めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

南八ヶ岳縦走(硫黄岳・横岳・赤岳) 日帰り

2011年11月3日。

※一部の写真はクリックで拡大します。

この日はmajinakaと南八ヶ岳(硫黄岳・横岳・赤岳)を縦走してきました。

美濃戸から堰堤広場までは林道歩き。

DSCF0708minamiyatsugatake.jpg
堰堤広場

堰堤広場からは先は一部木道が整備されていて、赤岳鉱泉までは緩やかな登山道となっています。

DSCF0711minamiyatsugatake.jpg
堰堤広場~赤岳鉱泉

赤岳鉱泉の背後には横岳が聳えているはずが・・?

DSCF0712minamiyatsugatake.jpg
赤岳鉱泉

赤岳鉱泉からやや急坂の登山道を登りきり、硫黄岳が見えてきました。

DSCF0721minamiyatsugatake.jpg
硫黄岳

硫黄岳山頂はかなり広い。

DSCF0730minamiyatsugatake.jpg
硫黄岳

爆裂火山の火口跡がいい味出しています。

DSCF0731minamiyatsugatake.jpg
硫黄岳直下

DSCF0732minamiyatsugatake.jpg
硫黄岳直下

硫黄岳から横岳までは気持ちのいい縦走路。

DSCF0743minamiyatsugatake.jpg
硫黄岳~横岳

曇ってなければもっとよかったのになぁ。

DSCF0745minamiyatsugatake.jpg
横岳直下

そんなわけで横岳。

DSCF0751minamiyatsugatake.jpg
横岳

赤岳山頂は雲の中。

DSCF0753minamiyatsugatake.jpg
赤岳と阿弥陀岳 横岳より

横岳から赤岳までは長い鎖場が続きますが、鎖がなくても問題ないと思われる箇所も多かったです。

DSCF0757minamiyatsugatake.jpg
横岳~赤岳

赤岳山頂も晴れてきました。

DSCF0759minamiyatsugatake.jpg
赤岳

そんなわけで赤岳山頂に到着しましたが、今度は横岳、硫黄岳が雲の中。これはタイミングよく縦走できたってことになるのかな?

DSCF0765minamiyatsugatake.jpg
横岳・硫黄岳 赤岳より

赤岳からは阿弥陀岳へ縦走する予定でいましたが、疲れていたし、展望もよくないので下山。赤岳山頂直下は鎖場となっています。

DSCF0780minamiyatsugatake.jpg
赤岳~行者小屋

が、鎖場はすぐに終わります。赤岳ともお別れです。

DSCF0782minamiyatsugatake.jpg
赤岳~行者小屋

鎖場が終わったら行者小屋までは長い階段。

DSCF0785minamiyatsugatake.jpg
赤岳~行者小屋

行者小屋から美濃戸までのコースタイム1時間40分はどうみてもありえんかった。僕らで1時間10分もかかってしまいました。

快晴を期待して登った南八ヶ岳でしたが、終始曇りのまま終わったのは残念でした。ただ八ヶ岳周辺が見られる程度の展望はあったので、それなりに楽しみつつ縦走することはできました。特に横岳付近の急峻な稜線が素晴らしくて感動しました。あの稜線を日帰りで手軽に楽しめるのはいいことだなと思いました。いつか北八ヶ岳も縦走してみたいところです。

そんな感じの百名山37座目、八ヶ岳 赤岳でした。

コースタイム

9:15美濃戸-9:52堰堤広場-10:22赤岳鉱泉10:27-11:14赤岩ノ頭11:19-11:29硫黄岳11:48-11:58硫黄岳山荘-12:30横岳12:50-13:25赤岳展望荘13:32-13:52赤岳14:32-15:12行者小屋-16:22美濃戸
歩行時間 5時間31分、行動時間 7時間7分
標準コースタイム 9時間50分

関連記事

| 旅日記 | 14:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2383-1c1751db

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT