めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

立間戸谷 屏風滝・牛鬼滝・源助滝へ―春休みの長旅 3日目 三重編

大熊谷 不動滝・夢幻滝へ―春休みの長旅 2日目 三重編の続きです。

2011年3月20日。

※殆ど全ての写真がクリックで拡大します。

川湯まつやを早朝に出て、子ノ泊山登山道入口へ。

nenotomariyama000.jpg
子ノ泊山登山道入口

ここから荒れた登山道を歩いて行きます。

しばらくは杉林の中を歩きますが、渡渉してからは登山道らしくなってきます。

nenotomariyama001.jpg
子ノ泊山登山道

最初の岩場が中々楽しいです。

nenotomariyama002.jpg
子ノ泊山登山道

危険なようにも見えますが、それほど危険はありません。

nenotomariyama003.jpg
子ノ泊山登山道

nenotomariyama004.jpg
子ノ泊山登山道

出発から30分ほどで源助滝の分岐まで来ました。

nenotomariyama005.jpg
子ノ泊山登山道

この標識はネットの情報ではなかったものです。ここが分かりづらいところだということだったので、付けていただいた方には感謝です。

しかし、取り敢えず源助滝はスルーして屏風滝を目指します。

ここは通称テント場。子ノ泊山に登るにはここで右に折れて沢を渡りますが、屏風滝を目指す場合にはこのまま直進します。

nenotomariyama006.jpg
通称テント場(子ノ泊山登山道)

ここも沢に入る必要はなく、巻き道が設置されていました。全体を通して濡れることはないと思います。

nenotomariyama007.jpg
立間戸谷

しかし、ここから先は沢登りを強いられることとなります。大岩が多いので濡れることはありませんけどね。

さて、登山道入口から1時間15分。ついに沢の分岐点までやってきました。

nenotomariyama010.jpg
立間戸谷

沢の左岸に比較的大きな滝が見えたら、そこが分岐点です。

屏風滝を見るにはこの沢をこのまま直進し、牛鬼滝を見るにはこの左岸の滝を登って行きます。

というわけで、まずは屏風滝を見に行きました。

ここからは岩場を急登していくこととなります。5分ほどで屏風滝が見えてきます。

nenotomariyama_byobudaki000.jpg
屏風岩と屏風滝

登山開始から1時間半。ついに屏風滝の前まで出ました。

nenotomariyama_byobudaki001.jpg
屏風岩と屏風滝

素晴らしい。左の屏風岩、右の屏風滝ともに高さ80mはあるでしょう。

nenotomariyama_byobudaki002.jpg
屏風滝

屏風滝は水量こそ少なかったのですが、規模の違いに驚きました。

nenotomariyama_byobuiwa000.jpg
屏風岩

屏風岩も見事な柱状節理で素晴らしい。

しかし、沢の分岐点からこんなに登ってきたのですね。写真にしては意外と高度感を感じるものが撮れました。

nenotomariyama008.jpg
屏風滝直下より

さて、沢の分岐点まで戻って、次は牛鬼滝を見に行きます。

牛鬼滝を見るには前衛滝を巻かねばならないのですが、ここにも巻き用のロープが設置されていました。

nenotomariyama009.jpg
立間戸谷

ここを登るとすぐに牛鬼滝が姿を現します。

nenotomariyama_ushionidaki000.jpg
牛鬼滝

牛鬼滝も落差50m程度の大きな滝なのですが、水量が少なかったので、それほど迫力は感じませんでした。

実はこの牛鬼滝の更に上にも大きな滝がかかっているそうです。牛鬼滝は簡単に登れそうだったので、次回訪れたときには行ってみることにしますかね。

というわけで、帰路に就きます。

nenotomariyama011.jpg
立間戸谷

そういえば、登山道の崩壊により、途中壁走りを要するようなところもありました。

nenotomariyama012.jpg
子ノ泊山登山道

因みにこんな歩き方をする必要はありません。落ちても大したことはないところなので巫山戯ているだけです。

帰りは源助滝に寄って行きました。

nenotomariyama_gensukedaki000.jpg
源助滝

源助滝は落差40m程度の水量豊富な滝で、いい滝だと思います。

nenotomariyama_gensukedaki001.jpg
源助滝

最後に別沢にかかるらしいカラ滝というのを探してみましたが、見つからなかったのでそのまま登山道入口まで戻りました。

nenotomariyama013.jpg
子ノ泊山登山道

結局全行程を5時間弱で済ますことができました。

立間戸谷。是非また訪れてみたいところです。

続きは飛雪の滝・大馬清滝・清滝へ―春休みの長旅 3日目 三重編にて。

コースタイム

子ノ泊山登山道入口→(75分)→沢分岐→(8分)→屏風滝→(11分)→沢分岐→(4分)→牛鬼滝→(4分)→沢分岐→(43分)→源助滝分岐→(3分)→源助滝→(7分)→源助滝分岐→(3分)→沢渡り地点→(12分)→沢分岐→(4分)→子ノ泊山登山道入口

関連記事

| 旅日記 | 09:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lonelyheart.blog58.fc2.com/tb.php/2225-ad54f0d0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT