めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

雲取山 鴨沢からピストン

2012年1月29日。

この日は電車とバスで行く雲取山。久しぶりのmajikanaとの山行。

DSCF2031kumotoriyama.jpg
鴨沢

冬に暗くなってからの下山は嫌なので、タイムリミットは7時間半、標高差は1700m程度。というわけで、若干厳しいかなと思っていたのですが、非常に緩やかな登りが大半を占めていたので殆ど疲れないまま頂上へ辿りつくことができました。

DSCF2039kumotoriyama.jpg
小袖乗越~堂所

この日は晴れていたので展望には期待していたのですが、昼を過ぎると遠くの山は見えにくくなってきますね。結局富士山はブナ坂付近からが一番いい色で見えました。

DSCF2044kumotoriyama.jpg
富士山 ブナ坂付近より

南アルプスはブナ坂までは割とよく見えたのですが、ブナ坂以降は白くぼんやりとしてしまって特に写真ではよく分からなくなってしまったのが残念でした。

DSCF2056kumotoriyama.jpg
ブナ坂~奥多摩小屋

それでも稜線では展望を楽しみながら歩くことができてよかったです。ずっと富士山を左に見ながらの稜線歩き。いいですね。

DSCF2063kumotoriyama.jpg
ブナ坂~奥多摩小屋

ブナ坂から雲取山山頂間では積雪30-50cmにも達しているところがあり、雪と戯れて遊ぶこともできました。東京でこんなに雪を踏みしめることができるとは思っていませんでした。

28af31ff617f97fafd77d0b7e064a809.jpeg
ブナ坂~奥多摩小屋

bf2eaf2a526eb3b709c26720d6d40230.jpg
ブナ坂~奥多摩小屋

雲取山山頂からは東京都心方面、丹沢山塊、富士山、大菩薩嶺、国師ヶ岳方面がよく見えました。

DSCF2085kumotoriyama.jpg
雲取山山頂

DSCF2083kumotoriyama.jpg
立川方面 雲取山より

DSCF2087kumotoriyama.jpg
丹沢方面 雲取山より

DSCF2093kumotoriyama.jpg
富士山と大菩薩嶺 雲取山より

雲取山山頂には時間が怪しいにも関わらず30分ちょっといました。そんなわけで、2時間半程度で下山せねばならなくなりましたが、下りが苦手なmajikanaにはアイゼンを装備させてみると、予想外に早く下ってくれて、鴨沢まで2時間18分で下ることができました。因みに僕は最後までアイゼンはつけませんでした。

雲取山。東京からのアクセスがよく、展望もそれなりの稜線歩きが日帰りで楽しめるいい山でした。

因みに今回はiPhoneに導入した2つのアプリ「i地形図ナビ」と「DIY GPS」のテストも兼ねていました。どちらも圏外であっても現在地点を知ることができるアプリで、数百円程度で数万円もするGPS受信機と同等の機能が得られます。
結果は良好で、どちらもiPhoneをお持ちの登山者には必携のアプリに感じました。「i地形図ナビ」はGoogleマップと地形図との切り替えが楽しく、「DIY GPS」は自作の地図を入れることができ、ログを記録する機能もあります。ログは連続で10時間程度記録可能でした。

コースタイム

9:32鴨沢-9:59小袖乗越-11:08堂所-12:18ブナ坂12:24-12:58奥多摩小屋-13:22小雲取山-13:37雲取山14:09-14:20小雲取山-14:31奥多摩小屋-14:51ブナ坂-15:25堂所-16:12小袖乗越-16:27鴨沢
歩行時間 6時間17分、行動時間 6時間55分



地図/標高グラフ

関連記事

| 旅日記 | 20:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2400-78c9bd60

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT