めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

瑞牆山・金峰山 今年一番の大展望に大満足の一日!

2011年11月26日。

※殆ど全ての写真がクリックで拡大します。

この日はmajikanaと瑞墻山と金峰山を瑞牆山荘から日帰りしてきました。

この日は笊ヶ岳日帰りとどちらにしようか迷ったのですが、笊ヶ岳はどの程度積雪があるか不安だったので、瑞牆山・金峰山の日帰りをすることとしました。出発は2座日帰りとしては遅めの9時21分。この時間からでも瑞牆山に登られる方は多くいました。瑞牆山を目指す登山者には子連れの方も多かったです。

富士見平までは霜柱が多く、ザクザクの登山道。

DSCF1094mizugakiyama.jpg
富士見平

富士見平先で富士山の好展望。これは山頂の大展望が期待できます。

DSCF1097mizugakiyama.jpg
富士山 富士見平~瑞墻山より

そんなわけで登山開始から1時間半であっさり瑞墻山山頂に到着しました。

DSCF1098mizugakiyama.jpg
瑞墻山 大ヤスリ岩

瑞牆山山頂では今年一番の大展望が得られました。蓼科山に登ったときも同程度の大展望が得られましたが、ここまで空気が澄んではいませんでした。

DSCF1099mizugakiyama.jpg
雲海に浮かぶ富士山 瑞墻山より

雲海に浮かぶ富士山に加えて、南アルプス、中央アルプス、御嶽山、八ヶ岳連峰、後立山連峰、頸城山塊、高妻山・・。これほどはっきりと遠くまで見えるとは感動です。

DSCF1100mizugakiyama.jpg
南アルプス、中央アルプス 瑞墻山より

南アルプスで雪の被っている山は、左から上河内岳、赤石岳、悪沢岳、農鳥岳、間ノ岳、北岳、仙丈ヶ岳ですかね。

DSCF1101mizugakiyama.jpg
南アルプス 瑞牆山より

八ヶ岳連峰は早朝の中央道からはすっかり雪化粧しているように見えたんですが、融けてしまったんですかね。

DSCF1102mizugakiyama.jpg
八ヶ岳連峰 瑞墻山より

対して後立山連峰は真っ白です。

DSCF1104mizugakiyama.jpg
後立山連峰 瑞墻山より

下の写真で真っ白なのは火打山と焼山かな?妙高山と随分色が違いますね。

DSCF1105mizugakiyama.jpg
頸城山塊と高妻山 瑞墻山より

8月に登った御嶽山もすっかり雪化粧。

DSCF1107mizugakiyama.jpg
御嶽山 瑞墻山より

結局登らないままに終わってしまった中央アルプス。

DSCF1108mizugakiyama.jpg
中央アルプス 瑞墻山より

甲斐駒ヶ岳の黒戸尾根はまだまだ行けそうに見えたが、結局登らず仕舞い。

DSCF1109mizugakiyama.jpg
仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳、鋸岳 瑞牆山より

DSCF1110mizugakiyama.jpg
白峰三山と鳳凰三山 瑞牆山より

とにかく素晴らしい展望でした。

DSCF1111mizugakiyama.jpg
富士山 瑞牆山より

あまりの展望の素晴らしさに、瑞牆山山頂で予定より長めの1時間弱を過ごしたため、富士見平に戻ってきたときには12時半を廻っていました。が、この時間からなら何とか明るいうちに富士見平までは戻ってこれそうだと判断し、金峰山へと向かうことにしました。

DSCF1114mizugakiyama.jpg
金峰山 瑞墻山より

金峰山に登られている方はそれほど多くなかったようで、登り中にあまり下山者とはすれ違いませんでした。とは言っても10~20人くらいとはすれ違ったでしょうか。

まぁ積雪に凍結箇所もあったので、当然と言えば当然でしょうか。瑞墻山に登られている方は軽装の方が多かったですし。

DSCF1133kinpusan.jpg
大日小屋~大日岩

砂払ノ頭から金峰山山頂までの稜線は好展望で気持ちのいい登山道でした。

DSCF1136kinpusan.jpg
富士山 砂払ノ頭より

DSCF1141kinpusan.jpg
砂払ノ頭~金峰山

金峰山山頂では瑞牆山山頂同様の大展望に加え、特徴的で素晴らしい瑞牆山の姿も見られ感動。

DSCF1158kinpusan.jpg
瑞牆山と背後に御嶽山、八ヶ岳連峰、後立山連峰 金峰山より

実際金峰山を登るモチベーションは瑞牆山を間近で見たいというところから来ていました。

DSCF1167kinpusan.jpg
瑞墻山 金峰山より

また金峰山山頂からは瑞牆山山頂からでは恐らく見えなかった乗鞍岳や、八ヶ岳連峰の背後に北アルプス、そして甲武信ヶ岳も見られ、登った甲斐がありました。

DSCF1163kinpusan.jpg
甲武信ヶ岳方面 金峰山より

DSCF1174kinpusan.jpg
八ヶ岳連峰と背後に乗鞍岳 金峰山より

そんな感じで金峰山山頂でも展望を楽しんでいるうちに30分以上が経過し、15時半近くになっていました。これだと明るいうちに下山できるのは大日岩までかな?などと思っていましたが、意外と早く下山でき、富士見平を少し過ぎた辺りまではヘッドライトを点灯せずに下山できました。そして最後の20分だけはヘッドライトをつけての下山。

下山後は増富の湯に入りました。源泉は最も温かくても35度と、いい湯には程遠かったので、5分だけつかってからは42度の薬湯につかっていました。

この日は山の選択も恐らく正解で、本当に何から何まで大満足の一日でよかったです。

DSCF1175kinpusan.jpg
雲海に浮かぶ富士山 金峰山より

そんな感じで今年一番の大展望が得られた百名山39・40座目 瑞牆山・金峰山でした。

コースタイム

9:21瑞牆山荘-9:47富士見平9:52-10:54瑞牆山11:46-12:36富士見平12:43-14:52金峰山15:24-16:57富士見平-17:19瑞牆山荘
歩行時間 6時間22分(56.2%)、行動時間 7時間58分
標準コースタイム 11時間20分

関連記事

| 旅日記 | 01:10 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012/09/10 00:28 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2391-e4237ed4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT