めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

両神山 鎖場の連続する八丁峠ルート

2011年11月5日。

※一部の写真はクリックで拡大します。

この日は日光の秘瀑を見に行く予定でしたが、一緒に行くはずのkamatsukaが急遽行けないことになったので、以前より気になっていた秩父の両神山に八丁峠ルートで登ってくることにしました。

まずは登山口までの運転が大変でした。同じ埼玉県内なのにまさか3時間半もかかるとは・・w

DSCF0800ryokamisan.jpg
八丁隧道登山口

そんなわけで登山口を出発するのは12時頃となってしまいましたが、13時までに出れればいいと思っていたので問題はありません。

出発して30秒で最初の鎖場が現れますが、この辺は鎖はなくても大丈夫そうです。サクサク歩いて行き、25分ほどで八丁峠に到着しました。

DSCF0805ryokamisan.jpg
八丁峠

さてここからが八丁峠ルートの核心部となります。

DSCF0809ryokamisan.jpg
八丁峠〜西岳

八丁峠から西岳までは鎖場の連続。その間に小ピークがいくつかあります。

DSCF0810ryokamisan.jpg
八丁峠~西岳間の展望

西岳直下の鎖場は落石を起こしやすく、また鎖も細いので特に注意を払う必要があります。ここを通過するほぼ全ての下山者が落石を起こしてしまっていました。前の人が鎖場の一番下まで行くのを待った方が無難でしょう。

DSCF0820ryokamisan.jpg
西岳

西岳から東岳までは鎖場しかありません。この区間は特に疲れます。東岳までまともに休憩できるスペースはありません。

DSCF0822ryokamisan.jpg
西岳〜東岳

人が取り付いていますね。

DSCF0824ryokamisan.jpg
西岳〜東岳

東岳にはベンチが設置されており、10人近くは休憩できそうなスペースがありました。

DSCF0829ryokamisan.jpg
東岳

東岳から山頂まで1kmの標識を見て、まだ1kmもあるのかと感じました。というのも西岳から東岳までの0.8kmですらかなり長く感じたからです。しかし実際に歩いてみると東岳から両神山まではほぼ平坦なルートで、東岳から20分もかからずに両神山山頂へ到達したのでした。

DSCF0831ryokamisan.jpg
東岳〜両神山

天気予報は午後から曇りとなっていたのでそれほど展望には期待していませんでしたが、両神山山頂からは富士山を始めとして遠くまで色々な山が見渡せました。

DSCF0835ryokamisan.jpg
富士山、雲取山、甲武信ヶ岳など 両神山より

最近山頂付近がガスっている登山が続いていたので、久しぶりに展望を楽しむことができてよかったです。

DSCF0837ryokamisan.jpg
八ヶ岳方面 両神山より

DSCF0841ryokamisan.jpg
両神山からの展望

下山は西岳直下の鎖場を除いてはサクサク。西岳直下は危険はありませんが、やはり落石を落としやすいので注意が必要。

DSCF0850ryokamisan.jpg
西岳直下の鎖場

出発してから4時間弱で登山口に戻って来ました。

DSCF0851ryokamisan.jpg
八丁隧道登山口

両神山、朝起きてからでも気軽に登山に行けて、しかも登山コースも十分に楽しめるものなのでいいですね。またそのうち登ることになると思います。

そんな感じの百名山38座目、両神山でした。

コースタイム

11:57八丁隧道-12:22八丁峠-12:55西岳-13:23東岳13:26-13:45両神山14:16-14:32東岳-14:59西岳-15:23八丁峠-15:42八丁隧道
歩行時間 3時間11分(56.1%)、行動時間 3時間45分
標準コースタイム 5時間40分

関連記事

| 旅日記 | 12:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2384-80a5b122

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT