めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

五老ヶ滝・鵜の子滝―九州山行 2日目

曽木の滝―九州山行 1日目の続きです。

2011年8月28日。

※全ての写真がクリックで拡大します。

さて、この日は午前7時と遅めに起きて、まずは通潤橋の五老ヶ滝へ。

P1080515gorogataki.jpg
五老ヶ滝

この滝は僕自身としましては再訪となります。

落差50mの水量豊富な滝で、滝つぼまで簡単に行くことができ、裏見も可能となっている素晴らしい滝です。

P1080519gorogataki.jpg
五老ヶ滝

今回は滝裏に廻るのは止めておきました。滝裏からの写真は過去の記事をご覧ください。

次に鵜の子滝。滝へのアクセスがちょっと悪かった印象が残っています。民家の脇の狭い道から農道を通るハメになりました。

鵜の子滝周辺では鵜の子滝とともにいくつかの滝を見ることができます。

まず、鷹滝は鵜の子滝上段の滝で、遊歩道を右に折れて川沿いの道を進んでいくとある小屋の近くから見下ろすような形で見ることができます。

P1080525unokodaki.jpg
鷹滝

鵜の子滝はこの先更に進んでいくとある分岐を右に曲がって川を上流側に進むと展望することができます。一応下段が鵜の子滝で、上段が先程の鷹滝ということになっていますが、この2つはセットで1つの滝と考えた方がいいでしょうね。こちらも五老ヶ滝同様、水量豊富の素晴らしい滝でした。

P1080536unokodaki.jpg
鵜の子滝

鵜の子滝は滝つぼまで遊歩道が通じているようですが、今回は時間の都合上止めておきました。もっと早く起きればよかったですね。

鵜の子滝展望台付近からは鵜の子滝の他、うなぎ滝や謎の大橋を展望することができます。

P1080527unokodaki.jpg
うなぎ滝

P1080526unokodaki.jpg
謎の大橋

鷹滝の上流には更にひさげ滝がかかっていました。

P1080539unokodaki.jpg
ひさげ滝

この辺(山都町)の滝群で後気になっているのは越早滝くらいですかね。片道2時間もかかり危険も多いようですが、いつか訪れてみたいものです。

通過・滞在時間

7:27ホテル松鶴-7:45マクドナルド浜線バイパス店7:55-8:43五老ヶ滝9:18-9:29鵜の子滝10:03

関連記事

| 旅日記 | 19:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2341-aa380bcb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT