めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

仙丈ヶ岳―仙丈ヶ岳・甲斐駒ヶ岳 2座日帰り 前半

澗満滝―信州 千曲川支流の名瀑の続きです。

2011年9月10日。

※全ての写真がクリックで拡大します。

朝目覚めると仙流荘はたくさんの登山者で賑わっていました。

バス停には既に多くの登山者が並んでいます。あまりに登山者が多いので臨時便が出るらしく、始発の定刻6時より前からバスが何台も出発していました。

僕らは始発と同じ6時頃のバスで出発し、北沢峠に7時頃に到着しました。

北沢峠泊の登山者もいるので、初めに目指す仙丈ヶ岳には既に多くの登山者が入山しているようでした。

P1080838senjogatake.jpg
北沢峠

北沢峠は標高2032mもあるので、仙丈ヶ岳が3000m峰とはいえ、サクサク登れることでしょう。

午前7時5分に北沢峠を出発し、一部急登の樹林帯を45分で突破し、大滝頭に到着。ここまでコースタイムの4割以下で来てしまったせいか、先に出発したバス組は殆ど抜かしてしまったようです。

P1080839senjogatake.jpg
大滝頭

南アルプスは何処も森林限界が高く樹林帯が長いですが、大滝頭から先すぐに展望が開け、気持ちよく歩くことができました。

P1080842senjogatake.jpg
小仙丈ヶ岳 大滝頭先より

そんなわけで登山開始から1時間半もせずに小仙丈ヶ岳に到着!

P1080843senjogatake.jpg
小仙丈ヶ岳 山頂

山頂からは甲斐駒ヶ岳、鳳凰三山、富士山、北岳、間ノ岳がよく見えました。

P1080846senjogatake.jpg
鳳凰三山(左)と北岳(右)と富士山(中央奥) 小仙丈ヶ岳より

仙丈ヶ岳は流石の南アルプスの女王でした。

P1080848senjogatake.jpg
仙丈ヶ岳 小仙丈ヶ岳より

さて、小仙丈ヶ岳から仙丈ヶ岳は気持ちのいい縦走路を歩いて30分ほどです。

P1080854senjogatake.jpg
仙丈ヶ岳へと続く縦走路

そんなわけで、登り始めて2時間ちょっとの午前9時10分に仙丈ヶ岳山頂に到着しました。

P1080857senjogatake.jpg
北岳と間ノ岳と富士山(左後方)

上の写真の右に見える山が塩見岳で、その後方で重なっているのが悪沢岳、そこから右に続く山が荒川岳でしょうか。間ノ岳と塩見岳の間の奥の方に見える2つのピークは笊ヶ岳と布引山でしょう。

甲斐駒ヶ岳方面もよく晴れていました。遠く八ヶ岳もよく見えます。

P1080859senjogatake.jpg
甲斐駒ヶ岳と八ヶ岳(鋸岳の後方)

南アルプス南部は流石に遠すぎてよく分かりませんね。

P1080864senjogatake.jpg
大仙丈ヶ岳と奥に南アルプス南部

一応左奥の2つのピークが笊ヶ岳と布引山、その右の小ピークっぽいのが蝙蝠岳、その右に塩見岳、塩見岳の後方で重なってるのが悪沢岳、その右隣のピークが荒川岳、そのすぐ右が赤石岳だと思います。中央より右側は分かりません。

そんなわけで、3000m峰としては僕の中で2座目となった南アルプスの女王 仙丈ヶ岳でした。初めての3000m峰は勿論積雪期の富士山です。

P1080867senjogatake.jpg
仙丈ヶ岳にて

仙丈ヶ岳からは特に問題もなくサクサクと下山でき、1時間15分程度で北沢峠に戻ってくることができました。

時刻は午前11時前。終バスが16時ですから時間的には余裕があります。というわけで、予定通り続けて甲斐駒ヶ岳に登ることとしました。

続きは甲斐駒ヶ岳―仙丈ヶ岳・甲斐駒ヶ岳 2座日帰り 後半にて。

コースタイム

7:05北沢峠-7:50大滝頭8:00-8:28小仙丈ヶ岳8:39-9:10仙丈ヶ岳9:26-9:51小仙丈ヶ岳-10:10大滝頭10:12-10:43北沢峠

歩行時間 2時間59分、行動時間 3時間38分


関連記事

関連記事

| 旅日記 | 15:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2354-d2f56667

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT