omotodake.jpg
平久保半島

下山後は午前10時発のフェリーよなくにに乗って与那国島へ向かうため、急いでレンタカーを返却しに行きました。レンタカー屋の送迎ミスで危うく船を逃すところでしたが、何とか乗船でき、一安心。

と思いきや、この船で4時間半の船旅はかなりしんどかったです。この船の揺れの酷さはネットでも有名で覚悟はしていましたが、実際かなりのもので、立っていることすらキツいレベルでした。寝ているのが一番ですが、寝ていても結構気持ち悪い。大変でした。

P1140251yonagunijima.jpg
フェリーよなくに

そういえば上の写真の裸のやつを含む3人組がずっと面白い写真を撮ることに躍起になっていて、何枚か写真も頼まれましたが見ていて面白かったです。結局は船のデッキに出ていれば、そこまで気持ち悪くならずに済んだ。

コースタイム

7:15登山口-8:02於茂登岳8:30-9:05登山口



2012年3月13日(火)

曇り

地図/標高グラフ

コース状況

崩落のため立入禁止とのことだったがそれほど危険箇所はなかった。ただ非常に滑りやすくなっていて帰りは何度か転びました。

関連記事

| 旅日記 | 03:47 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

LV時計コピー

友人家族と遠出をした時、夫の横にはシンママがべったりで間接キスまで。夫を下の名前で呼ぶのをやめてと言ったら……。

| LV時計コピー | 2013/01/02 01:01 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2414-0184d2d8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT