めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

念願の天神滝へ

甲武信ヶ岳 2011年登り納めの続きです。

2011年12月31日。

※一部の写真はクリックで拡大します。

前日夜静岡でちっちと館長と合流し、M脇と僕含め4人で年末は天神滝へ。

僕としてはここを訪れるのは3度目になりますが、これまでは天神滝まで辿り着けていませんでした。

しかし、今回は漸く願いが叶い、天神滝前に立つことができました。

天神滝までは道を知っていないと辿りつくのは困難かと思います。入口は地形図を見れば分かると思いますが、そこから踏跡を辿って山葵田を通りすぎてしばらくすると沢が二俣に分かれるのでここは左俣を行きます。天神滝は右俣にかかっているので、左俣を少し登ったところの登りやすそうな右側の斜面を登っていき、ひたすら右上に進路を取り廃屋まで出ます。

DSCF1614tenjintaki.jpg
天神滝までの道のり

廃屋まで来たらもう後は簡単で、廃屋の脇から右俣に沿って歩いて行くと階段が現れ滝つぼまで降りることができます。

DSCF1617tenjintaki.jpg
天神滝

初回は上記の廃屋まで来ていたにも関わらず天神滝に辿りつけず悔しい思いをしたので、その念願が漸く叶いました。

DSCF1625tenjintaki.jpg
天神滝

落差50m程度、水量それなりの素晴らしい段瀑です。安倍の大滝を訪れる際などには是非こちらの天神滝にも立ち寄られることをオススメします。

DSCF1634tenjintaki.jpg
天神滝

天神滝では一時間ほどゆっくりとして、次なる目的地の安倍の大滝へ向けて出発しました。

通過・滞在時間

8:42富士駅-8:47富士IC-9:02清水IC-9:40黒部沢出合10:06-10:30天神滝11:30-11:50黒部沢出合

関連記事

| 旅日記 | 21:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

実は私、最近になってこのルートが一番楽である事に気付きました。
以前は山葵田から沢に降り、渡渉したあたりの急な斜面を無理矢理直登りしていました^_^;
滝前の階段は少し心ともない感じなので、私はいつも少し先から沢に降りています。

ともあれ、静岡市内でも屈指の名瀑を堪能していただいたようでよかったです♪

| ぉ茶 | 2012/10/21 22:51 | URL | ≫ EDIT

>>ぉ茶さん

おお、あそこをですか・・。左俣を行けば殆ど苦労することなく辿り着くことができますよね。昨年の台風以降やや荒れていますが。

天神滝に行くかどうかは分かりませんが、年末再び安倍奥を訪れる予定ではあります。今回は安倍奥の山を縦走することになりそうです。

| Evergreen | 2012/10/21 23:55 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2396-45d264c6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT