めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

天城山 伊豆スカイラインの好展望

2012年2月21日。

※一部の写真はクリックで拡大します。

5日連続山行の最後は天城山。

越谷からなので初めての首都高を利用して神奈川へ抜け、小田原厚木道路、箱根新道、伊豆スカイラインを利用して天城高原まで行きました。首都高の作りは聞いていた通りのカオスでしたが、流石に運転にももう大分慣れていたので案外楽に通過できました。しかし、後1時間出発が遅かったら通勤渋滞に巻き込まれているところでした。危なかったです。

伊豆スカイラインに多数設置された展望台からの好展望には感動しました。

DSCF2755amagisan.jpg
富士山と愛鷹山 十国峠より
富士山と愛鷹山の間に見える山は塩見岳のようです。

DSCF2760amagisan.jpg
初島 滝知山展望台より

特に南アルプスの山々の並び順が山梨側から見たときと殆ど同じままでいて、富士山が南アルプスの左側ではなく右側に位置しているという光景は初めての経験でした。また、富士山の前に構えている愛鷹山が案外かっこ良かったです。塔ノ岳から見たときから若干気になっていましたが、機会があれば登ってみようかなと思います。

DSCF2765amagisan.jpg
富士山、愛鷹山、南アルプス 西丹那より

DSCF2766amagisan.jpg
西丹那より走ってきた道を見やる

DSCF2767amagisan.jpg
南アルプス 西丹那より
左から大無間山、光岳、上河内岳、聖岳、赤石岳、笊ヶ岳、荒川岳、悪沢岳

天城高原からは予想外の雪山登り。雪があることは予測していましたが、まさかここまで積もっているとは思いませんでした。30cmくらい積もっている箇所もあったのではないでしょうか。

DSCF2776amagisan.jpg
四辻~万二郎岳

天城山は展望には恵まれませんが、とても静かな山で、いい気分で雪山ハイキングを楽しむことができました。

DSCF2780amagisan.jpg
万二郎岳山頂

DSCF2784amagisan.jpg
万二郎岳からちょっと下ったところの大岩が天城山唯一の好展望地点

DSCF2798amagisan.jpg
アケビのトンネル

結局この日天城山に登っていた人は自分たちの他に6人しかいませんでした。山頂でもおじさん2人に今日登ってくる人が他にいるとは思わなかったよと言われました。まだ桜も開花していませんしね。伊豆自体が昨年の同時期に訪れたときよりも静かでした。

DSCF2801amagisan.jpg
万三郎岳山頂

下山後は時間があったので、萬城の滝と浄蓮の滝に寄って行きました。萬城の滝は裏見の滝で、滝壁が中々立派でした。

DSCF2819majonotaki.jpg
萬城の滝

DSCF2825manjonotaki.jpg
萬城の滝

浄蓮の滝は以前も立ち寄ったことがありますが、何故百名瀑に選定されているのかは謎。百名山は納得できるものが多いですが、百名瀑は半分くらいの滝は選定に疑問を感じざるを得ませんね。

DSCF2828johrennotaki.jpg
浄蓮の滝

帰りも首都高を経由して帰りましたが、渋滞もあまりなく通過できてよかったです。

5日連続山行、どちらかというと山歩きではなく運転に疲れましたが、5日間とも天気に恵まれ、色々な滝や景色を存分に楽しめてよかったです。氷瀑の季節がもう終わってしまうので、2月後半は滝に重点を置いていましたが、3月はまた雪山に切り替えていこうかななどと考えています。

コースタイム

10:46天城高原-10:57四辻-11:24万二郎岳11:45-12:24万三郎岳13:05-13:25涸沢分岐点13:34-14:13四辻-14:22天城高原
歩行時間 2時間25分、行動時間 3時間36分
標準コースタイム 4時間20分



地図/標高グラフ

関連記事

| 旅日記 | 12:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2408-097c2742

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT