めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

石見銀山へ―春休みの長旅 13日目 中国編

観音の滝へ―春休みの長旅 12日目 九州編の続きです。

2011年3月30日。

※一部の写真はクリックで拡大します。

湯田温泉から山口線で益田まで抜け、益田から山陰本線で浜田へ。

saninhonsen_masuda_hamada000.jpg
山陰本線から

浜田ではケンボローというトンカツ屋で昼食を取りました。

hamadashi000.jpg
ケンボロー

ここ、味もそこそこなのですが、店内に多数いるウェイトレスのレベルが高い!浜田に訪れた際には是非ケンボローへw

浜田からは山陰本線で大田市まで行き、大田市からバスで、最近世界遺産に登録された石見銀山へ行きました。

iwamiginzan000.jpg
石見銀山

因みにこの日は、本当は石見空港でレンタカーを借りて中国の百名瀑めぐりをする予定だったのですが、直前に電話したためレンタカーが借りれませんでした。それで仕方なく電車とバスで石見銀山へ行くこととしたわけです。

iwamiginzan001.jpg
石見銀山

石見銀山は自転車をレンタルして廻りました。

iwamiginzan002.jpg
石見銀山

石見銀山は世界遺産と聞いてそれなりに期待してきたのですが、正直残念遺産だったと言わざるを得ません。

iwamiginzan003.jpg
石見銀山

「石見銀山遺跡とその文化的景観」ということで、石見銀山周辺の街並みも世界遺産に登録されているようですが、これが一番の謎でした。何というか汚い印象を受けました。

iwamiginzan004.jpg
石見銀山

まぁ言うて結局はしゃいだりしていましたけどね。汚いというのは古いからというわけではなく、何故かそんな印象を受けました。

iwamiginzan005.jpg
石見銀山

まぁ選定理由が「一般に銀山開発においては銀の精錬のため大量の薪炭用木材が必要とされたが、石見銀山では適切な森林の管理がなされたことにより環境への負荷の少ない開発がなされ、今日に至るまで銀山一帯には広葉樹などを含む森林が残されてきている点が特に評価されている。」とのことで、僕にはよく分からない歴史的なところが評価されているのでしょう。観光目当てで来てもいいことはなさそうです。

iwamiginzan006.jpg
石見銀山

何で日本は世界遺産登録にそんなに躍起になっているのか不明ですね。

iwamiginzan007.jpg
石見銀山

世界遺産に登録された方が荒らされるような気もするのですが・・。

iwamiginzan008.jpg
石見銀山

石見銀山からはバスで大田市まで戻り、大田市から山陰本線で米子まで行き、米子で20時からレンタカーを借りました。

夕食には牛骨ラーメンを食べよう!ということで、倉吉駅周辺で遅くまでやっているよさげな店を探しました。

それで、「ごっつお」という店で牛骨ラーメンを食べたのですが、これが絶品!

gyukotsuramen000.jpg
牛骨ラーメン

また鳥取に来る機会があったら是非寄ろうと思いました。

牛骨ラーメンを食べた後は湖山まで車を走らせ、この日はぴこ宅に泊まりました。

続きは鳥取周辺の滝めぐり―春休みの長旅 14日目 中国編にて。

関連記事

| 旅日記 | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2284-38e62f1a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT