めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

雲竜渓谷 氷の世界!

2012年2月5日。

※殆どの写真がクリックで拡大します。

前日の丹沢から引き続いての雲竜渓谷。若干無理がありましたが、この天気を逃す手はなかったので行ってきました!

雲竜渓谷入口までの林道はゲート手前付近で車が5台くらい連なったところに引き返した車がきてしまったので大変でした。何しろ待避所が全て車で埋まっているのです。後ろの車が延々バックを逃れようと無理矢理路肩に止めようとしてスリップしてしまっていました。自分たちは何とかゲートの500m手前辺りに止めることができました。

DSCF2231unryukeikoku.jpg
駐車地点~ゲート

ゲートからは2つの道が選択できます。調べてきていなかったので確実に行ける右岸の林道を選択すべきではあったのですが、行けると信じて近道になってそうな左岸の林道で行ってみることにしました。林道は地図通り途中で終了してしまいましたが、その後の砂防には巻き道があり、渡渉地点も雪が積もっていたおかげで何とか再び林道に合流することができました。

DSCF2242unryukeikoku.jpg
林道終点

渓谷入口でアイゼンを装着しての出発。積雪浅い箇所多く、終盤まではアイゼンが邪魔になりました。しかし凍結している箇所もありますし、渓谷でつけていると他の人に迷惑がかかるので、初めからつけていったほうがいいと思います。

DSCF2250unryukeikoku.jpg
雲竜渓谷

雲竜渓谷の氷の世界には感動。

DSCF2252unryukeikoku.jpg
雲竜渓谷

もう少し静かならいいのですが、この素晴らしい渓谷がこのアクセスのよさでは、それは無理というものでしょう。

DSCF2253unryukeikoku.jpg
雲竜渓谷

DSCF2254unryukeikoku.jpg
雲竜渓谷

アイゼンに慣れていない人も多く、外れたまま歩いている人などがいて危ないなと思いました。

DSCF2256unryukeikoku.jpg
雲竜渓谷

アイスクライミングは楽しそうでした。

DSCF2259unryukeikoku.jpg
雲竜渓谷

そうしている歩いているうちに雲竜瀑が姿を現しました。

が、こいつはでかい!

DSCF2264unryukeikoku.jpg
雲竜瀑

上2段で70mはあるでしょう。裾の広がり方が翼のようで素晴らしかったです。

DSCF2275unryukeikoku.jpg
雲竜瀑

雲竜渓谷はこの先もまだまだ続きますが、非常に深い谷なのでここより先に立ち入るのは難しそうです。

帰りは日光三名瀑の裏見の滝と霧降の滝に寄って行きました。裏見の滝は現在滝裏には入れませんが、今見てみると行けそうな気もしました。

DSCF2349uraminotaki.jpg
裏見の滝

霧降の滝は紅葉の時期が一番いいとは思いますが、この時期も葉が落ちて霧降の滝を遮るものが少なくなっているのでいいと思います。

DSCF2360kirifurinotaki.jpg
赤薙山と霧降の滝

大学の期末試験直前に2日連続で山行を入れるのはどうみても愚かでしたが、丹沢も雲竜渓谷も無理してでも行ってよかったなと思っています。

コースタイム

8:53ゲート-9:46林道終点10:03-11:00雲竜瀑12:22-12:55林道終点13:09-13:50ゲート

関連記事

| 旅日記 | 12:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2402-a7351c70

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT