めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

氷爆 篠沢大滝(黒戸尾根南面水源・四丈ノ滝)

2012年2月18日。

※一部の写真はクリックで拡大します。

大学などの仲間8人での氷瀑行。第一の目的地は篠沢大滝としました。ここは昨年の9月にも訪れています。

DSCF2493shinozawaohtaki.jpg
桑ノ木沢林道ゲート

桑ノ木沢林道ゲート前に車を停めて林道を2kmほど歩くと林道も終点となります。

DSCF2494shinozawaohtaki.jpg
猟犬が置き去りに

ここからは砂防ダムを巻くために、もう完全に整備はなされていないのではないかと思われる登山道を行きます。登山道へは林道終点手前右手の梯子を登って行きます。

DSCF2498shinozawaohtaki.jpg
林道終点~篠沢大滝

DSCF2500shinozawaohtaki.jpg
林道終点~篠沢大滝

篠沢の渡渉点は靴を脱がねばならないかもと不安でしたが、冬季は濡れずに渡ることができました。

DSCF2502shinozawaohtaki.jpg
林道終点~篠沢大滝

DSCF2503shinozawaohtaki.jpg
林道終点~篠沢大滝

これ以降滑りやすい箇所がいくつかあるので慎重に登って行きます。

最後の急な登りを終えたところで突然大滝が姿を現しました。前回もそうでしたが、この瞬間は感動です。

DSCF2508shinozawaohtaki.jpg
篠沢大滝

篠沢は甲斐駒ヶ岳黒戸尾根南面の五合目から七合目にかけての岩場を水源としているようで、ここから黒戸尾根七合目までの標高差1500mを3km程度で登って行く非常に急な沢となっています。恐らくこの先にもたくさん滝はあるのでしょう。いつかは遡行してみたいものです。
篠沢大滝は沢登りの文献には四丈ノ滝とありますが、これは黒戸尾根五合目から見えるらしい七丈ノ滝に対応しているものと思われます。

さて、篠沢大滝をもっと間近で見ようと氷の上を進んで行きましたがここで上の氷柱が気になって目を逸らしてしまったときにまさかの滑落をしてしまいました。しかし滑落時は意外に冷静で、止まれるなーと思ったところでちゃんと止まることができました。そこで止まらなかったらそのまま20mくらい落ちてしまうところだったのですが。

DSCF2506shinozawaohtaki.jpg
ここでまさかの滑落

篠沢大滝の滝下からの姿は迫力もあってよかったです。この滝は滝下からの方が滝の大きさを直に感じることができますので、是非降りてこられることをオススメします。因みに夏季に下りるのは難しいです。

DSCF2517shinozawaohtaki.jpg
篠沢大滝 滝下から

DSCF2529shinozawaohtaki.jpg
篠沢大滝 滝下から
うーん、これを何処から登るというのでしょうか。いつかは遡行してみたいものです。文献によると右岸を大巻きするようです。

さて、ここからまた元の場所にどう戻ろうかで悩みます。流石に滑落した箇所からは登りたくないです。というわけで、前衛滝の落口付近に登れそうな箇所があったので、そこから登って行くことにしました。下降時もこちらからの方が安全でしょうね

下山後は暗くなるまでにまだ時間があったので板敷渓谷にも寄って行きました。こちらも完全とはいえませんが、それなりの氷瀑となっていました。

DSCF2564shinozawaohtaki.jpg
板敷大滝

夕飯には甲府鳥もつ煮を食べました。

DSCF2571shinozawaohtaki.jpg
甲府鳥もつ煮

篠沢大滝にみんなを連れてこられてよかったです。事前の妄想では雪が深くて途中で進めなくならないかどうか不安だったのです。結局そんなことは全くありませんでしたが。
篠沢大滝もいい感じに凍っていたし、篠沢大滝に向かう途中や展望地付近で氷柱群も見れたし個人的には大満足でした。

コースタイム

12:00林道ゲート-12:40林道終点12:45-13:23篠沢大滝14:08-14:37林道終点-15:08林道ゲート

関連記事

| 旅日記 | 12:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2404-3acfdda8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT