めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

甲武信ヶ岳 2011年登り納め

2011年12月30日。

※一部の写真はクリックで拡大します。

2011年登り納めは前々から登ろうと思っていた地元埼玉の甲武信ヶ岳へ!

同行者のM脇は雪山初なので、一番楽そうな毛木平から登ることにしました。

DSCF1522kobushigatake.jpg
毛木平

因みに毛木平までの道路は国道からずっと凍結or雪があるので冬用タイヤは必要です。

毛木平からは初め林道を歩きますが、やがて本格的な登山道に。

DSCF1523kobushigatake.jpg
林道終点

斜度はあまりないので楽なはずなのですが、この時期はまだ雪があったりなかったりでナメ滝までは登りにくかったです。またところどころ凍結している箇所がありましたが、上手く巻けたのでアイゼンは使用しませんでした。

DSCF1525kobushigatake.jpg
林道終点~ナメ滝

ナメ滝は氷瀑となっていて、氷の下を水が滑り落ちていました。

DSCF1533kobushigatake.jpg
ナメ滝

ナメ滝を過ぎると、積雪は少ないですが大体の箇所で雪があり、登りやすくなりました。

DSCF1542kobushigatake.jpg
ナメ滝先の左岸から右岸へ渡る丸太橋

冬季ではありますが、千曲川水源地標付近からしっかりと水は流れていました。

DSCF1547kobushigatake.jpg
千曲川(信濃川)水源

DSCF1553kobushigatake.jpg
千曲川水源地標

千曲川水源まで来ればもう後少しで稜線。30分ほどで稜線に出ました。

DSCF1556kobushigatake.jpg
甲武信ヶ岳〜国師ヶ岳の稜線上

稜線に出た瞬間に木々の間から富士山が見えて感動。

DSCF1562kobushigatake.jpg
富士山 甲武信ヶ岳より

M脇の髪の先では寒さで汗が凍りついていましたw

DSCF1559kobushigatake.jpg
M脇の髪の先で汗が凍る

稜線まで来ると、甲武信ヶ岳山頂はもうすぐそこでして、

DSCF1560kobushigatake.jpg
甲武信ヶ岳

山頂からは富士山、国師ヶ岳・金峰山とその背後に白峰三山と甲斐駒ヶ岳・鋸岳、中央アルプスに御嶽山、山頂付近は雲に覆われていましたが八ヶ岳、そして浅間山に、埼玉最高峰の三宝山がよく見えました。

DSCF1564kobushigatake.jpg
国師ヶ岳・金峰山とその背後に白峰三山・甲斐駒ヶ岳・鋸岳、そして中央アルプスに御嶽山

DSCF1566kobushigatake.jpg
遠く中央アルプスと御嶽山、手前に見えるのは小川山

DSCF1567kobushigatake.jpg
三宝山

山頂では初めて山で湯を沸かしてカップラーメンを食べましたが、これが非常に美味しかったです。割り箸は放置していたら一瞬で凍ってしまいました。

DSCF1587kobushigatake.jpg
甲武信ヶ岳山頂にて

下山時にはダイヤモンドダストも観測。登山口で-3度でしたから、山頂では-10度くらいになっていたのでしょうか。末端冷え性の僕には足先がかなり冷たかったです。

DSCF1594kobushigatake.jpg
甲武信ヶ岳山頂にて

登りは休憩込みで3時間強もかかりましたが、下りはサクサクで2時間で下山できました。Mwakiは氷に気づかずに何度か滑って転んでいましたが・・。

前回の山行から一ヶ月近く経過していたため、体がかなり鈍っていましたが、2011年の登り納めとしてはいい山行になったのではないでしょうか。今年6月から本格的に山登りを始めて、この甲武信ヶ岳までに結局42座もの百名山に登ってしまいました。百名山自体はこれで43座目です。

2012年も初登山からいい山行になるといいなぁ。

コースタイム

11:05毛木平-12:30ナメ滝12:37-13:39千曲川源流地標13:53-14:23甲武信ヶ岳15:25-15:40千曲川源流地標15:43-16:21ナメ滝16:24-17:27毛木平

関連記事

| 旅日記 | 16:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2394-3ddb7ab0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT